ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

三菱UFJとみずほ銀行の預金利回り「0.00%」時代に突入(お金を殖やすには?) / 元本確保, 投資と社会事情の関係

公開日: : 元本確保, 投資と社会事情の関係

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

とうとう、三菱UFJ銀行とみずほ銀行の預金利回りが「0.00%」になったようです。

これまでも、雀の涙程度のあってないようなコンマいくらの金利はついていましたが、とうとう「ゼロ%」へ(小数点第3位切り捨てで0%とのこと)。

この背景には、

・2016年2月の日銀による銀行へのマイナス金利導入→結果、各銀行が預金金利を引下げ
・銀行の預金額の増加以上に、銀行から企業への貸出が増えない(カネ余り、経済の循環が悪い)

など。

そういえば、マイナス金利の弊害として

どーぜ銀行に預けていてもゼロ金利だろうし、マイナンバーも始まったし、引き出してタンス預金にしておこう!

という人も増えているようですが↓・・・

※一万円札8年ぶりの増刷とタンス預金の増加はマイナス金利が理由?〜マイナンバー制度と資産フライトの関係性〜/投資と社会事情の関係

 

さて、こちらが主要銀行の現状の普通預金金利

<各行 普通預金金利>

三菱東京UFJ銀行:0.001%
三井住友銀行:0.001%
みずほ銀行 :0.001%
ゆうちょ銀行:0.001%
イオン銀行 :0.02%
SBJ銀行:0.02%
楽天銀行:0.02%
オリックス銀行:0.02%
ジャパンネット銀行:0.01%
大和ネクスト銀行:0.005%
じぶん銀行 :0.001%
ソニー銀行 :0.001%
静岡銀行:0.001%
住信SBIネット銀行:0.001%
東京スター銀行:0.001%
関西アーバン銀行:0.001%
新生銀行:0.001%
セブン銀行:0.001%

この「(ほぼ)ゼロ金利預金」に何年預けてても、お金はいっこうに殖えていく訳はありませんね。

大口定期預金でも良くて0.2%程度なので、似たり寄ったりでしょう。

ちなみに各銀行は貸出も増えない、つまり従来の銀行ビジネスモデルでの収益が上がらないので、今後収益を上げるために取り得る方法として、今後ますます

・投資信託(ミューチャル・ファンド)の販売強化
・年金保険など販売強化

に舵を切らざるをえません。

これまでリスク商品を大して理解していない銀行員が投資信託(ミューチャル・ファンド)販売をしてきて、散々毎月分配型で大損をさせられてきた個人投資家が多いのに、さらにその状況に拍車をかけていくようです・・・。

私だったら絶対に銀行で投資信託(ミューチャル・ファンド)は買いませんけどね(商品性を理解してる銀行員が圧倒的に少ないですから)。

 

預金をしていてもお金が殖えない時代である以上、個人の責任のもとに資産運用で資産を殖やしていくより他ありません。

よく「銀行預金のように元本保証があって、利回りがいい投資がしたい」という相談を頂くのですが、元本保証は「預貯金のみ」なので、残念ですがこんな夢みたいな資産運用は絶対にありません

資産運用にはリスク(上下のブレ=ボラティリティ)があるから、リターンがあるのです。

つまり、誰しもが一度や二度は望んだことがある

”リスクを取りたくないけど、リターンが欲しい”

というそんなムシの良い話が世の中に存在しないということです。

もしも、こういう考えを持っているのであれば資産運用はせず、甘んじて殖えない預貯金にお金を寝かしておくことをお勧めします。

 

どれだけリスク(上下のブレ幅)を取れるのか、それは個人個人の考え方次第ですが、投資先を選定することでそのリスクを抑えることもできます。

例えば、元本確保型3年満期米ドル建ての固定金利ファンド(1.5%/年間)に投資するだけでもローリスクでお金は殖やせます。重要なのはその選択(決断)ができるかどうか、です。

※3年満期の固定金利商品が年2%から年1.5%に下がる前に投資しておきましょう。【募集締切:7/16(土)】/ヘッジファンド(オフショアファンド)情報

 

預金金利もゼロ%、さらに少子高齢人口減少社会の日本で、貰える年金もあまりアテにできない以上は、今以上にますますシビアな時代になっていくのは目に見えています。

そんな環境でも政府がどうこうしてくれる訳ではなく、自分のお金を(資産を)殖やす決断(資産運用)をするのは各個人の責任であって、それが出来ない人は殖えない預貯金で我慢し続けるしかない時代になっているなと切に感じます。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)
ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

香港の日常から考える外国からの働き手や移民を受け入れられない日本社会と人口減

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、香港ライフ。   香港

記事を読む

25ヶ月連続で実質賃金はマイナス!日本の総人口は6年連続減少!今の40代以下は将来の為に「年金プラスアルファの資産」を自分で作りましょう。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ギリシャ問題でマーケット

記事を読む

2016年導入(2015年10月通知)マイナンバー制度への懸念〜不倫SNSのアシュレイ・マディソン個人情報流出から考える〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、番号通知まであと

記事を読む

タンス預金が78兆円を突破!でも、新円切替リスクには未対応では?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「タンス預金が78兆円を突破!」というニュース

記事を読む

全投資家注目の2017年1月20日!いよいよトランプ米大統領&政権誕生!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 本日1/20(正式には21日午前2時)、米国でいよい

記事を読む

国内11社ファンドがMMFの新規受付停止に!日銀の「マイナス金利」の影響拡大中!〜「預金封鎖」への懸念〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 日銀の「マイナス金利」発

記事を読む

キター!!マイナンバー制度に証券口座も紐付け!(預金封鎖へのステップ?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の内容は「マイナンバ

記事を読む

現実的に言うと消費税10%以上は既定路線、それでも老後はやってくる!だからこそ現役時代からコツコツ積立投資で備えましょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、日本に住む日本人

記事を読む

最高値更新中の米国株式が資産である理由(+しかも元本確保型で投資ができる)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 トランプ大統領誕生(彼の政策期待)を反映して、株式、

記事を読む

(過去)15年間米国株式S&P500指数への海外積立投資では絶対に損せずに資産形成ができる!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 S&P500指数が最高値を更新して堅調に推移

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑