K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

”若いうちから資産運用をした方が良いのは解るし、海外に資産分散もしたいけれど何から始めれば良いか、何が自分にあった投資か分からない”(20代前半 女性)

公開日: : 海外積立投資, 資産運用Q&A

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

今回は資産運用のQ&A。

 

特にここ最近、若い世代からの相談が増えてきています。

今の若い世代(20代)や30代は確実に、そして40代前半と今後、退職した後に年金だけの生活はできない(であろう)世代の人が徐々に備え始めているなという印象を受けています。自分の人生、国におんぶに抱っこではなく、自己責任ですね。

関連記事はこちら↓

※将来の年金不安=安心して定年退職できない上位10カ国(日本のランキングは・・・)/みんなの年金問題, 海外積立投資

 

今回は20代前半女性からの相談を紹介します。

 

<Q.>(20代前半/女性)

若いうちから資産運用を始めたほうが良いのは解るけれど、何が自分にあった投資なのかわからない。


また日本は今後投資先として不安。マイナス金利にもたえうる、かつリターンの大きい投資先が知りたいし、海外に資産分散したいのです。

 

<A.>

以前ヒアリングシートで頂いた内容にてお伝えの通り、例えば100万円や1,000万円、5,000万円など一定のまとまった資金を一括で運用するのであれば、株式や債券などとの相関性が低いオフショアファンド(ヘッジファンドやオルタナティブ)で投資すれば、リスク(上下のブレ幅=ボラティリティ)を抑えつつもリターンを目指せます。


また、一定のまとまった資金をお持ちでない場合には、年間の貯蓄可能金額から月々一定金額をコツコツと積み立てて投資する海外積立投資で殖やしていく資産運用方法が合っています。


どちらも米ドル建てなので海外への資産分散になります。


※そもそも、資産運用を始めにはどうすれば良いか?(これから資産運用を始める人へ)/資産運用の基礎、Q&A、基礎用語


※確実な0%を取るか、資産運用で3〜5%を目指すか〜老後資金準備について〜/資産運用の基礎


また、以前に2つの海外積立投資の詳細と資料もお送りしましたが、ご質問などはありませんでしょうか?

例えば15年以上の中長期で老後資金の準備のための資産形成には200本のファンドから自由に選択してポートフォリオを組んで運用する海外積立投資(最低:月々USD100~)が合っています。

一方、また15年後(◯◯さんが40歳時)に確定金額を準備する場合には15年満期指数連動140%元本確保型(最低:月々USD200~)が合っています。

投資アドバイザー
真原 郁哉





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月5万円を積み立てることで、25年間で積立額1500万円のところ、運用によって6000万円を目標に積立投資します。投資を始めるのにまとまった金額は必要ありません。

ポイントは「ドルコスト平均法」と「複利運用」ですが、そのノウハウをまとめました。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

「野村テンプルトントータルリターンDコース(毎月分配型)を解約した方が良いか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は野村證券から販売さ

記事を読む

「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)を解約すべきかどうか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は1997年から実に

記事を読む

旅行者の日本人(個人)がHSBC香港口座の開設が可能かどうか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aへの

記事を読む

積立投資で10年間の複利運用と何もしない銀行預金との差(資産運用は早く始めるべき)

こんにちは、K2 Investment投資アドバイザーの眞原です。 今回は、積立投資について。

記事を読む

Brexit後(英国のEU離脱後)ワールドリートオープン(毎月決算型)の見通しはどうなる?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ご相談が多い「ワ

記事を読む

【資産運用Q&A】資産運用は何から始めれば良い?(20代半ば女性・初心者)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は『資産運用Q&

記事を読む

だから中長期ドルコスト平均法で海外積立投資!資産ごとの騰落率を確認!(2007年〜2016年)

こんにちは、眞原です。 今回は、月々ドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資をしている

記事を読む

アメリカ株(S&P500)の上昇、それはジェネレーション交代の産物である!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国株式」に

記事を読む

「アジア好利回りリート・ファンドの分配金」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A形式

記事を読む

「1億円を目指して運用してきたが、日本リスク(人口減、年金問題、財政問題)などを踏まえ、2億円まで資金を殖やすには?」

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「Q&A」です。 個人それぞれが

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑