ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

老舗スイスプライベートバンクの一角ジュリアス・ベアが好決算!

公開日: : プライベートバンク

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

今回は欧州マーケットでポジティブニュースだったスイスプライベートバンクの情報。

スイスプライベートバンクについてはこちら↓

※『スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

目次:

1.)スイス・プライベートバンクとFATCAとCRS(共通報告基準)

2.)ジュリアス・ベア(Julius Bear)好決算と欧州事情とこれから


(出典:REUTERS)

スイス証券取引所に上場している老舗スイスプライベートバンクのBank Julius Bär & Co.AG(ジュリアス・ベア)の2016年度の決算発表がありました。

その2016年の調整後純利益は7億0550万スイスフラン(約7億1,220万ドル=約805億円)となり、ロイター通信社調査の予想平均(6億7,900万フラン)を上回りました。

2015年対比411%増の6億1,900万フラン(国際会計基準(IFRS)に基づく純利益)となったようです。

 

1.)スイス・プライベートバンクとFATCAとCRS(共通報告基準)

2016年好決算に湧くスイスプライベートバンク一角のジュリアス・ベアですが、2015年比からの飛躍的な純利益の伸びに注目する必要があります。

実は、2015年は米国人顧客の脱税に対する米当局の捜査に関連した制裁金の引き当てで利益が大きく落ち込んでいたためです。

日本でも来年2018年からOECD諸国によるCRS(共有報告基準)が始まる訳ですが、既に米国ではFATCA(CRSもコレを参照して作られた)という独自の外国口座税務コンプライアンス法が2010年から開始されていて、それに則って米国当局がスイスプライベートバンクへ情報を出させるように圧力を掛けたという背景があります。

この引当金が2015年の経営を圧迫しましたが、2016年は見事に回復したようです。

ちなみに、CRS(共通報告基準)についてはこちら↓

※日本も2018年からCRS開始で海外銀行口座情報が共有されていきますよね?/資産運用Q&A

「どこの国でもそう」ですが、当局(◯◯庁、〇〇省など)は、

なんとかして処分をすることで担当者の評価が上がる
いわゆるお土産(追加納税)や処分したという実績を上げる

によって評価されるので(特に日本はそう!出来レース)、米国のこの圧力も結局はそういうことです。

結局自分たちの出世レースの為には何でもかんでも処分や圧力をすれば良いと思っている節があるのです。

 

2.)ジュリアス・ベア(Julius Bear)好決算と欧州事情とこれから

今回のジュリアス・ベアの決算は非常にポジティブに捉えられ、株価は約3%上昇していました。

<Julius Baer Gruppe AG (BAER.S) 3年株価チャート >

(出典:REUTER)

当然、本場スイスプライベートバンクは歴史から考えても、そのサービスそのもの、日本で営業している金融機関とは全く違います(例え外資系と呼ばれる日本にある金融機関であっても)。

2016年のジュリアス・ベアの新規資金流入額はネットで120億フランだったそうで、その伸び率は4%で中期目標レンジ(4-6%)の下限だったようです。

「資金流入」が続いているというのは、世界中の富裕層が安全安心歴史のあるスイスプライベートバンクに自分の大事な資産を預けておきたい。何代にも渡って資産を受け継いでいきたいという超富裕層や富裕層の期待の現れが反映されています。

欧州マーケット事情(EU圏)は、09年の債務危機問題や難民問題や頻繁に起こるテロ、高まらないインフレ率、EU崩壊危機など様々問題はあるものの、ドイツやフランスの経済状況は比較的堅調で、一時の悲惨な時から客観的な数字としてかなり回復傾向にあります。

そういう不安や不確定事項が立ち込めるからこそ「資産の安全性を求めて」スイスプライベートバンクに資産家の資産が集まり長きに渡って守られていく訳ですね。

そういえば、私も直近スイスプライベートバンクのバンカーと直接会ってアレコレ話をしたところです↓

※スイスプライベートバンカーと語らった流行りのロボアドバイザーとビットコインと2017年経済/プライベートバンク, 仮想通貨(ビットコイン)関連, 日本人の富裕層資産運用情報

 

今後も、歴史に裏打ちされた彼らスイスプライベートバンク独自のサービスは今後も続いていくことでしょうし、今回のジュリアス・ベアの決算内容は、投資家のみならず他のスイスプライベートバンクや業界にとっても非常にポジティブな要素だと思います。

 



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

今後、働かずに資産運用のリターンだけで生活費を賄いたいけれど可能ですか?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はよくよく頂く質問(要望?)を取り上げました。

記事を読む

スイスプライベートバンカーと語らった流行りのロボアドバイザーとビットコインと2017年経済

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「スイスプライベートバンカーとの語らい」から得

記事を読む

2017年版「世界で最も住みやすい都市ランキング」7年連続で・・・

こんにちは、眞原です。 今回は、毎年恒例、英エコノミスト誌のEIU(Economist Int

記事を読む

日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)

こんにちは、眞原です。 今回は、経済全般と金融政策のお話。 今週は久しぶりに綺麗に為替も

記事を読む

退職後(リタイア後)の海外生活のベスト10都市と国ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外居住を考えている人、既に海外居住をしている人の新たな住処の

記事を読む

米宝くじパワーボール賞金額は6億5,000万ドルに(約708億円)!

こんにちは、眞原です。 今日は、ふっと想うシリーズ。 ”あぁ、楽してお金持ちになれないか

記事を読む

知らぬうちに2018年夏に開戦モードへ!?有事の際の資産保全方法と身を護る方法は?

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースから・・・。 2017年11月29日朝から

記事を読む

【為替】2018年以降はぐんぐん「円安(円の価値目減り)」に!?「壮大な社会実験」の先にあるものは資産課税?

こんにちは、眞原です。 今回は、為替事情と私の誇大妄想について。 日本時間の明日の早朝(

記事を読む

ミサイルが落ちてきそうな日本の「日本円(JPY)」が買われ円高になるのは何故?

こんにちは、眞原です。 今朝から日本のメディアは「ザ・北朝鮮ミサイル問題」ばかりセンセーショナ

記事を読む

2017年富裕層資産規模でアジアが西欧を抜く見込み

こんにちは、眞原です。 BCGグループ(ボストン・コンサルティング・グループ)が発表したレポー

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑