K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

ハードブレグジットは不可避!英国のBrexitほぼ決定(EU離脱)まとめ

公開日: : 投資と社会事情の関係

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

昨晩、英国のメイ首相がBrexit(英国のEU離脱に関する)方針を発表しました。

<英メイ首相>
(出典:REUTERS)

2016年6月のBrexit決定後(国民投票後)に想定されていたシナリオがこちら↓

※Brexit後に想定される英国10のシナリオ(プロセス)/マーケット(世界)

昨晩明らかになった、このBrexit離脱に向けた方針(シナリオ)+交渉の不透明感払拭についての総合的な説明です

もっとも、メイ首相の説明でマーケットで明確になったのは、

英国がEU圏を離脱する際には単一市場からも撤退する

ということ。

これは、EU圏単一市場からの「完全離脱」を明示したことを意味しているので、英国が「中途半端にEUに留まること」は無くなったということ。

つまり、英国は独自に関税同盟などを模索しないと行けないということ。

当然、この発表を受けて、EU諸国側は反発を強めているのは事実です。なぜならEUの統率力やEUとしての優位性を維持したいEU側の主張としては、

EUや単一市場から離脱した方が残留するよりも良い状況というのを絶対に受け入れてはならない

ということだからです。

というのも、英国がEUから脱退(Brexit)することで、もし「EUを離脱するほうがメリット大きいよね!」ということになれば、現在のEU加盟国(27カ国)の中からも「よし、ウチも英国のようにEU離脱しようか!」という気運を引き起こしてしまうからです。

要は、Brexitを決めた英国だけに甘い顔をして「まぁ、いいよEUを抜けても!」というような措置を取ってしまうと、今後取り返しがつかない状況を生みかねない(EU圏の本格的な瓦解が始める)という危機感の現れです。

だから、EU各国は英国に対してBrexitをするならば「懲罰的な措置(例えば高関税を掛ける措置)を取るべきだ」という論調が強まっています。

そして英メイ首相がさらに主張しているのが「もしEU圏が英国に対して懲罰的な関税をかけるような措置を取るのであれば、英国は競争力を維持できるように法人税を引下げる可能性を示唆」しています。

これを言い換えれば、

英国をタックスヘイブン(オフショア)のような地域にしますよー!

という意味です。コレは非常に重要な発言と動向示唆です。

まさに今英国とEU圏の間で起こってているのは「歴史的な繋がりを踏まえた政治的な交渉、外交の火花」が散っているのです。

まとめると・・・

英メイ首相が主張した主な項目が、

・関税と摩擦のないEU圏との貿易を維持。一方でEU外諸国にEU圏と同じ関税を課す必要のない関税同盟
・EU外諸国と新たな貿易協定を交渉する自由
・新たな規則を時間をかけて段階的に導入できるように金融サービス業界やその他企業(自動車?)向けの移行のための取り決め
・EU予算への「巨額の」拠出の廃止

「単一市場へのアクセスをしない(完全離脱する)」ということが明確になったので、もともと英国政府はBrexitに対してノープランだろうと思われていたマーケット(特に為替市場)では「メイ首相の統率力や指導力に驚いた感(好感された)」がありました。

<GBP/USD 5日間チャート>

(出典:REUTERS)

<GBP/JPY 5日間チャート>

(同上)

昨日だけで見れば、英ポンド(GBP)が買われる展開になりました。既にGBPに投資している投資家にとっては今回の発表はプラスだったと言えます。

ただそれでも、まだ先物市場では依然「GBP売り」圧力が強いので、今後の本格的なBrexit事項が決まっていくとさらに通貨GBPのボラティリティは高くなる(ブレる)ことでしょう。

さて、実際の英国のEU圏離脱プロセスですが、現時点では3月末までに離脱プロセスを開始してEUとの合意を成立させる必要があります。

そして、交渉プロセスが完了する2019年序盤までに合意したい考えが示されました。

その後、「英国とEU機関および加盟各国が新しい取り決めに慣れる段階的な導入プロセス」を想定しています。

内容としては、

英国のいいとこ取り

という批判が相次ぐ説明だったので、今回の発表内容がそのままそっくり踏襲されるとは思えませんが、一先ず2年間の猶予があるので目先は交渉内容の情報次第で右往左往することになりそうですが、「ハードブレグジット(英国が単一市場へのアクセスを失う)」ことはほぼ確実になりました。

さぁ、オフショアファンドの聖地でもある英国とEU瓦解を防ぎたいEU圏、今後どうなることやら・・・。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

三菱UFJとみずほ銀行の預金利回り「0.00%」時代に突入(お金を殖やすには?)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 とうとう、三菱UFJ銀行とみずほ銀行の預金利回りが「

記事を読む

最も少子高齢化社会の日本で暮らす20代−70代の意識の違い(世代間格差)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事内容『世

記事を読む

2016年導入(2015年10月通知)マイナンバー制度への懸念〜不倫SNSのアシュレイ・マディソン個人情報流出から考える〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、番号通知まであと

記事を読む

民主党クリントン氏 VS. 共和党トランプ氏の第1回TV討論会開催!個人投資家は要注目!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は11/8の米国大統

記事を読む

全投資家注目の2017年1月20日!いよいよトランプ米大統領&政権誕生!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 本日1/20(正式には21日午前2時)、米国でいよい

記事を読む

第1Q(1−3月期)フィリピンのGDPが3年ぶり高水準(+6.9%)〜アジア諸国の1つである日本は?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はアジアマーケット情

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

現実的に言うと消費税10%以上は既定路線、それでも老後はやってくる!だからこそ現役時代からコツコツ積立投資で備えましょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、日本に住む日本人

記事を読む

香港の日常から考える外国からの働き手や移民を受け入れられない日本社会と人口減

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、香港ライフ。   香港

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑