K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

まさかの為替スプレッド(手数料)が10%!オフショア資産管理口座内では為替スプレッドゼロなのに!

公開日: : 海外情報

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回は「為替のスプレッド(上乗せ金利=業者の手数料)」について。

年末年始は、フィリピンのセブ&ボホールで過ごしたことは前々回書きましたが・・・

※半径5メートルの世界で生きる人たちとグローバル観点の世界で生きる人たち /ふっと想う

今回久しぶりに面白い経験をしたのでここでシェアしようと思います。

資産運用する時に普段の「為替の考え方」にも活用できると思います。

<滞在ホテル近くの両替所(セブ市内)>

私は普段は海外でも国内でも大半の支払いはクレジットカードorデビットカードなどで支払いをしますが、やはり新興国では現金(キャッシュ)が必要になってきます。

ということで、急ぎ手持ちの香港ドルをフィリピンペソに両替しようとホテルロビーで両替屋の場所を尋ねると、ホテル真向かいに「OPEN 24 HRS」といういかにも怪しげな両替屋があるということで行ってきました(写真)。

夜10時を過ぎた頃に行ったので写真とは違い、真っ暗な中でしたが、そもそも「為替レート表示ボードが見えない!」というアヤシサ満載の両替所やなーと思いつつも、とりあえず・・・

私:”500香港ドル(=約7,500円)をフィリピンペソに両替したいんやけど、香港ドルーペソのレートはいくら?”

両替商(店員):・・・店内のボードを眺め、他の店員とコソコソ・・・の後、

”ん〜、1香港ドル=5.8ペソだね!(完全に言い値)”

・・・・、

私:”はぁ〜〜〜っ!!!!!?????”

いやいやいやいや!

両替屋に行く前に私はその時の香港ドル=フィリピンペソのマーケット上の為替レートを確認していたので、本来であれば、

1香港ドル=6.37〜6.40ペソ(マーケット為替レート)

から上乗せ1〜2%程度の為替スプレッドだと想定していましたが・・・、

彼らが提示したプライスを頭の中で高速に電卓計算・・・

”おいおい、この金額やと「為替スプレッド(両替における上乗せ金利=彼らの為替手数料)は約10%やん」!”

つまり、マーケットプライス(例えばフィリピンの銀行内での両替)では、

500香港ドル=3,185ペソ

にも関わらず、このアヤシゲな両替屋では、

500香港ドル=2,900ペソ(285ペソが彼らの手数料。日本円で650円程度でもフィリピン人の年収からすれば相当大きい)。

私:”んー、それは高すぎるよねー!?(全力の笑顔で)やっぱり両替止めとく!”

と言うと、

両替屋:”待った待った!いくらなら良いの?”

っと。

”おいおい、言い値(交渉)にもほどがあるだろう・・・。”

と思い交渉しても大して為替スプレッドを下げなかったので、ここで両替するのを諦め別日にちゃんとレートが示されている違うお店で両替しました。

そこでは、

1香港ドル=6.25ペソ

つまり、

500香港ドル=3,125ペソ(60ペソがスプレッド)

為替スプレッドは約1.8%と非常に良心的・・・というかコレが多分「正常レート」。

やー、「為替の計算」が出来ないのと英語(などでコミュニケーションがとれないと)、海外ではボラれるなーとつくづく思う経験です。たくさんの日本人がこうしてボラれてるのかと思うと・・・悲しい。こういうやりとりも海外での醍醐味なのかもしれないけれど、金融(為替)を知っているので正直めんどうくさい(苦笑)

※超基礎!今さら他人に聞けない「円安」と「円高」そして「通貨分散」/金融・資産運用の用語

これから海外旅行に行く方は、為替動向、為替スプレッドはちゃんと計算した上で両替屋に行ってくださいね。

旅行でも、資産運用でも「スプレッド」はバカになりません。

ちなみに、オフショア資産管理口座内で為替変更する時の為替スプレッドはゼロ。なんて良心的な口座なのでしょう!

オフショア資産管理口座についてはこちらの入門書(マニュアル)を是非ダウンロードして一度してみてください↓

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)



オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1000万円以上のオフショア投資をより快適に、効率的に、身近なものにするためのツールです。

「海外口座」と「オフショア資産管理口座」の違い、メリット・デメリットについてまとめました。

関連記事

2017年版「世界で最も住みやすい都市ランキング」7年連続で・・・

こんにちは、眞原です。 今回は、毎年恒例、英エコノミスト誌のEIU(Economist Int

記事を読む

知らぬうちに2018年夏に開戦モードへ!?有事の際の資産保全方法と身を護る方法は?

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースから・・・。 2017年11月29日朝から

記事を読む

海外生活必需品その4.「App in the Air」

こんにちは、眞原です。 今回は、あちこち世界を飛び回るノマドワーカーや世界中を飛び回るビジネス

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

アートコレクターは要チェック!故D・ロックフェラー保有アートコレクション2,000点が来春競売へ!

こんにちは、眞原です。 アート好き(アートコレクターやアート投資)、そしてオルタナティブ(代替

記事を読む

海外で「住む」のと「旅行」は別物

こんにちは、眞原です。 私も少なくとも働いてから海外居住経験があるので、今回はその体験談からツ

記事を読む

世界の生活費が高い30都市ランキング〜海外居住者や海外駐在員や海外居住を考える人の生活と資産運用のご参考〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外居住者(the

記事を読む

何と!たけのこの里は1箱390円!!〜「円安!」を身近に感じる海外駐在員や海外居住者〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 香港にいると現地で沢山の

記事を読む

2017年世界最強パスポート王座決定!VISA無し渡航し放題のパスポート保有国はどこ?

こんにちは、眞原です。 先週見つけたトピックをこちらでシェアしたいと思います。 ズバリ、

記事を読む

Cost of Living(生活費)が高い国地域ランキング2017〜The Economist 調べ〜

こんにちは、眞原です。 アメリカではトランプ・バンの影響でVISA発給が厳しくなっていたりで、

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑