ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

世界で「米国債」の最大保有国はどこだ!(世界パワーバランスは通貨バランス)

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 投資と社会事情の関係

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回は、米国債についての情報。

米国債の最大保有国は日本

<米国債保有トップ10国・地域>
(出典:Bloomberg)

先日2016年12月15日発表された10月の対米証券投資動向で分かったのは、日本の米国債残高と中国の米国債残高保有額が逆転(もとに戻った)。

日本:1兆1,300億ドル(3ヶ月連続減少)
中国:1兆1,200億ドル(5ヶ月連続、6年ぶりの低水準まで保有額を減少)

日本と中国で米国債全体の約37%を保有しています。

<米国債保有トップ10国・地域>
1.)Japan(2015年は実質最も保有額が多かった)
2.)China(最近は米国債を売りまくっている)
3.)Ireland(自国の経済規模よりも大きい米国債を保有)
4.)The Cayman Island(世界60%のヘッジファンドなどを介して保有)
5.)Brazil(2016年3月に1billionを売却)
6.)Switzerland(世界のクロスボーダー資産運用の28%シェアを持つため)
7.)Luxembourg($3.5 Trillionの価値を持つミューチャル・ファンドと150を超える銀行が登記されているため)
8.)The United Kingdom(多くの米国債売却の結果、低いランクイン)
9.)Taiwan(民間企業の保有残高増加中)
10.)Hong Kong(中国のSAR(Special Administrative Region)として米国債を保有)

米国債を「売る」中国の思惑と今後

「米国債=米国の借金」は、諸外国が保有している(特に日本の場合は持たされている)ので、ほぼ暗黙知のように「米国債はデフォルトしない」と金融市場では共通暗黙ルールがあります。

仮に米国がデフォルトすると世界システムそのものがおかしくなる・・・そもそも米国の格付けはあってないようなものかなとも思っています。

※主要国の国債格付けと2つの格付け方法(依頼格付けと勝手格付け)/制度・規制・法律・金融政策

さて注目すべきは「中国の動向」です。

「5ヶ月連続」で米国債を売りに売りまくっている状況です。

<日中の米国債保有残高推移(白線:中国/青線:日本)>

(出典:Bloomberg)

その主な要因となっているのは「人民元安」

<USD/CNY 5年為替推移>

(出典:Bloomberg)

止まらぬ人民元安に歯止めをかけるべく、結果中国の外貨準備高(米ドル)が減少していることもあり(11月の外貨準備高は3兆520億ドル)、今後もさらに外貨準備を取り崩す必要があると考えられています。

つまり「人民元を守るべく米国債を売っている中国の事情」

というのが、この米国債保有額ランキングの変動ということです。

面白いのは、

中国は人民元相場維持(人民元安を防ぐため)に、米ドル資産(米国債)を売っているものの、逆に日本は「日本円安」を(むしろ)喜んで放置している違いがある

ということが言えます。

このような背景も踏まえて今後注意すべきは「人民元相場(人民元安)の推移」と「米国債の金利」でしょう。

このまま中国が米国債を売り続けると只でさえ上昇中米国金利の上昇に拍車をかけかねないとの思惑もあるからです。

トランプ次期政権が中国への強硬姿勢と台湾への歩み寄り、直近あった中国が米国の無人潜水機を拿捕した事件などを踏まえると、米中の緊張感が高まりを見せるのが2017年かもしれません。

ただ、それでも、中国が米国債をもっと大量な投げ売りに動けない、動かいない事情としては米国債の金利上昇は米国債価格下落になるので、自分の首を自分で締めることになりかねないからです。

国債のリスクがゼロという定義?それが変更されれば・・・日本国債は?

2015年に情報が流れていましたが、日本のメディアはあまり取り上げていなかったですが、

「国債のリスクウェート見直しの可能性」

というのがマーケットで言われています。

※「国債」がリスクウェートゼロで無くなるかも!?(金融機関へのダメージ)/財政問題

「米国債」は諸外国に借金をしているので、仮にデフォルト(財政破綻)してしまうとその諸外国が困ってしまので、実際ほとんど暗黙知としてそれはアリエナイという話ですが、かたや日本の場合はどうでしょうか?

日本国債は、国内で消化しているから金利が上がっても大して問題ない(金利が上がって国債価格が下落しても問題ない。むしろ国内の日本国民の財産で国債を保有していることとほぼ同じ意味だから、日本はデフォルトしない

との話しよく耳にします。

本当にそうでしょうか・・・。

日本国債の金利が上昇し(国債価格下落)で実際困るのは大量の日本国債を保有している、日銀、日本のメガバンクや保険会社、ゆうちょ、地銀など(=国民の預貯金)です。

日本国債は、日本の国民預貯金を担保にして発行しているようなものですから・・・日本の場合は借金をチャラにしようと思えば

国民の預貯金と赤字国債(借金)をガッチャンコと相殺すれば良いだけ

ですものね。

※現在の日本において戦後直後の「ハイパーインフレ」と「預金封鎖&新円切替」と「財産税」は杞憂か?/財政問題

かく言う日本は米国債を1兆1,300億ドル(約133兆円)持っている訳で、日本自国の借金事情を考えれば米国債(米国の借金)を肩代わりしている場合じゃないなーと思いますが。。



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。
ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

波乱要因、十分あり得えるトランプ大統領誕生!?(〜2016年のビックリ予想の的中率が上昇中〜)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 2016年の波乱要因とい

記事を読む

J-REITの官製相場第2弾!金融庁指導で今度は地銀が買い漁る!個人投資家は要注意!

こんにちは、眞原です。 今回は、J-REITに投資している個人投資家への情報です。 ここ

記事を読む

初!国民医療費40兆円突破!高齢化と人口減の日本社会で現役世代の負担増と保障減は必至!〜老後医療も年金も自己責任〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は直接「みんなの年金問題

記事を読む

新聞記事は統計上のカラクリ!実質賃金上昇はある種のマヤカシである。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 

記事を読む

全投資家注目の2017年1月20日!いよいよトランプ米大統領&政権誕生!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 本日1/20(正式には21日午前2時)、米国でいよい

記事を読む

第1Q(1−3月期)フィリピンのGDPが3年ぶり高水準(+6.9%)〜アジア諸国の1つである日本は?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はアジアマーケット情

記事を読む

大好きな人との「デート代」がかさむ国&都市ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外情報と物価感覚を磨く情報。 海外居住者でも、海外中長

記事を読む

資産運用をする際に考える「世界リスク震源地(日本?中国?英国?新興国?)」

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先週、主要国首脳会議(伊

記事を読む

マイナンバー通知2ヶ月前!それでも行政管理の情報がまたダダ漏れ。「お願いだから今後マイナンバー制度で紐付け予定の資産情報(銀行口座や証券口座)や医療情報は絶対に漏れないようにして貰いたい!」と誰もが切に思うのでは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、国民の70%がち

記事を読む

消費増税は何のため?アベノミクスの嘘!みんな、少しは怒っても良いのでは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は消費増税(5%→8

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑