K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

Apple Payの利便性は半端ない!

公開日: : 海外情報, 香港ライフ

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回は、香港ライフ編。

<クレジットカード決済の専用端末機>

apple-pay%e3%81%ae%e5%88%a9%e4%be%bf%e6%80%a7%e3%81%af%e5%8d%8a%e7%ab%af%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%813

香港にいれば、結構どこのお店やレストランでも見かけるこの端末機。

Apple PayをWaletに登録して使っていますか?

既に日本でもサービス開始されてから随分経っていると思いますが、ようやく今更ながらに!(苦笑)

こちら香港にて、私もiPhone6のWaletにクレジットカードを登録してApple Payを使えるように登録してみました!

日本の皆さんはお使いですか??

日本ではSuicaを筆頭に、下記のクレジットカードが登録できるようですね。

apple-pay%e3%81%ae%e5%88%a9%e4%be%bf%e6%80%a7%e3%81%af%e5%8d%8a%e7%ab%af%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%814
apple-pay%e3%81%ae%e5%88%a9%e4%be%bf%e6%80%a7%e3%81%af%e5%8d%8a%e7%ab%af%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%815
apple-pay%e3%81%ae%e5%88%a9%e4%be%bf%e6%80%a7%e3%81%af%e5%8d%8a%e7%ab%af%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%816(出典:Apple HP)

こちら香港では、MasterやVISAに加え、日本では未対応のAmerican Express(AE)の登録ができたり、日本人個人投資家の中でも保有しているHSBC香港HangSengBank、中国銀行(香港)、Standard Chartered、DBS、BEA東亜銀行発行のクレジットカードも登録できます。

apple-pay%e3%81%ae%e5%88%a9%e4%be%bf%e6%80%a7%e3%81%af%e5%8d%8a%e7%ab%af%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%812(出典:Apple HP)

何が便利?

日本でも既にApple Payを使っている人であれば、その利便性にに気がついていると思いますが、とにかく「おお!便利!!」と即刻感じると思います。

1.)キャッシュレス+カードレス
2.)さっと会計完了、ログは全て残る

当たり前といえば、それまでなのですが、まずクレジットカードを出す手間がない。

apple-pay%e3%81%ae%e5%88%a9%e4%be%bf%e6%80%a7%e3%81%af%e5%8d%8a%e7%ab%af%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81(出典:Apple HP)

上の写真のようにApply Payマークがあるお店の専用端末に数秒かざすだけで、クレカのレシートにサインしたり、暗証番号を打ち込む必要もない。

むしろ、それらの時間が短縮出来る上、レジからレシートが出てきて店員さんが会計終了の記しとしてレシートを渡してくれる。

な、なんて便利な!!!

特に香港や海外生活が長くなってくると、「なぜキャッシュが必要なのか?」ということに非常に疑問を感じるようになってきます。

もともと香港では、なぜかタクシーは現金払いしかだめなのですが、その他の公共移動の際のバスやMTR(地下鉄)を始め、コンビニ、多くの大衆レストランは「Octopus(オクトパスカード)八達通」という、日本でいうSuicaのようなプリペイド式カードで決済ができるのでほとんどキャッシュレスの生活を送れるのです。

「香港生活必須のプリペイド式Octopus(オクトパスカード)八達通」apple-pay%e3%81%ae%e5%88%a9%e4%be%bf%e6%80%a7%e3%81%af%e5%8d%8a%e7%ab%af%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%817

それに加えて、Apple Payも導入され、益々利便性が向上したなぁーと感じる訳です。

香港では、このオクトパスカードの普及率がほど100%?に近いような状況なので、Apple Payにとってはそのほぼ独占市場を奪いに行くマーケティング戦略、企業戦略となっていくと思いますが、とにかくApple Payはこのキャッシュレス+カードレスが便利だと痛烈に感じました。

極端な話し、iPhoneさえ持って外に出るだけで財布(現金)、クレジットカードの現物は必要ないということです。

実に、便利な世の中だ。

常に、イノベーションが人の消費行動、思考、サービスそのものを変えていくとつくづく感じます。

日本のマニュアル対応と現金主義

実は日本に一時帰国した時に、都内の成城石井(スーパー)で、1,000円などの日常的な買い物をして、その時にでも私はクレジットカード決済で支払ったのですが、

そこで店員が一言・・・

「ご一括でよろしいでしょうか?」

私(内心)、(はいーーーーーーー????)

「え、ええ・・・、一括ですね。」

また明くる日、同じ店員、そして合計は1,000円程度、そして当然クレジットカード決済・・・

「ご一括でよろしいでしょうか?」

内心(おいおいおいおいおーい!!)

「え、ええ・・・一括です(むしろ「一喝」してしまいそうな)。」

マニュアル対応過ぎて苦笑だった経験がありました・・・。

現金主義の日本社会において、1,000円程度の僅かな金額の場合は現金で支払うのが当然なのでしょうけれど、私は段々とその間隔は薄れてきています・・・むしろキャッシュレスの方が便利やし、全て明細でログが残るし・・・。

東京オリンピック2020年、多くの外国人が東京や日本を訪れるとされていますが、いち早くこういうマニュアル対応サービスやグローバルに対応したサービスインフラが整うことを願うばかりです。



海外口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

国家破綻→預金封鎖を回避するには、日本国外に資産を置いておくことです。
リスクを取って資産を増やす必要はありません。
ただ置いておくだけでいいのです。

海外(オフショア)口座開設のメリット、デメリット、日本にいながらにして開設可能な海外口座をまとめました。

関連記事

写真で見るHSBC香港の歴史

こんにちは、眞原です。 今回は香港ライフ編。 オフショア投資や海外積立投資をするにあたっ

記事を読む

羽田空港(HND)で日本人の帰国時に顔認証ゲート始まる!

こんにちは、眞原です。 海外渡航や日本と海外の行き来が多い方にとっては朗報です。 <顔認証ゲ

記事を読む

香港歴史博物館を訪れてHSBC香港の歴史と香港史と占領時代の日本を知る(「金融」も過去の歴史の積み重ね)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用の話から

記事を読む

香港の日常から考える外国からの働き手や移民を受け入れられない日本社会と人口減

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、香港ライフ。   香港

記事を読む

まさかの為替スプレッド(手数料)が10%!オフショア資産管理口座内では為替スプレッドゼロなのに!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「為替のスプレッド(上乗せ金利=業者の手数料)

記事を読む

海外生活必需品その4.「Foursquare」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外生活、特に海外を飛び回るノマドワーカーには必要なAppsの

記事を読む

2017年世界最強パスポート王座決定!VISA無し渡航し放題のパスポート保有国はどこ?

こんにちは、眞原です。 先週見つけたトピックをこちらでシェアしたいと思います。 ズバリ、

記事を読む

世界の生活費が高い30都市ランキング〜海外居住者や海外駐在員や海外居住を考える人の生活と資産運用のご参考〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外居住者(the

記事を読む

羽田空港のファーストキャビン(カプホ)に、初お泊り体験談!

こんにちは、眞原です。 今、話題の??「First Cabin(ファースト・キャビン)」という

記事を読む

2017年版香港の祝祭日まとめ、渡航時にはご注意を!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 毎年この時期になると香港

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑