K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

はまぎん高格付国債ファンド(為替ヘッジ70)(愛称:オールラウンダー)〜資金流出ランキング2位の投資信託〜

公開日: : 最終更新日:2016/11/12 その他

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

資金流出が続いている投資信託(ミューチャル・ファンド)の情報です。

先進国債券市場では中央銀行によって「バブル化」の様相を呈していますが、それを反映して「金利」が取れない環境が過去数年ずっと続いています。

そうした中でこのような債券の投資信託(ミューチャル・ファンド)の運用成果(=投資家の純粋なパフォーマンス)は年々悪化しているという前提を踏まえましょう。

今回確認するのは、同じく資金流出が続いている横浜銀行から販売されている、この投資信託(ミューチャル・ファンド)です。横浜銀行からのみの販売なので、純資産総額の推移を確認しても分かるように最大でも2012年代に最高の25億円程度からずっと資産流出が続き今は4億円程度です。

いつファンド側が勝手に償還(解散)してもおかしくない規模ですね。

はまぎん高格付国債ファンド(為替ヘッジ70)(愛称:オールラウンダー)
%e3%81%af%e3%81%be%e3%81%8e%e3%82%93%e9%ab%98%e6%a0%bc%e4%bb%98%e5%9b%bd%e5%82%b5%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%88%e7%82%ba%e6%9b%bf%e3%83%98%e3%83%83%e3%82%b870%ef%bc%89%e6%84%9b【基準価額】9,676円(2016/10/3)
【純資産総額】約4億円
【分配金累計額】860円
【分配金/月々】20円

まず2012年から約4年間の運用において、年間平均リターンは1.2%程度です。

確かに2012年以降は債券投資や債券ファンドでの運用においてまともに金利が取れない投資環境が続いていますが、この低い運用パフォーマンスであれば正直運用している投資効率が悪すぎます。

また毎月20円の分配金の35%部分は過去のリターンからの取崩しなので毎月の分配金が純粋なリターンから出ていると勘違いしている個人投資家は間違えないように注意してください。

この投資信託(ミューチャル・ファンド)の特徴は、

・世界の高格付け国債への投資

です。

具体的なポートフォリオの詳細がこちら

<資産構成比率など>
%e3%81%af%e3%81%be%e3%81%8e%e3%82%93%e9%ab%98%e6%a0%bc%e4%bb%98%e5%9b%bd%e5%82%b5%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%88%e7%82%ba%e6%9b%bf%e3%83%98%e3%83%83%e3%82%b870%ef%bc%89%e6%84%9b

高格付けの国債(カナダ、ノルウェー、オーストラリア)=平均格付けAAAです。高格付けなので当然、金利が低くなります。

<利回りなど>%e3%81%af%e3%81%be%e3%81%8e%e3%82%93%e9%ab%98%e6%a0%bc%e4%bb%98%e5%9b%bd%e5%82%b5%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%88%e7%82%ba%e6%9b%bf%e3%83%98%e3%83%83%e3%82%b870%ef%bc%89%e6%84%9b

最終利回り(為替ヘッジ前):1.3%、そして年間平均リターンは上で確認したように1.2%程度なので、単純に考えてこの程度のリターンが限界点だということです。これ以上よくなるというのは想定し難いですし、このままダラダラ運用され続けるようなファンドです(純資産総額が少ないので償還するのが妥当でしょう)。債券運用や債券ファンドは投資効率が悪いので売却、損切、利益確定する方が良い投資環境です。

さらにこのファンドの場合は円高傾向も手伝って、為替ヘッジしていても各通貨で為替コストがかさみ、ファンドリターンにネガティブ影響を与えています。

<為替ヘッジコスト>%e3%81%af%e3%81%be%e3%81%8e%e3%82%93%e9%ab%98%e6%a0%bc%e4%bb%98%e5%9b%bd%e5%82%b5%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%88%e7%82%ba%e6%9b%bf%e3%83%98%e3%83%83%e3%82%b870%ef%bc%89%e6%84%9b

25億円から4億円への純資産の減少という推移、まして平均リターンは1.2%、分配金はタコ足ということからも分かりますが、純粋に投資している個人投資家のためになっているとは言い難い投資信託(ミューチャル・ファンド)です。

この投資信託(ミューチャル・ファンド)を運用している日興アセットマネジメントは、この散々たる結果をどのように考えているのでしょうか・・・、責任はもちろん取らないでしょうけれども。

賢い個人投資家はすぐに売却して、ちゃんと投資効率が良い、増える投資先で運用を心がけましょう。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

世界スマート債券ファンド 円投資型1310(愛称:賢人の采配)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

JPMジャパンマイスター

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

インドネシア・ルピア債券ファンド(毎月決算型)愛称:ルピアボンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

アジア・パシフィック・ソブリン・オープン(毎月決算型)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

短期豪ドル債券オープン(毎月分配型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 今回は投資信託(ファン

記事を読む

ファンドの「流行り」に乗らない為に

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。投資信託(ファンド)で資産運用

記事を読む

リスク・パリティαオープン

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

グローバル・ソブリン・オープン(資産成長型)愛称:グロソブN

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

ヨーロッパ・割安戦略株式ファンド(為替ヘッジなし・為替ヘッジあり)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

短期豪ドル債券オープン(毎月分配型)on Oct. 2015

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資している個人投

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑