ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

「レアル安だからこそ2016年9月末時点からブラジル・レアル建て社債の投資をしても良いか?」について

公開日: : 資産運用Q&A

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回はQ&A方式での回答です。

<Q.>2016.9月末時点

今からブラジル・レアルの社債を購入するというのはいかがでしょうか?

現在の為替は1レアル≒32円は数年前の30〜40%下落しています。
長期保有が前提で今が買い時だと思いますが、いかが思われますか?

<A.>

はじめまして、K2 Investment投資アドバイザーの眞原です。

ご質問にお答え致します。

どのような社債に投資されるかにもよりますが、単に金利を取るだけの安定運用をお考えでしたら債券投資は良いと思います(とは言え、もっか先進国のほとんどが金利がゼロ、むしろマイナス金利導入により金利情勢が悪くなっていますが・・・)。

そうした中で、通貨がブラジル・レアル建ての債券というのは全くオススメできません。

確かに◯◯さんが確認されているようにBRL/JPY為替推移としては過去5年前との比較では最高値(2013年:1レアル=50円台)から40%程度下落してレアル安円高が進行しています。

<BRL/JPY 5年間為替推移>

%e3%80%8c%e3%83%ac%e3%82%a2%e3%83%ab%e5%ae%89%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%93%e3%81%9d2016%e5%b9%b49%e6%9c%88%e6%9c%ab%e6%99%82%e7%82%b9%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%83%ab

(出典:Bloomberg)

過去数年のブラジル政治経済を振り返ると、2014年ワールドカップ開催で盛り上がりを見せ、その後2015年にブラジルの内政事情も巻き込むペトロブラスの汚職問題から直近2016年ルセフ大統領の弾劾、新大統領就任にまで繋がり、同時に国内では汚職問題に対するブラジル国民のデモの影響からの治安の悪化に繋がっています。経済面で言えば、8四半期連続のGDPマイナス成長となっています。

かつてこれまで下記のようにブラジル・レアル強気一辺倒だった証券マンや銀行員のレアル債券やレアル建て投信販売の謳い文句(セールストーク)であった、

「W杯、リオ・オリンピック、パラリンピックがあるからブラジル経済は良くなっていきます!よって金利も上がりレアルも買われやすくなります」

というのは、今のブラジル情勢を見ても分かるように全くのデタラメだったことも分かり、それらビッグイベントを終えた今、ブラジル政治経済は大統領も代わり過渡期に差し掛かっています(今後のブラジル政治経済はテメル大統領の手腕次第でしょう)。

これまでブラジル経済やレアルは資源高を背景にペトロブラスを中心とした企業が好調でしたが、原油安そして汚職問題に揺れている以上、ブラジル経済が明るい見通しになるのはとうぶん先のことかと思います(特にこれまでの外国資本の資金流入から流出に転じているので決してポジティブではありません)。

長期保有というお考えかと思いますが、現在のブラジルを含む新興国全般(インドを除く)、また先進国(米国を除く)、OECD諸国の成長率は鈍化傾向にある中で、ブラジル経済が急に明るい見通しになり、レアルが買われる状況にはなりにくいと思います。

敢えてこのようなハイリスクハイリターンな通貨や投資先へ資金を投じる必要はないと思います。

ブラジルの格付け見通しが「ネガティブ」に!今後の格下げ可能性で投資適格級でなくなることに!?レアルの投資信託(ファンド)や債券にはご注意を。

投資アドバイザー
眞原 郁哉



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)
ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

分配金が下がっている「新光US-REIT オープン(愛称:ゼウス)」の今後の見通しは?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回はQ&Aです。   そ

記事を読む

「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(米ドル)毎月分配型からアライアンス・バーンスタイン米国成長投信Dコースへの乗り換え」は良い?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A方式

記事を読む

【資産運用Q&A】資産運用は何から始めれば良い?(20代半ば女性・初心者)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は『資産運用Q&

記事を読む

年間150万円の海外積立投資と1,000万円のオフショア投資によって最大20年で老後資金「6,000万円」を作れますか?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aです。 この方の質問と同じ

記事を読む

アジアオセアニア好配当オープン(毎月分配)とピクテ 新興国インカム株式(毎月決算型)について

<Q.>(24/Mar/2015) アジアオセアニア好配当オープン(毎月分配)とピクテ 新興国

記事を読む

「ニッセイJリートファンドとグローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)への投資」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回Q&A形式で

記事を読む

野村證券から投資信託(米国バリュー・ストラテジー・ファンド Aコース/Bコース)を勧められています。

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aです。 それでは早速みてい

記事を読む

『野村證券から様々な商品を熱心に勧めれていますが、1,000万円程度をどのように分散して運用すべきか分かりません』(女性)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際に頂いたご相談

記事を読む

20代の若い世代が海外移住を目指す中で「日本の証券口座と海外証券口座開設の違い(疑問)と資産運用全般」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は20代の若い世代が

記事を読む

”若いうちから資産運用をした方が良いのは解るし、海外に資産分散もしたいけれど何から始めれば良いか、何が自分にあった投資か分からない”(20代前半 女性)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は資産運用のQ&A。  

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑