K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

30万ドル(3,000万円)でオフショアファンドへ投資する際のポートフォリオを提示してください

公開日: : 資産運用Q&A

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は実際に頂いたポートフォリオを考える際のご質問について。

<Q.>(45歳・男性・会社員)

以下4本のハイリターン系オフショアファンドを軸に迷っておりまして、直接投資にて30万ドル(約3,000万円)でポートフォリオを考えるとすればどのような配分や組み合わせて投資するのが良いでしょうか?

1.)「【第217回】設定来32ヶ月負けなしのコモディティファンドのご紹介です。」で情報発信されていたコモディティファンド

2.)「【第179回】弊社で最も人気があり今年も依然絶好調、年平均14.34%のクレジットローンファンドです。」で情報発信されていたクレジットローンファンド

3.)「【第216回】2007年来毎年二桁リターンのFXヘッジファンドです。」で情報発信されていたFXロングショート戦略ファンド

4.)「【第203回】年率平均リターン28.7%のマネージドフューチャーズ戦略ファンド(2倍レバレッジ)です。」で情報発信されていたマネージドフューチャーズ戦略ファンド(2倍レバレッジ)

必ずしも4ファンドへ全て投資ということでなく、オフショアファンドの性質上、これは戦略上似ているから3ファンドに分散するとか、極端な話、1ファンドへ投資するとかアドバイスしてください。

条件的には直接購入で考えているため、最低投資額の縛りもあるかと思います。

また、保有期間は5年で見直し、成績が良ければ10年でも15年でも継続でと考えているので選んだ理由と合わせ、ご教授頂き、決定の参考にさせていただければと思います。

もちろん最後の決定は自己責任であること承知しております。

30%e4%b8%87%e3%83%89%e3%83%ab%ef%bc%883000%e4%b8%87%e5%86%86%ef%bc%89%e3%81%a7%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%b8%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%81%99

<A.>

お伝え頂きましたファンドを金額別に組み合わせてみました。
併せて添付のポートフォリオ資料をご確認ください。

<ポートフォリオA.、安定>
年間平均リターン:15.46%、標準偏差:1.08%

クレジットローンファンド:USD150,000
コモディティファンド: USD150,000

<ポートフォリオB.、中庸>
年間平均リターン:17.11%、標準偏差:3.32%

クレジットローンファンド:USD100,000
コモディティファンド:USD140,000
マネージドフューチャーズ戦略ファンド(2倍レバレッジ): USD30,000
FXロングショート戦略ファンド : USD30,000

<ポートフォリオC.、積極>
年間平均リターン:20.09%、標準偏差:7.02%

コモディティファンド:USD140,000
マネージドフューチャーズ戦略ファンド(2倍レバレッジ): USD80,000
FXロングショート戦略ファンド : USD80,000

各ファンドの最低投資額やリスクリターンを考え、上記3つのリスク・リターン具体で組み合わせてみました。

◯◯さんが考えられているのは積極的なリターンを目指すファンドが多いですがそれぞれのリスク・リターンのバランスとしては私は<ポートフォリオB.、中庸>が良いと思います。

【コモディティファンド】はハイリターン系ですが、株式や債券とは相関性が低いオルタナティブな要素があるので中心に組み入れています。

また、バランスを考えると【クレジットローンファンド】を組み入れられる方がオススメです。【マネージドフューチャーズ戦略ファンド(2倍レバレッジ)】と【FXロングショート戦略ファンド 】に関しては積極的にリターンを目指すファンドなので配分比率を下げています(また最低投資額の関係でコモディティファンドがUSD140,000となっています)。

また、直接投資ではなく、オフショア資産管理口座を開設して投資される場合には、コモディティファンドや他のファンドでも最低投資金額を引下げて投資できるようになるため、さらにファンドの戦略や通貨分散ができるようになります。

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

投資アドバイザー
眞原 郁哉



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

「ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配金)のパフォーマンス推移と原油価格&為替の関係」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&Aへ

記事を読む

「野村日本ブランド株(米ドルコース)への投資」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用Q&

記事を読む

『野村證券から様々な商品を熱心に勧めれていますが、1,000万円程度をどのように分散して運用すべきか分かりません』(女性)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際に頂いたご相談

記事を読む

将来の孫の教育資金援助ために、今の海外積立投資に追加して海外積立投資を始めたい。

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外積立投資を既に始めている方からのQ&am

記事を読む

分配金が下がっている「新光US-REIT オープン(愛称:ゼウス)」の今後の見通しは?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回はQ&Aです。   そ

記事を読む

「長年投資している三菱USJ 外国債券オープン(毎月分配型)を解約した方がよいかどうか」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の内容はQ&

記事を読む

海外積立投資でハイ・イールド資産を勧める理由

こんにちは、眞原です。 今回は海外積立投資(月々、一定金額を積立投資する方法)について。

記事を読む

「世界優先証券ファンド」とはどのような商品ですか?

<Q.>(5/22) 「世界優先証券ファンド」とはどのような商品ですか?初心者です

記事を読む

20代の若い世代が海外移住を目指す中で「日本の証券口座と海外証券口座開設の違い(疑問)と資産運用全般」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は20代の若い世代が

記事を読む

「アジア好利回りリート・ファンドの分配金」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A形式

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑