オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

オフショアファンドMTG(日本人個人投資家もオフショア金融サービスで投資できる時代)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回はオフショアファンドMTGの状況を。

FullSizeRender 4

オフショアファンド関係者とのMTGは全て英語です。

もともと多くの金融サービスは海外(オフショア)発なので当然「英語での情報」の方が、情報の速さや量で日本語情報よりも圧倒的に上回っているわけですが・・・。

※英語(他言語)コミュニケーションと資産運用の関係/香港ライフ

私自身が個人投資家の皆さんに是非オススメしたいのは、日本語だけではなく英語サイトで様々な情報を取るとことです(「資産運用=日経新聞が基礎」という間違い)。

※中長期投資を始める投資初心者必見!資産運用情報の取り方!/資産運用の基礎

私は留学経験がなく10代の頃から自助努力により英語コミュニケーションを日々奮闘してますが・・・完全にジャパイングリッシュなのでやはりにネイティブスピーカーとのコミュニケーションでは苦労することばかりです。

なので内心では、バイリンガルやトライリンガルの日本人/海外の友人や留学経験者が非常に羨ましく思えたりします・・・とは言え過去は何も変わらないので現在とこれからをより良いものにしていくしか無いと英語学習も必死に継続しています。

※資産運用と語学学習と筋トレの共通項は「努力の継続」/ふっと想う

さて、このように彼ら(オフショアファンド関係者やファンドマネージャ)とMTGを重ねると「オフショアの個人金融サービスと国内個人金融サービスの違い」についていつも感じることが、

1.)日本で広く提供されている個人資産運用サービスの多くは「コスト高で日本風にアレンジされた日本の金融機関のためのもの」ということ

2.)「世界(オフショア)には、多くの日本人にとって見知らぬ金融サービスが数多くある」ということ

3.)資産運用の基本は「米ドル建て」と「通貨分散」であるということ

4.)オフショアファンドのパフォーマンスが相対的に良い理由は「運用方法の違い(規制も含め)」と「金利情勢」であるということ

5.)「オフショア投資によって国内投資ではアクセス出来ない金融サービスに分散する方が良い」ということ

です。

結局は、

「日本の常識(日本国内の個人資産運用サービス)が、国際標準(グローバルな個人資産運用サービス)ではない」

 

「スタンダードは「オフショア(海外)」であって「日本(国内)」ではない」

ということを常々感じます。

例えば、海外の投資家のにとって当たり前の資産運用方法であるオフショア資産管理口座からのオフショアファンドへ投資や月々一定の所得から海外積立投資で自分の年金プラスアルファ資金を貯めて作るというのは海外では「一般的」です。

もちろん「オフショア投資」は世界に広く開かれた金融サービスなので、日本人個人投資家もこれらの資産運用サービスを利用できます

資産運用のおいて大切なことは「その情報と違いを知っているか」「知らないか」というだけで、何年も経過すると「大きな差」になるということでしょう。

個人投資家は、2度と戻らない「資産運用の時間」を有効に使いたいものですね。

〜併せて読みたい〜
※資産運用は実践が先で、経済金融知識は同時に学ぶもの。2度と戻らぬ時間を無駄にしないための考え方/資産運用の基礎

※オフショアファンドMTG(オフショアセンター香港と東京の違い)

※オフショアファンドMTG(債券バブルリスクを抑えてリターンを得る投資)

※オフショアファンドMTG(2016年リターンは+41.28%(7月時点)、2006年設定来トータルリターン+487%のオフショアファンド)

※オフショアファンドMTG(ファンドスキームと分別管理)

※オフショアファンドMTG(オフショア資産管理口座からしか投資できない海外仕組債)



オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1000万円以上のオフショア投資をより快適に、効率的に、身近なものにするためのツールです。

「海外口座」と「オフショア資産管理口座」の違い、メリット・デメリットについてまとめました。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

2016年好パフォーマンスなオフショアファンド(ヘッジファンド)上位ランキング

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 2016年、年の瀬ということもあり、昨日本日が年内最

記事を読む

オフショアファンドMTG(オフショア資産管理口座からしか投資できない海外仕組債)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、オフショアファン

記事を読む

オフショアファンドMTG(ファンドスキームと分別管理)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド

記事を読む

オフショアファンドMTG(2016年リターンは+41.28%(7月時点)、2006年設定来トータルリターン+487%のオフショアファンド)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、かなり以前にMT

記事を読む

2016年のリターンは既に24%超、13年間の運用成果はプラス157%のマネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外投資ブログの名

記事を読む

投資アドバイザーが投資したいオフショアファンドと個人投資家が投資したいオフショアファンド

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド(ヘッジファンド)情報。

記事を読む

投資家殺到!あと3ヶ月で新規投資停止のマルチストラテジー戦略のオフショアファンド情報!(9年間で+55%のプラスリターン運用)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド

記事を読む

株式や債券投資とは低相関性!4年間で51%リターンの森林投資のオルタナティブ・ファンド!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、「森林ファンド」のオフショアファンド(オルタ

記事を読む

ウォーレン・バフェットと昼食を!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ内容は「ヘッ

記事を読む

2015年11月末時点、日米ヘッジファンド(オフショアファンド)リターン比較

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は年末にも差し掛かっ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑