オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

短期は意味なし?2015年度みんなの年金(GPIF)は、5兆3,098億円のマイナス運用(自分でも年金プラスアルファ老後資金準備はいち早く!)

公開日: : みんなの年金問題

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

本日8/3の内閣総辞職(第三次改造安倍内閣発足)というニュースによってかき消されていきそうですが・・・、去る7/29日、通常よりもなぜか公表が1ヵ月遅らされていた、わたしたちの年金=GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の2015年の運用成績が公表されました。

こちらが結果・・・

2015年度の私たちの年金(GPIF)は5兆3,098億円のマイナス(年金プラスアルファ老後資金はご自身で!)

(出典:GPIF HP)

なぜかプラスの方が赤字強調されていますが、2015年の運用成績のマイナスは2008年金融危機(リーマン・ショック)以降で最悪

収益率:−3.81%
収益額:−5兆3,098億円
運用資産額(年金総額):134兆7,475億円(前年度末比:−2兆7,000億円超

となりました。

資産別に見ると、

国内株式:−10.80%
外国株式:−9.63%
国内債券:+4.07%
外国債券:−3.32%

これだけを見ると「年金破綻するのでは?」「もらえなくなるのでは?」と心配になりますが・・・、一応同じような損を9年間連続して繰り返さないかぎりは、大丈夫そうです。

2015年度の私たちの年金(GPIF)は5兆3,098億円のマイナス(年金プラスアルファ老後資金はご自身で!)1(出典:同上)

自主運用を始めた2001年からの累積収益は、

累積収益:+45兆4,239億円

とのこと。

「短期で判断しても意味が無い」というのが基本概念ですが・・・。一方例えば、2015年度にカナダ年金制度投資委員会(CPPIB)の収益率は+3.4%と短期であっても同期間にプラス運用を上げている年金基金があるのが事実です。つまり、相対比較としてGPIFの運用は「下手」だということです。

ちなみに同時に発表された2016年度1−3月期の運用状況としては、

収益率:−3.52%
収益額:−4兆7,990億円

四半期としては2008年以降で3番目の悪いパフォーマンス水準だったそうです(これも短期で判断しても意味が無い、との説明)。

内訳は、

国内株式:−12.14%
外国株式:−5.83%
国内債券:+2.78%
外国債券:−1.64%

とのこと。

GPIFがポートフォリオ内で保有してる国内株式の公表銘柄は、

1.)トヨタ自動車
2.)三菱UFJフィナンシャル・グループ
3.)三井住友フィナンシャル・グループ
4.)本田技研工業
5.)ソフトバンク
6.)日本電信電話
7.)みずほフィナンシャル・グループ
8.)KDDI
9.)ファナック
10.)キヤノン
など合計2,037銘柄

東証全体の時価総額は2015年度末時点で572兆円、うち140兆円のシェアをこのGPIFが握っている状況です。

なんの変哲も無いど真ん中の銘柄が上位です(流動性などの関係もあるのでしょうが)。どこぞの運用性先の悪い投資信託(ミューチュアル・ファンド)と同じような銘柄構成に見えてしまいます。

GPIFがプラスリターンを上げるには、これらの銘柄を「安く買って、高く売る状況」が必須です。

そうでなければ私たちの、本来決して減らしてはいけない年金資金(基金)にも関わらず、国が勝手に運用することで「損」をすることになるので・・・今後日本株が今まで以上に上がらない場合にはいつ売るのか、非常に謎です(しかも、売却時にはこれだけの規模の売り圧力がかかれば、株価は下落するため)。

そして株価が下落すれば必然的に日銀も損をするのですから・・・。

※日銀が買う日経平均株価の上昇はアベノミクスの「官製相場」!5頭の鯨が泳いだ後に残るのは、それを信じた個人投資家の含み損。/マーケット(日本)

もろもろを冷静に考えると完全に「株価下支え(政争の具)」として見なされます。

この結果を先の選挙前の公表ではなく、選挙後にこのGPIFの結果を公表したと判断してもオカシクない印象を受けています。

そもそも、このような保有銘柄を確認、公表するだけで1ヵ月間も掛かるわけがありません・・・。

ちなみにGPIFや政府はこれまでの運用成果(+45兆4,239億円)がありながらも「今後の少子高齢社会に対応するために、つまりは収益をもっと上げるために」という名目で、株式資産などポートフォリオ変更を行っています。

が、しかしながら「国内債券」しかまともにリターンを上げられていない状況なのです。

但し、もちろん私個人の見解では、今の年金制度はきっと「破綻」することは無いでしょうし「年金そのものを貰えなくなること」も無いと思います。

ただ、現行の年金制度を維持していくためには「支給金額の減額」や「受給年齢引き上げ」や「保険料の増額徴収」は大いに有り得えます。

※ほ〜らねっ!「65歳以上が高齢者という定義」変更で今後の年金受給年齢も変更へ!? / みんなの年金問題

だからこそ、特に若い世代は退職後の老後に向けては「自分で年金プラスアルファ資金」を作っていく必要があるということです。

貯金でもいいでしょうし(ゼロ金利+円安インフレでむしろ目減りですが)、NISAで投資するも1つでしょう。

もちろん最大5%の金利が付く(殖やせる海外積立投資)で積立投資をするのも1つです。

※海外積立投資のパフォーマンス推移とアドバイザーについて/積立投資

早いうちから何かしら自分でアクションを起こさなければ、これから先は益々、公的年金だけでは苦しい退職後になることでしょう。

〜併せて読みたい〜
※特に40代以下世代で年金制度を信じられない人が老後資金を備えた方が良い理由〜GPIF(年金基金)大損の可能性〜/みんなの年金問題

※日銀やGPIF(年金基金)の日本株がマイナスになれば誰が責任を取る?/みんなの年金問題

※4月から国民年金保険料月額+670円(16,260円へ)と年金生活と人口動態(2060年何歳ですか?)/みんなの年金問題

(カバー写真:The Telegraph)



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

『もし私が政治家で今の年金制度をカタチ上で維持させるとしたら(もし年金!)』〜100歳以上の高齢者が6万人超で少子超高齢化社会の日本!〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 来週9/21日は「敬老の

記事を読む

敬老の日!90歳以上人口が初めて200万人を突破!(高齢者の定義変更は間近??)

こんばんは、眞原です。 今日は敬老の日ですね!(9/18) 祖父母に何かプレゼントしたり

記事を読む

追加の社会保険料率0.1%で「こども保険」実現へ?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「資産運用(投資)と社会事情の関係」です。

記事を読む

2018年1月から開始される積立NISA(つみたてNISA)ってなにーさ?(海外積立投資との比較付)

こんにちは、眞原です。 国主導でこのような新しい資産運用の制度が開始される度に思うのは、きっと

記事を読む

ほ〜らねっ!「65歳以上が高齢者という定義」変更で今後の年金受給年齢も変更へ!?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、私たちの年金問題

記事を読む

インド人口が2022年までに中国を抜いて世界最大になるらしい!一方、少子高齢化が止まらない日本の2050年(今から35年後)の「人口動態と年金制度」を考えた

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「人口動態と経済成

記事を読む

50年後(2065年)の日本人口は8,808万人。単純計算で年間58万人ずつ人口が減少する日本の未来

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、本ブログでも何度も取り上げている「日本の人口

記事を読む

年金受給開始、71歳以上も!高齢者が高齢者を支える日本へ!いっそのこと年金不要で現役時代からベーシックインカムを導入して欲しい

こんにちは、眞原です。 今回はみんなに関係がある「年金問題」。 特に、恐らく「逃げ切れな

記事を読む

誰もに平等な「限りある時間という資源」と「15年満期140%元本確保型海外積立投資」

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は資産運用初心者の方は特に必見です。 (出典:

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑