K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

三菱UFJ外国債券オープン(毎月分配型)を解約した方が良いのかどうか?(男性・2016年7月時点)

公開日: : 資産運用Q&A

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は実際に頂いているご相談から。

以前にも頂いている投資信託(ミューチュアル・ファンド)に関するご相談です。

<Q.>(2016年7月時点)

2015年9月に、三菱UFJ外国債券オープン(毎月分配型)を購入しました。
毎月分配金は振り込まれますが、時価評価額が毎回下がっています。もう解約してしまった方が良いのでしょうか?

<A.>

お世話になります、K2 Investmentの眞原です。

まず商品性の確認の上でも過去に私がまとめたブログ記事をご確認ください。

※「長年投資している三菱UFJ 外国債券オープン(毎月分配型)を解約した方がよいかどうか」について / 資産運用Q&A

2015年10月当時にまとめているブログ記事から、下記の現在のファンドのFactsheet(運用報告書)を比較してご確認頂いても分かるように、2015年10月から毎月分配金を受け取っていた場合でも分配金合計額は300円(1万口当たり)です。

※『三菱UFJ 外国債券オープン(毎月分配型)』月次レポート
三菱UFJ外国債券オープン(毎月分配型)を解約した方が良いのかどうか?(男性・2016年7月時点)【基準価額】7,846円(7/15)
【純資産総額】966億円
【分配金累計額】6,980円
【分配金/月々】30円

基準価額(2015年10月当時8,918円)を確認して分かるように、受け取り分配金以上に下落してます(分配金が出る=その分基準価額は下落しますが、このファンドの場合は既に53%部分は過去のリターンからの取崩になっています)。

本来はベンチマークを上回る運用をしてこそ投資信託(ミューチュアル・ファンド)の存在意義がある(個人投資家が投資している意味がある)にも関わらず、ベンチマークを上回れていません。つまり個人投資家としては、コスト安のインデックスであるシティ世界国債インデックスへそのまま投資している方がパフォーマンスが良いということです。

つまり、運用が上手く行っていないにも関わらず(実際にパフォーマンスが上がっていないにも関わらず)分配金を出し続けている結果が現在です。この傾向は継続している上、純資産総額も大幅に下落しているので運用が下手なファンドである以上早期の損切りをオススメします。

※資産運用で放りっぱなしはあり得ない(利益確定や損切り)/投資戦略

また具体的に◯◯さんのお考えを伺えれば、全体から◯◯さんのお考えに沿った資産運用のアドバイスができると思いますので、ご希望の場合にはまず以下の質問へのご回答をこちらのメールに返信か投資ヒアリングシート(リンク先)よりお答えください。

・ご年齢
・現在の投資商品(金額、銘柄など)
・今までの投資経験(年数、商品など)
・今後の投資可能年数
・今後の投資可能金額
・現在の年収から貯蓄できる余剰資金(例:120万円/年)
・年率目標リターン(何%など)
・オフショアファンドも投資対象に入れるかどうか?
・その他、投資や人生でどのようなことを目標に運用していきたい、などあればなんでもお聞かせください。

※『投資ヒアリングシート』はこちら

投資アドバイザー
眞原



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

「アジア好利回りリート・ファンドの分配金」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A形式

記事を読む

(Q&A)USD建て一括投資の場合はドル円レートが影響しますが、どのように考えるべきでしょうか?

こんにちは、眞原です。 今回は、実際のご相談内容に沿っての情報です。 ポイントは、 ・

記事を読む

将来への資産形成の一歩は積立投資から

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用相談Q&a

記事を読む

「東京海上・ニッポン世界債券ファンド(2013年5月購入)を解約すべきかどうか?」について

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&A

記事を読む

NISA積立投資と401k(個人型確定拠出年金)での積み立て投資について

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「NISA積立投資と401k(個人型確定拠出年

記事を読む

「レアル安だからこそ2016年9月末時点からブラジル・レアル建て社債の投資をしても良いか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A方式

記事を読む

「野村證券と大和証券で投資しているファンドラップがマイナスです。どうしたら良いでしょうか?」(2016年7月時点/)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際にご相談を頂い

記事を読む

HSBC香港口座はオフショア投資に必要?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aです。 <Q.> HSB

記事を読む

将来の孫の教育資金援助ために、今の海外積立投資に追加して海外積立投資を始めたい。

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外積立投資を既に始めている方からのQ&am

記事を読む

【資産運用Q&A】「通貨選択型エマージング・ボンド・ファンド 豪ドルコース(毎月分配型)」について

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑