ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

Brexit後(英国のEU離脱後)ワールドリートオープン(毎月決算型)の見通しはどうなる?

公開日: : 資産運用Q&A

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、ご相談が多い「ワールドリートオープン(毎月決算型)」の情報です。

<Q.>(2016年6月末時点)

「ワールドリートオープンに投資していますが、英国のEU離脱後の(今後の)見通しはいかがでしょうか?」

<A.>

即刻、損切りをオススメします。

理由は、「先々の見通し云々ではなく運用が下手だからです」。

まず、2015年6月時点で私が「ワールドリートオープン」についてまとめているブログ記事があるので、ファンドの商品性や当時のNAV(基準価額)などから確認してみてください。

※リートへ投資している人は必見!!投資信託ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の見通しは?/資産運用Q&A

2015年6月当時

【基準価額】4,754円(2015年6月10日時点)
【純資産総額】6,442億円
【分配金累計額】9,500円
【分配金(毎月)】70円

非効率な運用の典型である毎月分配型なので、2016年6月末までに分配金を910円(13ヵ月×70円)を受け取り続けているものの、それ以上に基準価額が下落しているのが理解できます(投資家のリターンになっていないにも関わらず分配金は出されている)。

つまり、毎月の分配金はリターンの見せかけに過ぎず(実質毎月70円の分配金のうち92%部分は過去のリターンからの取り崩し)ファンドのリターンが良いから分配金が出ているのではなく、単に投資元本取り崩しになっているだけに過ぎません。

そして、現在の状況がこちら。

<ワールドリートオープン(毎月決算型)>
Brexit後(英国のEU離脱後)ワールドリートオープン(毎月決算型)の見通しはどうなる?1【基準価額】3,554円(2016年7/1時点)
【純資産総額】6,219億円
【分配金累計額】10,410円
【分配金(毎月)】70円

上で確認したようにファンドの運用は下手でパフォーマンスが上がっていないにも関わらず、純資産総額が6,000億円台とメガファンド級なので(2015年6月時点より200億円減少していますが)、正直この現状をあまり分かっていない個人投資家が証券マンや銀行員の「甘い分配金セールストーク(毎月70円、分配金利回り25%です(=年間910円の分配金/基準価額3,554円))」に乗せられて投資している現状が想定されます。

このファンドの現状では、2004年の運用開始から12年間の運用で年間平均リターンは2.7%程度しかありません(2015年6月時点では約3.2%でしたが更に下落)。1年経過して毎月分配金はタコ足化しています。

冷静に考えて運用開始から年間平均リターンで2.7%程度の投資信託(ミューチャル・ファンド)が「分配金利回り25%」というのは「200%あり得ない」でしょう。

また、Brexit(英国のEU離脱)の影響ですが、もちろん「USD/JPY」「GBP/JPY」「EUR/JPY」などの為替推移は大いに関わってきますが、そもそもこのワールドリートオープンが、どのような国のリート資産で運用しているかによって運用状況が変わってきます。

ファンドのポートフォリオ(業種別、国や地域別)がこちら

Brexit後(英国のEU離脱後)ワールドリートオープン(毎月決算型)の見通しはどうなる?2

ポートフォリオを確認して分かるように、米国61.9%、オーストラリア10.9%、英国5.1%、カナダ4.5、ユーロ圏3.8%、シンガポール3.8%、日本2.8%、香港1.5%、現金など5.6%という比率です。

つまり、もし証券マンや銀行員にこのワールドリートオープンの基準価額の下落の理由を尋ねて「Brexitの影響(英国やユーロ圏の影響)で下落しています」なんてトンチンカンな説明を受けた場合は大間違いでしょう。このファンドの基準価額の変動な米国からの影響(60%)によるところが大きいからです。

運用報告書に記載されていますが(このファンドを販売している証券マンや銀行員もちゃんと目を通していないでしょうけれど)この投資信託が保有している銘柄や比率がこちら。

Brexit後(英国のEU離脱後)ワールドリートオープン(毎月決算型)の見通しはどうなる?

(出典:運用報告書(全体版)第130期〜135期)

今回のBrexitの中心とされるユーロ圏と英国の比率を合せても全体(5,900億円~6,200億円)のうちの10%程度(607億円程度)です。

ちなみに、このような「投資信託(ミューチャルファンド)の今後の見通しは?」ということを証券マンや銀行員に尋ねる個人投資家が散見されますが、それは彼らに「先々のマクロ経済動向」を説明してもらうことにしか過ぎず、このファンドの状況やパフォーマンス推移について尋ねていることに必ずしも直結していないのには注意が必要です。

なぜなら、実際に運用しているのこの投資信託(ミューチャルファンド)のファンドマネージャーであって(彼らは見通しは運用者なので分かっています)、販売している証券マンや銀行員がこのファンド運用の先々の状況(見通し=彼らの見通しはマクロ経済であって必ずしもファンドの見通しではない)を言い当てることなんてできっこないのですから!(ファンドマネージャーから直接情報を得ている場合は別。また、彼らが自分たちで推奨して売買する株式投資については別)。

※営業を受けたがる受動的な投資家(消費家)と自分で考える能動的な投資家の違い/資産運用の基礎

また、ワールドリートオープン(毎月分配型)に投資している個人投資家の中には

「Brexit後、株式や為替も一旦落ち着いてきたし、このファンドも中長期で投資していれば基準価額は戻ってくると思います」

のような説明を証券マンや銀行員から受けているようですが、そもそもファンドの運用自体が下手(パフォーマンスが上がっていないにも関わらず、毎月の分配金を出し続けている以上)なので、個人投資家にとっての純粋なリターンに繋がるハズがありません。

※相場が良くとも悪くとも「買い推奨」の証券マン!もしアナタが「資産運用初心者」なら迷わず「積立投資」をすれば良い/野村證券物語

このファンドに関しては、Brexit以前の問題です。

投資アドバイザー
眞原 郁哉



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

「アジア好利回りリート・ファンドの分配金」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A形式

記事を読む

「理解」とは「読解力」+「ググる力」+「傾聴力」の3つの掛け算

こんにちは、眞原です。 今回は、普段から(というか学生時代から)ずっと思っていることをツラツラ

記事を読む

FX(外国為替証拠金取引)レバレッジ最大25倍から10倍に規制へ?

こんにちは、眞原です。 今回は為替に関わるお話。 まず大前提として、 FX(外国為替証

記事を読む

不都合な日本社会の未来〜2030年、現行の社会保障(支え合い)は限界へ〜

こんにちは、眞原です。 今回は、少子高齢社会の中での「日本の未来と年金制度(社会保障制度)」に

記事を読む

「野村テンプルトントータルリターンDコース(毎月分配型)を解約した方が良いか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は野村證券から販売さ

記事を読む

旅行者の日本人(個人)がHSBC香港口座の開設が可能かどうか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aへの

記事を読む

「アジア好利回りリート・ファンド」から「グローバル・ロボティクス株式ファンド」への乗り換え販売提案をされているがどうでしょうか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際に弊社クライン

記事を読む

「レアル安だからこそ2016年9月末時点からブラジル・レアル建て社債の投資をしても良いか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A方式

記事を読む

NISA積立投資と401k(個人型確定拠出年金)での積み立て投資について

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「NISA積立投資と401k(個人型確定拠出年

記事を読む

アジアオセアニア好配当オープン(毎月分配)とピクテ 新興国インカム株式(毎月決算型)について

<Q.>(24/Mar/2015) アジアオセアニア好配当オープン(毎月分配)とピクテ 新興国

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑