ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)

公開日: : SMBC日興証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は2016年6/20〜29SMBC日興証券から新規募集販売される投資信託(ミューチャル・ファンド)「シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ」の情報です。

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)1

この投資信託(ミューチャル・ファンド)の特徴はシンプルに、

・アジア太平洋地域(香港、中国、台湾、韓国、日本、ニュージーランド、オーストラリア、フィリピン、インドネシア、シンガポール、マレーシア、インド、タイ)の株式への投資

です。

中でも世界的に注目度が高まっている(ESGを考慮に入れた投資残高は約21兆ドル)企業評価の尺度の1つである「ESG(Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治))の観点=持続的に成長可能な企業(エクセレント・カンパニー)」を加味して銘柄を選定してポートフォリオに組み入れるそうです。

テーマ型に近い印象を受けますが、アジア太平洋地域の中間層拡大を期待して投資するとのことです。

基本的に、これまで新興国への投資に対して用いられてきたセールストーク(「今後の新興国経済が伸びると中間所得層が拡大して消費拡大するので投資妙味があります」)と似たような話です。

つまり、この「将来予測」は今に始まったことではないですし既に分かりきっていることなので、同様の投資信託(ミューチャル・ファンド)は販売されてきています。

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)2

仮にアジア・パシフィック地域の中間層32億人が1人1日USD55(年間USD20,075)ずつを消費した場合には、年間の消費総額はUSD64.2兆(2015年の米国個人消費額全体の約5年分)になるそうです。

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)3

このファンドのモデル・ポートフォリオがこちら

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)4

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)5

国別には、日本41.6%、オーストラリア18.0%、中国7.4%、香港6.8%、インド6.5%などで、業種は金融、情報、一般消費財、電気通信などの順で組み入れ比率が高いですね。そして、割安(先進国比較で出遅れ)とのことなので今後の株価上昇を期待しています。

ここまでの情報を把握して、個人投資家がさらに考えたほうが良いのは単にこの投資信託(ミューチャル・ファンド)の良し悪しというよりも、むしろ、この「アジア・パシフィック地域」への投資(資産配分)の良し悪しです。

伸びゆく資産(と想定されるのであれば)であったり、今総資産の中に組み入れていない資産であれば投資する方が良いですし、そうでなければ投資しなくて良いという意味です。

ということで、わざわざこの新規設定の投資信託(ミューチャル・ファンド)に果敢に投資せずとも、過去のトラックレコードがあるインデックス投資でも良いのでは?と考えられます。

さて、MSCIのインデックスに「アジア・パシフィック地域」への投資ができるファンドがあるのはご存知でしょうか?

販売用資料にも記載があるこちらのインデックスです。

MSCI AC Asia Pacific Index, Ticker Code:MXAP:IND

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)7

2001年から約15年間のトラックレコードがあるこのインデックスです。

青色:MSCI AC Asia pacific Index(アジア・パシフィック地域:先進国5、新興国8)/212.59
黄色:MSCI ACWI(世界株式:先進国23、新興国23)/218.07
緑色:MSCI ACWI IMI(世界株式:先進国23、新興国23)/234.66

それぞれのパフォーマンスがこちら。

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)8

年間平均リターンとしては、

青色:MSCI AC Asia pacific Index/2.18
黄色:MSCI ACWI/6.79
緑色:MSCI ACWI IMI/6.76

です。

緩やかですが右肩上がりに上昇しているこのような資産については積立投資(海外積立投資)でコツコツと投資しておきたい資産の1つですね。

ポートフォリオがこちら。

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)9

組み入れ国の構成でみると、日本41.69%、中国12.84%、オーストラリア12.77%、大韓民国8.06%、中華民国(台湾)6.51%で、業種では金融、情報通信、工業、一般消費財、生活必需品などです。

もちろん、今回の「シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ」は投資信託(ミューチャル・ファンド)なので、ファンドマネージャーの腕次第でインデックス以上のパフォーマンスを上げてくれるかも知れません。なのでインデックスとは多少の違いがあります。

ただ、この「アジア・パシフィック」への投資が良いということであれば、このインデックスでも十分ではないでしょうか?(積極的にこのSMBC日興証券の投資信託に投資する理由について、SMBC日興証券の証券マンは何と言うのでしょうか?)。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

みずほ日本債券アドバンス(豪ドル債券型)愛称:ちょっとコアラ

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

ABグローバル・ハイインカム・オープン 毎月分配型/1年決算型(愛称:ABコンパス)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

日興・アシュモア・グローイング・マルチストラテジー・ファンド(愛称:ネクスト・スター)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

三井住友・JPX日経400オープン

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド

記事を読む

日興マルチ・マネージャー・オルタナティブ戦略ファンド 円ヘッジあり・なし(クラスA/B)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事

記事を読む

毎月分配型のフィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)は「良いファンドか?」

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資信託(ミューチャル・ファンド)情報。

記事を読む

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型/年2回決算型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はSMBC日興証券か

記事を読む

日興AMオフショア・ファンズ 外国籍インデックスファンドUSバンクローン100 米ドル建て毎月分配型/資産成長型

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 現在(7/31から申し込

記事を読む

日系企業海外債券ファンド(為替ヘッジあり)2015−09 単位型(愛称:日本晴)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はSMBC日興証券か

記事を読む

ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑