ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

資産運用をする際に考える「世界リスク震源地(日本?中国?英国?新興国?)」

公開日: : 投資と社会事情の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

先週、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が閉幕しましたが、その流れを受けて「消費増税は2019年まで再延期へ」ということになりそうですね。

もちろん消費を停滞させる消費増税なので、今を生活する国民生活としては良いのですが・・・、一方でこれから日本の財政問題はどうなっていくのでしょうか??

格付け会社S&Pが日本国債をA+へ格下げした意味は「今後の増税+社会保障(年金)カット」〜老後への備えをいち早く〜 / 財政問題

資産運用を考えると、日本の「財政問題もリスク」要因の1つになっていることは間違いありません。

そして、また一方で世界を見渡すとリスク要因が散見されています。

資産運用をする際に考える「世界リスク震源地(日本?中国?英国?新興国?)」2

(出典:WSJ)

例えば・・・

・6/23 Brexit(英国がEU離脱?)
英ポンド注意報!Brexit(英国のEU圏離脱)が現実化すると? / 為替
・7月 日本の選挙
・11/6 米国大統領選挙

そして、この記事を書いているたった今、北朝鮮がミサイル発射の兆候という地政学リスク(+ポリティカルリスク)

他には、少しずつ露呈してくるであろう

・中国の債務肥大化問題
・EU圏の難民問題
・ブラジルや南米圏、アフリカ経済でのハイパーインフレ
・世界的な右翼化傾向=戦争リスクの高まり
・日本国債問題

などです。

リスク(=ここでは「危険」の意味にしますが)、このような世界的なリスク震源地は山のようにあり、次々に盛り上がってはまた沈まり、の繰り返しです。ハッキリ言ってキリがありませんし、残念ながら決して読めるものではありません・・・。

だからこそ個人投資家が出来ることとしては、中長期での資産運用を常に心がけ(経済やリスク要因は周期的な波があるため)、常にアンテナを高く張って様々な情報を得て、ブラッシュアップし続けなくては行けません。ただ、これはもちろん単に資産運用をしているからという理由ではなく、私たちが生きている世界(+経済)、社会がどのように動いているのか?を捉えるということに過ぎないと私は思っています。

日々を生きる上で、ビジネスをしていく上で、必ず必要だと思います。

そして、もっとも恐れている「リスク」の1つとして(個人的には)「大国を巻き込む戦争(大きな紛争)リスク」の高まりを感じざるを得ない昨今なので、一部の人たちによって多くの人の平和が侵されないことを切に願っています。

未年のアノマリーは「戦争」。だからこそ個人投資家は積立投資でドルコスト平均法の活用を! / 資産運用の基礎

2016年ビックリ予想(ー短期株価予測と為替予測は単なるギャンブルー) / マーケット(世界)

(カバー写真:WSJ)



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

新聞記事は統計上のカラクリ!実質賃金上昇はある種のマヤカシである。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 

記事を読む

貧乏な家庭に生まれると貧しく死ぬ現実(親の社会的地位と教育と教育資金)

こんにちは、眞原です。 本日のBloombergで興味深いコラムが取り上げられていたので、私の

記事を読む

全投資家注目の2017年1月20日!いよいよトランプ米大統領&政権誕生!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 本日1/20(正式には21日午前2時)、米国でいよい

記事を読む

「パナマ文書(THE PANAMA PAPERS)」の何が問題か?オフショア(タックスヘイブン)とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今しきりに国際社会やマー

記事を読む

子を持つ父親は必見!年収1,000万円以上は「教育パパ」が急増のよう!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 つい先日、東洋経済Onlineで興味深い記事が掲載さ

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

波乱要因、十分あり得えるトランプ大統領誕生!?(〜2016年のビックリ予想の的中率が上昇中〜)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 2016年の波乱要因とい

記事を読む

年金情報125万件流出!マイナンバー制度導入前ですが大丈夫ですか?(銀行預貯金、証券口座、医療情報、年金、その他丸裸になる情報流出懸念)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「年金情報125万

記事を読む

大好きな人との「デート代」がかさむ国&都市ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外情報と物価感覚を磨く情報。 海外居住者でも、海外中長

記事を読む

続々と個人情報が紐付けされる「マイナンバー制度」のアップデート情報!(2015年5月末時点)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2015年10月交付、

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑