ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

ハンバーガー1個=18,000円、ホテル1泊=75万円!経済危機下のベネズエラ(通貨暴落(ハイパーインフレ))

公開日: : マーケット(世界)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、世界マーケット(南米=ベネズエラ)についてです。

ハンバーガー1個=18,000円、ホテル1泊=75万円の経済危機下のベネズエラ〜通貨暴落(ハイパーインフレ)〜1

日本の裏側にある国なんて関係ないや、遠い国だから知らないやということではなく、個人投資家は世界情勢として世界でどのようなことが起こっているのか?について常にアンテナを張っておくようにしておきましょう。

まずは、ベネズエラの地理的位置から・・・

ハンバーガー1個=18,000円、ホテル1泊=75万円の経済危機下のベネズエラ〜通貨暴落(ハイパーインフレ)〜(出典:Google Map)

南米コロンビアとブラジルの北側に位置しています。

ベネズエラの歴史など詳細についてはwikipediaなどで調べてもらうとして・・・、重要なのは「今、ベネズエラがどのような経済状況下にあるのか?」ということです。

もともとコーヒーなどプランテーションなど農業が主な産業でしたが、1950年代から石油依存の経済構造となってきた背景があります(輸出収入の90%以上)。

しかしかながら、2013年以降は原油安の影響を大きく受け経済は疲弊、時を同じくして当時のベネズエラ大統領だったチャベス氏が死去、さらに政治的な混乱も加わって現大統領のマドゥロ氏は、現在の経済疲弊に対して特に有効な対策を打てないまま、ベネズエラの国民生活が混迷を極める状況に陥っています。

そんな中で、ベネズエラの通貨(VEF)であるボリバルの推移がこちら。

<USD/VEF(ボリバル)>

ハンバーガー1個=18,000円、ホテル1泊=75万円の経済危機下のベネズエラ〜通貨暴落(ハイパーインフレ)〜2

(出典:Bloomberg)

2月に一気に主要レートの通貨切り下げ(ボリバルの通貨価値が一気に目減り=インフレ)になり1米ドル=約10ボリバルとなっています。完全にハイパーインフレです。

ただ、実際に経済危機にあるベネズエラにおいてこの公式レートでは取引をする商人がいるわけもなく、ブラックマーケットのレートでは、1ドル=1,000ボリバルで取引されているそうです。

結果、

ハンバーガー1個(1,700ボルバル(170米ドル))=18,000円
ホテル1泊(69,000ボリバル(6,900ドル)=75万円

となっています。

ハンバーガー1個=18,000円、ホテル1泊=75万円の経済危機下のベネズエラ〜通貨暴落(ハイパーインフレ)〜3

(出典:AFP)

上の記事では”the eye-watering cost(=目が飛び出るほど驚く)”と東京やスイス・チューリッヒ以上だと表現されています。

ハイパーインフレ(通貨価値の大幅な下落)によって、ベネズエラ国内の輸入品や原材料価格は高騰し、中流層でさえその大部分が貧困入りし、ハンバーガーですら買えない状況になっているようです。

もちろん食糧難にもなっていて、隣国コロンビアから密輸した食品を高値で売りさばいたり、略奪も相次いでいるとのこと・・・さらなる治安悪化や医療問題も懸念されています。

そういえば、2015年にアフリカのジンバブエでも同様のハイパーインフレが起こっていましたね・・・。

※ジンバブエのハイパーインフレは5,000億%!貨幣が無価値になるハイパーインフレの怖さ。/財政問題

またベネズエラの隣国ブラジルでは、ルセフ大統領の弾劾が決まったりと(実質的に職務停止)混迷を極めつつある南米経済です。もうさすがに南米に投資している個人投資家は少ないと思いますが(度々「南米への投資への注意喚起は過去このブログで行ってきたので」)、改めて遠い国であっても情報を得ることは非常に大切です。

一重に「国の指導者や為政者」の判断や行いが悪い結果、結果国民が苦しむことに繋がっているというのは世界(先進国でも新興国でも)各国で共通していることでしょう。

「(いつ何をしてくるか分からないから、根本的に)政府は信じられない」ということを合理的に捉え、行動しているのは特に中国人や新興国に住んでいる人たちの賢い選択であって、その考え方の根本にあるのは、結局彼ら自身が苦心して築き上げた資産を国に非同義的に奪われない、また家族を守る為の資産防衛が目的になっています

※中国が銀聯カード(Union Pay)による海外での現金引き出しを年間10万元へ制限〜国家(通貨)を信じるリスク、日本や日本円は?〜 / 日本人海外居住者の資産運用方法





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

2016年ビックリ予想(ー短期株価予測と為替予測は単なるギャンブルー)

明けましておめでとうございます、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 20

記事を読む

国際政治の緊迫でジワりゴールド(金)上昇も、マーケットは戦争リスクをまだ織り込まず

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 先週突如行われた米国のシリア爆撃による特に米ロ欧の国

記事を読む

神の見えざる手を無視した、中国共産党の見えざる手!中国公的年金の株式投資を解禁で株価を押し上げか!?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ギリシャ問題に揺れるグロ

記事を読む

最高値更新中の米国株式が資産である理由(+しかも元本確保型で投資ができる)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 トランプ大統領誕生(彼の政策期待)を反映して、株式、

記事を読む

世界経済成長エンジンのシフト!新興国資産を持っている投資家がすべき米国利上げへの備えとは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「マーケット(世界

記事を読む

米国「政府機関閉鎖+債務上限引き上げ失敗」と「メキシコ国境に壁を作るか」のチキンレース?

こんにちは、眞原です。 明日から9月ですが、どうやら9月のグローバルマーケットは「荒れそう」な

記事を読む

米国利上げでアジア債券&アジア通貨投資への転換点迫る?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国利上げ」と「アジア債券&通貨への投資」に

記事を読む

ゴールド価格の不穏な上昇の意味〜金資産保有はBrexit後のマーケットショックへの備え〜

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑