オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

2017年版香港の祝祭日まとめ、渡航時にはご注意を!

公開日: : 香港ライフ

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

毎年この時期になると香港の翌年の公休日が決まります。

今回は2017年度の公休日まとめです。

※2016年度版はこちら

2017年版香港の祝祭日まとめ、渡航時にはご注意を!1

それでは、2017年度を見ていきます。

<2017年、香港の公休日>

・1月
2日(元旦の翌日【一月一日翌日】)
28日(旧正月元旦【農暦年初一】)
30日(旧正月三日【農暦年初三】)
31日(旧正月四日【農暦年初四】)

・4月
4日(清明節【清明節】)
14日(キリスト受難の日【耶稣受難節】)
15日(キリスト受難の日の翌日【耶稣受難節翌日】)
17日(イースターマンデー【復活節星期一】)

・5月
1日(メーデー翌日【勞動節】)
3日(仏誕節【佛誕】)
30日(端午節【端午節】)

・7月
1日(特区成立記念日【香港特別行政區成立紀念日】)

・10月
2日(国慶節の翌日【國慶日翌日】)
5日(中秋節の翌日【中秋節翌日】)
28日(重陽節【重陽節】)

・12月
25日(クリスマス【聖誕節】)
26日(クリスマス翌日のボクシングデー【聖誕節後第一個周日】)

「あれ?2017年は意外と公休日がバラついていて大型連休を取れ無さそうだぞ?」というのが香港人の感想ではないでしょうか??

とはいえ、香港は日本のように「なかなか有給を取って休めない・・・」という様子ではないので、皆さん色々試行錯誤して大型連休にすることでしょう。

公休日は、HSBC香港ハンセンバンクスタンダード・チャータード中国銀行を始め各金融機関の窓口業務も休みに入るので金融街のCentral(中環)駅周辺は静かになります。

2017年に海外口座開設や他のオフショア投資サポートを考えて香港へ渡航する場合には、公休日には気を付けて日程を組みましょう。

※『海外口座入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

(カバー写真:香港政府HP)



海外口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

国家破綻→預金封鎖を回避するには、日本国外に資産を置いておくことです。
リスクを取って資産を増やす必要はありません。
ただ置いておくだけでいいのです。

海外(オフショア)口座開設のメリット、デメリット、日本にいながらにして開設可能な海外口座をまとめました。

関連記事

香港の不動産市況と米国利上げに伴う香港ドル資産変調の可能性

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は香港ライフについて

記事を読む

大興奮間違いなしの香港初イベント!10月8日は夜景を楽しみながら香港フォーミュラEのレース観戦に行こう!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今年の夏は冷夏じゃないか

記事を読む

英語(他言語)コミュニケーションと資産運用の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「英語(語学)コミ

記事を読む

月額賃料はなんと◯◯◯◯万円!2017年に米アバクロが香港から完全撤退へ!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は香港ライフ編。 変わりゆく香港小売事情と本土

記事を読む

外国人の日本人に対する「言語(英語)」のステレオタイプ(多くの日本人はこう見られている)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「香港ライフ」シリ

記事を読む

写真で見るHSBC香港の歴史

こんにちは、眞原です。 今回は香港ライフ編。 オフショア投資や海外積立投資をするにあたっ

記事を読む

2016年版香港の祝祭日まとめ、渡航時にはご注意を!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 2015年も5月半ば、実

記事を読む

香港から90分で行ける今ホットな場所、中国の深圳(深セン)へぷらり!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「ぷらり行ってきま

記事を読む

Apple Payの利便性は半端ない!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、香港ライフ編。 <クレジットカード決済の専

記事を読む

2018年版香港の祝祭日まとめ、渡航時にはご注意を!

こんにちは、眞原です。 毎年この時期になると香港の翌年の公休日が決まります。 今回は2018

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑