ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

タックスヘイブン(オフショア)やパナマ文書に出てきたオフショアファンドについて知りたい人へ

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

ニュース報道がやや少なくなってきている例の「パナマ文書」について「未だによく分からない!」という個人投資家が多数いることを耳にします。

パナマ文書に付随して、英国のキャメロン首相が亡父のオフショアファンド(ヘッジファンド)に投資していたということも話題に上がっていましたね。

もちろん、世界ではオフショア投資がスタンダードなので当然なのですが・・・(例えば、ManやWintonは日本でも有名ですね)

※オフショア投資についてはこちら

さて、その「パナマ文書」の詳細については、私が以前にまとめているこちらの記事に譲るとして↓、

※「パナマ文書(THE PANAMA PAPERS)」の何が問題か?オフショア(タックスヘイブン)とは? / 投資と社会事情の関係

様々な情報を得ているアンテナの高い個人投資家であっても正直なところ「タックスヘイブンやオフショアファンドやパナマ文書について、何となくしか分からない」という状況になっているのは、単に「オフショア(タックスヘイブン)やオフショアファンド(ヘッジファンド)」をイメージしづらいということに起因していると思います。

そもそも、金融(ファイナンス)は形があるものではなく概念的な話や理解になるので、尚のこと「???」という感覚の人が多いはずです。

そこで、その理解の手助けになる本をここでご紹介します。

それは、

『世界の権力者が寵愛した銀行 タックスヘイブンの秘密を暴露した行員の告白』著者 : エルヴェ・ファルチャーニ アンジェロ・ミンクッツィ(講談社)

タックスヘイブン(オフショ::オフショア投資)やパナマ文書に出てきたオフショアファンドって何?と疑問な人へ

この本の内容はHSBCを舞台として、プライベートバンク、タックスヘイブン(オフショア)、オフショアファンド(ヘッジファンド)、そして金融の歴史や米国の横暴さ加減などが詳しく書かれているので、今世界を騒がせている「パナマ文書」に通じ部分が多々あり、理解しやすい1冊です。

ちまたで流れている一連の新聞記事や日本の雑誌が面白おかしく取り上げた薄い情報とは大きく違います(メディアは視聴率やPVを増やしたいが為かマネロンなどの話題繋げますが・・・・)。

当然、オフショア(タックスヘイブン)は「完全に合法」で、もちろんそこに登記されて運用されている世界中のオフショアファンド、オフショア投資をしている世界中の個人投資家や世界の富裕層も合法的に資産運用をしています。

幸か不幸か「オフショア(タックスヘイブン)」というキーワードは2016年に非常に重要になりました。結果これら一連の流れから多くの個人投資家にとって、オフショア投資(ヘッジファンド投資)がより身近になったのは言うまでもありません。

そのような世界のオフショアファンド情報をこちらのメルマガ↓では適宜無料配信しています。

※オフショア投資メルマガ登録はこちら(無料)
(ページの一番下からメルマガ登録だけで最新情報をキャッチ)

きっとこれからますますオフショア投資への流れが加速していくことでしょう。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

安定的に絶好調!年間平均リターン13%台,リスクは1%台のミドルリターン型クレジット・ローン戦略のオフショアファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、絶好調に安定的な

記事を読む

オフショアファンドMTG(債券バブルリスクを抑えてリターンを得る投資)

こんにちは、眞原です。 今回は先週末にとあるオフショアファンド関係者とMTG(ミーティング)を

記事を読む

2016年ヘッジファンド悲喜こもごも、2017年は強気モードへの転換点(パフォーマスンス・ランキング)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、2016年の米国系ヘッジファンドの情報です。

記事を読む

2017年上期セミナー参加者の人気オフショアファンドランキング(東京、大阪、福岡)

こんにちは、眞原です。 今回は、2017年上期に(1〜7月末まで)日本国内にいると、中々入って

記事を読む

セミナー参加者回答、まとまった資金の投資先上位ランキング(オフショアファンド一括投資)

こんにちは、眞原です。 今回は、USD10,000(約110万円)やUSD100,000(約1

記事を読む

ヘッジファンドの英マン(Man Investments)の運用成績と投資の仕方

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ヘッジファンド(

記事を読む

3年満期の固定金利商品が年2%から年1.5%に下がる前に投資しておきましょう。【募集締切:7/16(土)】

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド

記事を読む

投資アドバイザーが投資したいオフショアファンドと個人投資家が投資したいオフショアファンド

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド(ヘッジファンド)情報。

記事を読む

Brexit決定後もプラス運用!2016年は「7%後半リターン」の債券系オフショアファンド(ヘッジファンド)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド(ヘッジファンド)情報です。

記事を読む

英ヘッジファンドManの株価は上がれど投資家のリターンは?Manには投資できなくとも、日本人個人投資家が投資可能なMan同様のマネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンド(ヘッジファンド)は存在する。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「これぞ海外投資ブ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑