オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

もうマイナンバーカードを受け取りましたか?(交付は申請者の3割どまり)〜資産フライトの流れは?〜

公開日: : 制度・規制・法律・金融政策

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は資産家に限らず多くの人が関心を寄せている「マイナンバー」について。過去にも何度もこのブログで取り上げているトピックですね。

※さぁ10月!いよいよ「マイナンバー」通知開始!〜資産把握≒増税+デノミ+預金封鎖への道〜/制度・規制・法律・金融政策

「個人情報の塊」と化していくマイナンバーですが、その管理体制の状況や個人が情報漏えいに対する防衛措置なんてことは二の次で、国民置いてけぼり政策だなぁと個人的には感じています。

個人情報漏洩の可能性は覚悟して過ごす方が、気持ちとしてはマシ?

もっか、日テレで約43万件の個人情報がHPの不正アクセスによって情報流出したというニュースが流れている最中ですが、もはや今の時代、個人情報は「漏れて当然」ということを覚悟しておいた方が良さそうですね。もはや漏洩は防ぎようがないのでしょうか。

もうマイナンバーカード受け取りましたか?交付は申請の3割どまり。資産フライトの流れは?(出典:日テレHP)

マイナンバーは容易に情報漏えいしないという国の見解や説明ですが、このように国内外ありとあらゆる一般企業でも頻繁に情報漏えいしている現実を見ると、誰しも不安にならざるを得ませんね。

※2016年導入(2015年10月通知)マイナンバー制度への懸念〜不倫SNSのアシュレイ・マディソン個人情報流出から考える〜/投資と社会事情の関係

マイナンバーカードの状況

さて、何かと物議を醸しだしている「マイナンバー制度」ですが、今年の1月から完全実施されて既に4ヵ月が経過しています。

国からの大号令(鳴り物入り)で開始されたマイナンバー制度にも関わらず、各自治体やシステム、企業の対応、そしてマイナンバーを交付される日本人個人にとって周知徹底や対応の遅れが非常に目立っています。

もうマイナンバーカード受け取りましたか?(交付は申請の3割どまり)〜資産フライトの流れは?〜(出典:総務省)

現在、988万枚のマイナンバーカード申請があり、うち953万枚は作成済みにも関わらず4/17時点で個人がマイナンバーカードを受け取った枚数は291万枚と申請者の29.4%にとどまっているようです。

背景にあるのは去る3月の平日午前9時半〜午後12時や午後2時台の時間帯で、各自治体からの「カード管理システム」へのアクセスが集中し接続しにくい状況が頻発、結果「カード管理システム障害(交付前設定での障害)」がネックとなり「マイナンバーカード」の個人への交付の遅れに繋がっているとのこと。

そんな中大号令を上げている総務省は、カードを交付する(交付前設定を行う)各自治体に対して「カード交付前の設定作業について、平日日中はシステムへのアクセス集中時間を控えるように。」と呼びかけているそうです。どうも現場を分かっていない霞が関と現場の温度差が色濃く出ている現状ですね。

マイナンバー(/マイナンバーカード)に続々とひも付け個人情報(予定&想定も含む)

最後にマイナンバー(/マイナンバーカード)に続々とひも付け個人情報をこちらで確認しておきましょう。

・戸籍、住所、氏名、年齢、顔写真、電話番号
・給与、銀行預貯金情報+証券口座情報、家族状況、保有不動産(評価額など)
・公共料金(電気、ガス、水道)
・納税関連(各種税金)
・年金関連(年金保険料や年金額、確定拠出年金(401k)履歴、健康保険)
・疾病情報(医療機関、医療費金額、持病、メタボ情報、ワクチン、産休、身体障害者手帳交付情報、介護保険の保険料など、生活保護情報など)
・雇用保険の失業給付、労災保険の給付など
・母子手帳交付、予防接種時期や種類、児童手当給付、奨学金情報など
・資格取得情報
・旅券情報
・NHK受信料徴収権
・クレジットカード履歴や購入履歴

など、続々と紐付け予定

今後も継続してあらゆる情報が紐づいて行くことは想定内なので、マイナンバーで「資産を国に把握されたくない人」が増加しているためか、タンス預金の増加や資産フライト(スイスプライベートバンクオフショア資産管理口座海外積立投資海外銀行口座などで海外に資産を預けている)も、確かに増加しています。

※一万円札8年ぶりの増刷とタンス預金の増加はマイナス金利が理由?〜マイナンバー制度と資産フライトの関係性〜 / 投資と社会事情の関係

(カバー写真:総務省)



オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1000万円以上のオフショア投資をより快適に、効率的に、身近なものにするためのツールです。

「海外口座」と「オフショア資産管理口座」の違い、メリット・デメリットについてまとめました。

関連記事

「休眠預金(銀行で動いていない口座)」が国に活用(?)されるらしい

こんにちは、眞原です。 タイトルの通り、 政府が「休眠預金口座(金融機関に預金として預け

記事を読む

5,000ドル突破のビットコインの出口戦略(USD資産へのコンバート方法)

こんにちは、眞原です。 今回は、ビットコイン(暗号通貨)について。 (出典:Bloomber

記事を読む

日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)

こんにちは、眞原です。 今回は、経済全般と金融政策のお話。 今週は久しぶりに綺麗に為替も

記事を読む

今の常識は今後の非常識!Bank of Amazon(アマゾン銀行)誕生?

こんにちは、眞原です。 今回は、こちらの気になるニュースから。   (出典:

記事を読む

さぁ10月!いよいよ「マイナンバー」通知開始!〜資産把握≒増税+デノミ+預金封鎖への道〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 いよいよ本日から10月と

記事を読む

2017年第一弾ターニングポイントとなるか!米国(FRB)の「利上げ」で「ドル高円安」加速へ?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は為替(USD/JPY)の情報。 いよいよ

記事を読む

ヘリコプターマネー(ヘリマネ)発動は日銀破綻へのトリガーに?(2018年〜2030年の日本国債クラッシュ懸念=円資産価値の減価)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「日銀の金融政策(

記事を読む

これから更に米株&米ドル高へ?トランプ政権のレパトリ税10%の好影響

こんにちは、眞原です。 トランプ大統領が押し進める「税制改正」が1つの山場を迎えています。

記事を読む

次期FRB議長はGary Cohn(ゲイリー・コーン)氏が最有力!

こんにちは、眞原です。 POLITICOという米国のジャーナリスト会社が大きく報じた次期FRB

記事を読む

投信運用をしている個人投資家への悲報!マイナス金利のせいで投資信託の基準価額が下がるそう!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本の証券会社や銀

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑