ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

英ポンド注意報!Brexit(英国のEU圏離脱)が現実化すると?

公開日: : 為替マーケット全般

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は特に英ポンド(GBP、£)資産に投資している個人投資家への情報です。

先ほど(4/14)に英中銀が政策金利を過去最低の0.5%で据え置きと同時に議事録を発表しました(据え置き決定は全会一致)。

英ポンド注意報!Brexit(英国のEU離脱)が現実化すると?(出典:BOE)

注目すべきは議事録要旨で確認された、この3点。

1.)(6/23の国民投票にて、英国がEU離脱(Brexit)を決定した場合)経済見通しの不透明な期間が長引き、短期的な需要を押し下げる可能性がある

2.)(6/23の国民投票にて、英国がEU離脱を決定した場合)英ポンド(GBP、£)などの資産価格に著しい影響も

3.)国民投票をめぐる不透明感から設備投資や商業用不動産販売を圧迫する幾つかの兆候がある(と、今回英中銀が初めて認める)

Brexitのおさらいはこちら↓

※Brexit(British+exit=英国のEU離脱)国民投票とGBP(英ポンド)を考える / 為替

英ポンド注意報!Brexit(英国のEU離脱)が現実化すると?6(出典:The Telegraph)

議事録要旨の原文の一部抜粋がこちら。

全部で9パラグラフあるうちBrexitに関して、上3点の記述が3パラグラフに分けて書いてあり今回の英中銀の「Brexitへの懸念点」の高まりを垣間見れたと思います。

英ポンド注意報!Brexit(英国のEU離脱)が現実化すると?2(出典:同上)

まして目下「パナマ文書」によって、Brexit阻止を目指しているキャメロン首相への辞任要求の高まりもあるので、6/23までの期間にキャメロン首相主導のもと、どこまで「Brexitの国民投票でEU圏に留まることを英国民に訴えられるか?」も不確かさを増しています。

※「パナマ文書(THE PANAMA PAPERS)」の何が問題か?オフショア(タックスヘイブン)とは?/投資と社会事情の関係

加えて、もし仮に6/23までにEU圏で無差別テロの発生(一部報道では6/10-7/10にパリで開催されるサッカートーナメント「ユーロ2016」をターゲットにしているという報道もあったり)や特にドイツ国内を騒がせている難民問題で何かしら問題が生じた場合には、6/23に国民投票を控える英国民の投票意識としては、「EU離脱へ」流れやすくなるというリスクも考慮に入れる必要はありそうです。

私は(英国のオフショアファンド(ヘッジファンド)マネージャーたちにヒアリングをする限り)最終的にはEU離脱は無いと想定していますが、とは言え、直近の英国の世論調査などではEU離脱賛成派と反対派が拮抗しているので、やはり国民投票(=政治的な動き)の結果は蓋を開けてみるまでは分かりません。投資家の判断としては、注意報発令というところでしょう。

もし例えばオフショアファンドなどで現在GBP資産へ投資中でBrexit(英国のEU離脱からのGBP価値下落)を心配している個人投資家がいれば、6/23までにGBP資産を手放しておくという考え方は、個人投資家としての1つのリスク管理です(このような判断を下すのも投資家としての自己責任)。

最後に、為替状況を確認しておきましょう。

<GBP/JPY 5年チャート>

英ポンド注意報!Brexit(英国のEU離脱)が現実化すると?3

<GBP/USD 5年チャート>

英ポンド注意報!Brexit(英国のEU離脱)が現実化すると?4

<GBP/EUR 5年チャート>

英ポンド注意報!Brexit(英国のEU離脱)が現実化すると?5

Brexit関連のニュースは今後増えてくると思うので、注意深く追っていきましょう。

(カバー写真:The Telegraph)



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

人民元(CNY)が対ドルで5年ぶりの安値圏へ(今後、アジア通貨も連安リスク)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は為替「人民元(CN

記事を読む

円安米ドル高に備えたい人へ送る「米国利上げ情報特集」〜9/18 FRBの利上げ判断はいかに?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は米国FOMC(米連

記事を読む

サプライズ!!2日連続で中国人民元の切り下げが!米国の利上げに暗雲立ち込める?賢い個人投資家の選択肢は??

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今年は何かと人民元はホッ

記事を読む

ビッグマック指数で見ると今後は「ドル安円高傾向」??

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は1つの参考指標「ビッグマック指数」から考える「

記事を読む

7月も続々と食品の値上げラッシュ!家計負担の重しには要注意!

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんに

記事を読む

輸出企業の円安ドル高予測を参考にして、個人投資家も円安ドル高による「円資産目減りリスク」に備えよう!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 特に今週のグローバルマー

記事を読む

日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)

こんにちは、眞原です。 今回は、経済全般と金融政策のお話。 今週は久しぶりに綺麗に為替も

記事を読む

今後の米ドル日本円の為替ってど〜なるの?通貨分散はリスク分散!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 世界的に「トランプ相場」と呼ばれる、トランプ次期大統

記事を読む

米国利上げ後、一旦はドル安円高へ?その後は長期で円安トレンド形成か!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 いよいよ来週12/15-

記事を読む

トランプ大統領演説を終え今後の米国やグローバルマーケットや為替動向や日本の事情をどう考えるか?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は世界(米国)マーケットに関して。 日本で

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑