K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

ほ〜らねっ!「65歳以上が高齢者という定義」変更で今後の年金受給年齢も変更へ!?

公開日: : みんなの年金問題

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、私たちの年金問題について。

案の定!来ました!

ずーーーーーっと私がこのブログで情報発信してきた通りに

※『もし私が政治家で今の年金制度をカタチ上で維持させるとしたら(もし年金!)』〜100歳以上の高齢者が6万人超で少子超高齢化社会の日本!〜/みんなの年金問題

とうとう本日(4/13)自民党の小泉 進次郎議員が「2020年以降の経済財政相委員会」にて

「『65歳からは高齢者』なんてもうやめよう 現役世代の定義そのものから変えていく」

という提言を行ったようです。

定年退職は死語、高齢者は75歳以上という定義変更の可能性?

ほ〜らねっ!「65歳以上は高齢者という定義の変更」で年金受給年齢も変更へ!1(出典:FNN)

この提言は、実に都合がいいですね(政府、年金基金にとって)。

つまり、高齢者(65歳以上)の定義を変更して、高齢者枠を狭めて「現役世代(過去に自民党案であがっていた75歳くらいまでを現役世代とするのかな?)」の枠を広げることで、上手く行けば「人口ボーナス期」が日本でもやってくるということでしょう??

そうすれば、

1.)高齢化社会も一発解決(移民入れなくても良いんじゃないか!という論へ)
2.)年金受給年齢を引き上げる事ができる(現行の年金制度維持、とりあえず薄く長く支払えるような体制へ、年金制度は(タカチ上)潰れない)

ということですね。

きっと、ゆくゆくは「定年退職」なんて言葉が死語になって、何歳でも「現役」時代がやって来るのでしょう。

現役世代の個人が今からすべき対策は積立投資(海外積立投資)

ということを想定して、現役世代のサラリーマンは今の生活を送らないと自分が老いた時にもっと大変になってきます。絶対に、今考えている「ライフプランニング」なんて、全くアテにならないと考えるべきです。

そうした中でも、今から誰でも出来る対策は、シンプルに『給与(所得)から月々一定金額を「積立投資」し続ける』ことです(私は、国内の投資信託の積立投資や401K(確定拠出年金)などよりも「海外積立投資」がもっとも増やせる方法だと分かっていますが、この際、なんでも良いです、とにかく「積立投資」を開始しましょう)。

というと「投資や資産運用はしたことがないし、リスクが、損をしたくない・・・」なーんてまずはネガティブに否定から入る人がいますが、そもそも資産運用だけでなく、物事には何でも「リスク」はつきものです。

究極を言えば、今働いている会社が破綻するリスクも、国が破綻するリスクも、明日、自分が死んでしまうかも知れない、というのも全て「リスク」です。

生きている中で「リスクが無いものなんて、この世に1つもない」のに、皆一様に「資産運用にはリスクが・・・」と甘いことを言います。

むしろ、そんなことを言って何も行動しない方が間違いなく勿体無いのは言うまでもなく(世の中で最も大切な)「自分が生きている時間」は絶対に戻ってこないのです。

現役世代に、その「時間」と月々の収入を無駄にしているということに気がついていない人があまりにも多過ぎます。

国が敷くレールに左右されない自分と家族の人生を

さて、上で見たように、政府(国)は、大多数の国民を置いてけぼりで進んでいきます。

ある意味で勝手に制度や法律や規制が変わっていて(特に最近は下記のように、いろいろと自由闊達に「解釈」で変更されていて)、

例:
憲法と集団的自衛権(憲法の解釈変更で集団的自衛権行使可能)
核兵器(核兵器は「必要最小限」なので使用可能)
ミサイル(ミサイルは「弾薬」なので提供可能)

など、解釈で様々これまでの私たちの「定義」が塗り替えられているという事実を踏まえていくべきでしょう。

「高齢者」の定義も、「解釈」次第でいかようにも変更はできるのはないでしょうか?

彼らが進めていることに対して「知らなかった!」「何も対策していなかった!」というのは、自分自身の「自己責任」です。

「漠然と不安」ではなにも解決しないので、自ら考え、行動するということが何よりも大切なのは言うまでもありません。

※「知識は本でも学べるが、勘は実戦で強くなる!」結局、資産運用は「学びながら走る(実践する)ことが何よりも重要」/格言(響く言葉)

(カバー写真:FNN)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

インド人口が2022年までに中国を抜いて世界最大になるらしい!一方、少子高齢化が止まらない日本の2050年(今から35年後)の「人口動態と年金制度」を考えた

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「人口動態と経済成

記事を読む

年金カット法案採決!「ゾンビ年金制度」で将来は安心か?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、年金制度問題について。 これまでも、い

記事を読む

「国難突破解散」と日本の財政と金融市場のお話(日本ソブリン債CDS急上昇)

こんにちは、眞原です。 今回は「日本の財政事情と金融市場」について。 先に日本の政治につ

記事を読む

2016年に生まれたこどもが100万人を初めて切る!続く人口減の中で年金制度への期待はほどほどに!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本人なら誰もが関係する「日本の人口動態と現行

記事を読む

追加の社会保険料率0.1%で「こども保険」実現へ?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「資産運用(投資)と社会事情の関係」です。

記事を読む

私たちの140兆円の公的年金のうち9.4兆円が吹き飛んだ?〜年金増減は個人意志とは無関係なので結局自分で年金プラスアルファ作りを!〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先日、日経新聞で「GPI

記事を読む

1億総活躍の第一弾!?高齢者の定義「70歳」へ変更?年金受給開始は75歳から?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、日本の年金問題&社会事情&高齢化社会について

記事を読む

50年後(2065年)の日本人口は8,808万人。単純計算で年間58万人ずつ人口が減少する日本の未来

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、本ブログでも何度も取り上げている「日本の人口

記事を読む

短期は意味なし?2015年度みんなの年金(GPIF)は、5兆3,098億円のマイナス運用(自分でも年金プラスアルファ老後資金準備はいち早く!)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 本日8/3の内閣総辞職(

記事を読む

世界166カ国1万3,000人のエクスパットが選ぶ「働きたい国/働きたくない国の世界ランキング」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外在住者向けコミュニティサイトInterNationsが行っ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑