オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

逆張り思考?ラブ・パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇するシグナル点灯中

公開日: : 資産運用の基礎、Q&A、基礎用語

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回取り上げるのは少しマニアックな逆張り指数の1つ「ラブ・パニック指数(BNP Pariba’s Love-Panic Index)」についてです。

逆張り思考?ラブ・パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇するシグナル点灯中1(出典:The Telegraph)

結論から言うと、

「S&P500指数はこれからまた40%程度上昇しそうなシグナルが点灯しているので(要は「市場価格は安いということで今後更なる高値を期待できるということ」)海外積立投資で、しかも元本確保型で積立投資しておきましょう」

ということです。

逆張りとは?

弊社では株式短期デイトレードやFXの投機についてのはご相談に対してアドバイスはしていないので、このギャンブル性の強い「逆張り」について言及することは少ないのですが、海外積立投資でS&P500指数に投資している投資家も多いはずなので今回は敢て取り上げてみました。

そもそも「逆張り」とは何なのか?ということから始めます。

逆張り思考?ラブ&パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇するシグナル点灯中1

人生においても好不調のサイクルがあるように、経済や株価にも一定のサイクルが存在します。それを信じるか信じないかはまた別次元の話なのですが、「そういうサイクルがある」という程度の認識で読み進めてください。

まず上の図で確認できるように経済や株価の動きにおいては、緑色(Expansion)、オレンジ色(Boom)、Peak(頂上)、赤色(Recession)、Trough(底)、青色(Recovery)、緑色(Expansion)というのが一定サイクルです。

多くの日本人個人投資家(特に短期思考な人)が陥るのは、本来は利益確定すべきタイミング(緑色(Expansion)、オレンジ色(Boom))にも関わらず、逆に買い増しをして、結果「売却・利益確定」をしません。むしろPeak(頂上)を越えて、赤色(Recession)に入ってから主観に流されて「売り急ごう」とします。

結果、「高く買って、安く売る」、ともっとも投資効率が悪い方法になります。。

さて「逆張り」とは、経済や株価や指数が下げている流れの中でその下げ止まりを予想して投資をし、それらが上昇した後に売って利益に変えようという手法のことです。

簡単にいうと「安くなったところを買え」です。

上の図で言うと赤色(Recession)、Trough(底)で投資をして青色(Recovery)、緑色(Expansion)で利益確定をするということです。

それが分かれば皆そうしてる!という声が当然聞こえてきますが、そもそも上昇している時に利益確定できないのはなぜでしょうか?

1.)もっと上昇するかも知れないという欲が勝る
2.)もともと推移を見ていない
3.)短期で投資をしていない

など色々あると思いますが、私が様々な個人投資家を見聞きしてきた中で圧倒的に多いのが、1.)の人がほとんどだからです。

例えば「年間リターンを10%」と設定して投資を始めたのに、10%以上になっても利益確定をしない。むしろもっと上がると主観に頼って下げ局面になって急に慌てて売却をしてしまう、という傾向にあるからです。オートマチックに何パーセント上昇したら売却する(利益確定・損切り)ルールを独自に持たない限り、永遠にマーケットの上下に左右され続けます。

2.)はやや問題ありですが、3.)は良い考え方です。

海外積立投資をしている投資家の考え方は基本的に3.)なので、短期の上げ下げを気にしても仕方ないということは下でも述べている通りです。

ラブ・パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇

ラブ・パニック指数というオモシロイ名前の参考指数があります。

これは資金動向や空売りの比率、売買高などのデータを追跡する典型的な「逆張り」を図る為の指数でBNP Paribas’sが出しています。

逆張り思考?ラブ&パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇するシグナル点灯中2

(出典:Bloomberg)

白色のチャートがBNP Paribas’sLove-panic Indexの推移で、上に行くほどLove(投資家の多くが「幸福状態」)にあって、下に行くほどPanic(「パニック状態」)というのを示しています。

そして、これは米国株(S&P500指数)の下落から反転、上昇へのシグナルで向こう6カ月に平均で40%余りの上昇が示唆されていると言われています。

<S&P500指数 6ヵ月チャート>

逆張り思考?ラブ&パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇するシグナル点灯中3

年始から下落局面だったS&P500において、多くの投資家がこの下落している局面で恐怖から売却を急いだ人が多かったと思います。

が、本来はそうではなく、むしろ投資しておく方が良いというのは下記の中長期チャートを見てもよく分かります。

<S&P500指数 5年チャート>

逆張り思考?ラブ&パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇するシグナル点灯中4

そして、まさに今はラブ・パニック指数(逆張り指数)が示しているようにS&P500指数はさらなる上昇があるようなので、今後を資産を築きたい個人投資家は海外積立投資で投資しておくべきタイミングでしょう。

(カバー写真:The Telegraph)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

資産運用は国家や会社と個人を切り離して考える必要がある(持株会の罠と通貨分散)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんに

記事を読む

投資初心者が「株式投資を止めておく方が良い理由」

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資初心者向けへの

記事を読む

個人投資家は、まず「米国金利動向」に注目せよ!〜米国債10年利回り長期推移チャート〜

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケット(世界)動向について。 株式マーケットで一喜一

記事を読む

2億円〜100万円未満まで投資金額ごとの投資アドバイザー眞原の中長期資産運用方法

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「私の資産運用方法

記事を読む

「資産運用」は大枠で見て考え実行していくことが大事

こんにちは、眞原です。 今回はザックリとした資産運用の基礎のお話。 資産運用をしている個

記事を読む

大口「投資の種(元手)」をつくるには?(これから資産を作る投資家がやるべき事)

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用初心者

記事を読む

行動ファイナンス入門(資産運用に戸惑う人の行動バイアス)

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用の基礎。 いつもの概念に近い古典的な「マクロ経済

記事を読む

「虎の子の資金(仮に失われて生活が困る資金)」は資産運用に回すべからず

こんにちは、眞原です。 今回は資産運用の基礎の考え方。 投資資金の「全て」が殖え続けるこ

記事を読む

未年のアノマリーは「戦争」。だからこそ個人投資家は積立投資でドルコスト平均法の活用を!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 どうして夏の終わりは少し

記事を読む

超基礎!為替通貨ペアの見方教えます!(コレさえ読めばUSDを中心に為替を考えられる!)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「資産運用基礎」編

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑