ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

各社ストラテジストによる2016年末の日本株式のターゲット見直しが相次ぐ

公開日: : 最終更新日:2016/05/08 マーケット(日本)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

先週末に各ストラテジストによる日本株価の見直しが相次いでいます。

とは言え、2015年5月時点でこのブログでも情報発信したように、個人投資家はそもそも彼らの予想ほど参考にしなくて良いのですが・・・

※日経平均株価が終値で15年ぶりに2万円台回復!(日本株に強気な方々)/マーケット(日本)

まず思い返してもらいたいのは2015年末時点の大納会終値、TOPIX:1,547.30pt、日経平均株価:1万9,033円71銭でした。上のブログでも書いていますが、5月時点で強気一辺倒だった各社のストラテジストたちは大外れ予想をしています。残念ながら「彼らプロの予想」を信じて退職金などの資金で投機を行った個人投資家も多かっただろうと思います・・・。

さて、直近の見直しで各証券会社アナリストと運用会社(ファンド)のファンドマネージャーの2016年末の予想がこちらへ変更(年始からも大幅変更)。

TOPIX:中央値1,800pt.
日経平均株価:2万2,500円

さらに、直近各社が出している見直しがこちら。

米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(阿部健児株式ストラテジスト)
TOPIX:1,750pt→1,520pt(16年末)
為替:1ドル=125円→115円(16年度平均ドル円前提)

シティグループ証券(飯塚尚己株式ストラテジスト)
TOPIX:1,650pt→1,500pt(16年末)
為替:1ドル=125円→115円(16年度平均ドル円前提)

SMBC日興証券
TOPIX:1,750pt→1,550pt(16年末)

ゴールドマン・ザックス証券
TOPIX:1,800pt→1,600pt(12ヵ月先の目標水準)

野村證券(松浦寿雄チーフストラテジスト)
日経平均株価:2万2,500−2万3,500円→1万9,000円−2万2,000円(16年末)

2015年には散々強気に「2万2,000円台」と言っていたにも関わらず、大幅な下方修正をしている各社ですね。

為替も同様です。

※金融機関の為替相場(USD/JPY)予想一覧(2016年2月時点)/為替

このように修正に修正を加えて正当化してくる短期予想こそアテに出来ず、個人投資家も同様に特に中長期での資産運用においては、短期で予想しても無駄というのは上で書いた通りです。

まして一応「プロ」の彼らがこれだけ大幅な修正をせざるを得ない状況で、素人や初心者投資家が「投資初心者なので日本株に投資しようかと思っています」とか「FXを始めようと思っています」というのはいかに無謀であってギャンブルや短期志向の投機でしかないというのもよく分かると思います。

だからこそ投資初心者こそ 海外積立投資をするのが最も効率的な中長期での資産運用だというのは間違いありません。

※相場が良くとも悪くとも「買い推奨」の証券マン!もしアナタが「資産運用初心者」なら迷わず「積立投資」をすれば良い/野村證券物語

さて、そんな日本の株式推移が2008年の金融危機時(リーマン・ショック時)前の動きに酷似してきているというのが話題になっています。

各ストラテジストによる日本株の2016年末のターゲット見直しが相次ぐ

(出典:Bloomberg)

青色:日経平均株価(2007年5月〜2008年4月)
白色:日経平均株価(2015年5月〜2016年2月)

2007年がどういう時期だったかと思い返すと、当時のFRBによって米国金利を2007年9月に切り下げられたのですが「時既に遅し」の状況で、そこからは誰もが知っている金融危機(リーマン・ショック)へ繋がっていったという「金利変動の影響」が色濃く現れた時でした。

当時の動きとチャートの推移として酷似してきているというのでマーケットでは警戒感も出てきているようです。

2016年年始から世界株の調整が起こりMSCIワールドインデックスが7.7%安水準で、さらにワースト上位国では

ギリシャ
イタリア
中国
日本(17%安)

となっている状況です。

年始に私も様々なビックリ予想していますが、今年は引き続き非常に荒れそうな予感ですね。

※2016年ビックリ予想(ー短期株価予測と為替予測は単なるギャンブルー) / マーケット(世界)

(カバー写真:Bloomberg)



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

日本株が資産としてダメな理由と日本国債クラッシュへの備えをしておいた方が良い理由

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 年が明けて成人の日が終わり、受験生はそろそろセンター

記事を読む

賛否両論!真の狙いは自社の都合の良い株主を増やすため?トヨタ自動車が発行する「種類株(AA型種類株)」とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ内容はトヨタ

記事を読む

日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)

こんにちは、眞原です。 今回は、経済全般と金融政策のお話。 今週は久しぶりに綺麗に為替も

記事を読む

日銀保有の日本株式EFT累計額は8.9兆円で保有率59%!〜作られた日本株式市場〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本マーケットにつ

記事を読む

演出されてきた株高!日経平均株価は433円の下落でついに昨年末終値を下回る!〜上げ下げに振り回されない資産運用を〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(日本)

記事を読む

資産株にならない日本郵政3社(日本郵政/ゆうちょ銀/かんぽ生命)株式!資産形成は海外積立投資!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は久しぶりに「日本株」について。 今日のニ

記事を読む

日経平均株価一時800円超の下落!誰かが言った・・・日経平均株価20,000円台は「買い」です!と。短期の上げ下げに賭けるのはもう止めませんか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(日本)

記事を読む

長期株価上昇要因なき「日本郵政株(6178)」に投資する前に読んでみよう

こんにちは、眞原です。 今回は久しぶりの「日本株式(日本郵政株式の公募売り出し)」について。

記事を読む

楽天(4755)、公募増資で1,880~2,000億円を調達!想定水準までの下落。株価「希薄化」の意味とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事のカ

記事を読む

皆が強気!さぁ、日本株はバブルへ一直線!「いつ売るの?、今でしょ!」

 こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事は

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑