オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

ヘッジファンドの英マン(Man Investments)の運用成績と投資の仕方

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、ヘッジファンド(オフショアファンド)情報です。

オフショアファンドへ投資している個人投資家であれば、当然のように知っているヘッジファンド業界で有名な1つであるManグループのヘッジファンドについてです。以前もこのブログで取り上げて情報を発信していますね。

※英ヘッジファンドManの株価は上がれど投資家のリターンは?Manには投資できなくとも、日本人個人投資家が投資可能なMan同様のマネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンド(ヘッジファンド)は存在する。 / ヘッジファンド(オフショアファンド)情報

さて、今回は上のブログ情報(2015年7月)とは違い、「英マン、2015年通期純利益が4億ドルに減少」というニュースが流れています。

ヘッジファンドの英マン(Man Investments)の運用成績と投資の仕方(出典:Bloomberg)

2014年の4億8,100万ドル(約540億円)の税引前利益が、2015年は4億ドル(約450億円)に減少したというニュースです(数字を確認すると単に2014年が良すぎただけなのですが・・・)。大きな要因は成績連動型の手数料収入が減少したことのようです。

では実際、マンの代表的な(有名な)ヘッジファンド(オフショアファンド)であるMan AHL Diversified(Guernsey)のパフォーマンス推移を確認してみましょう。Factsheet(運用報告書)はどんな個人投資家でも取得しようと思えば簡単に確認できます。

ヘッジファンドの英マン(Man Investments)の運用成績と投資の仕方1

Man Groupについて知らないという個人投資家の為にお伝えすると、ManGroupは英ロンドン市場に上場しているヘッジファンドです。もちろんかつては日本の個人投資家でも「直接投資」として投資ができていましたが、日本の金融鎖国のせいで今や直接投資では投資できないヘッジファンドの1つになっています。

という理由もあってか、日本人個人投資家でも馴染みがあります。

それでは、パフォーマンスを確認してみましょう。

ヘッジファンドの英マン(Man Investments)の運用成績と投資の仕方2

運用開始は2008年3月、約8年間のトラックレコードがあります。

2008年:+27.25%
2009年:−16.65%
2010年:+16.10%
2011年:−6.37%
2012年:−1.27%
2013年:−2.66%
2014年:+33.93%
2015年:−2.68%
2016年:+4.27%(1月時点)

年間の騰落率だけで見ると3勝5負と負け越していますが、トータルターンでは「+48.3%」年間では最低5%は確保して運用できている計算になります。

チャートで見るとこちら。

ヘッジファンドの英マン(Man Investments)の運用成績と投資の仕方3

マーケット全体が下落局面においてもヘッジファンド資産では運用戦略上(マネージド・フューチャーズ戦略)このように上昇していくのは過去の事実としてトラックレコードが示しています。

つまり、日本人のほとんどの個人投資家が投資できていないアセットクラスがヘッジファンドやオルタナティブ(代替資産)という、私達がオフショアファンド(海外ファンド)と呼んでいる資産なのです。

こういう資産クラスへは、もちろん海外の個人投資家は当然のように自分の投資資産ポートフォリオの1つに組み入れています。まして、中長期で伸びゆく資産としても、且つ下落リスクヘッジとして投資ができる資産だからです。

詳細がこちら

ヘッジファンドの英マン(Man Investments)の運用成績と投資の仕方4

年間平均リターン(Annualised return):5.20%
年間平均リスク(Annualised volatility):13.93%

悪いときでも−18.92%程度の下落で済んでいます。

前述しているように「直接投資」では、日本人個人投資家は既に受け付けてくれません(投資できません)。

それでも、日本の金融鎖国とは大きく違うオフショア投資(海外投資)では、もちろんManへ投資する方法はいくらでもあります(オフショア資産管理口座海外積立投資スイスプライベートバンクのプラットフォームを使うなど)。

またもちろんManだけでなく、より優秀なパフォーマンス推移のマネージド・フューチャーズ戦略のヘッジファンド(オフショアファンド)に当然のように投資ができます。

1998年の外為法改正以降、個人投資家が「オフショア投資(海外投資)」することは当然「合法」かつ開かれた扉です。「日本で投資できる商品(日本の投資信託、株式、債券、ETF、仕組債)、積立投資などが、資産運用(投資)の全て」とは絶対に考えない方が良いです。

世界は(オフショア)は広く「当然(オフショアから日本へ金融の仕組みが入ってきているにも関わらず、)当局の規制によって、残念ながら個人投資家が儲からない仕組み、そして金融機関が一丸となって「これが投資(実際には短期売買の投機)」という誤ったセールスをする構造」になっているという事実に個人投資家はいち早く気づく方が良いと思います。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

米金融誌バロンズが選ぶ2017年版世界トップ100ヘッジファンド(「あのオフショアファンドもランクイン!」)

こんにちは、眞原です。 私は投資アドバイザーとして、慌ててこのヘッジファンドマネージャでありC

記事を読む

ヘッジファンドマネージャーの話とオーストラリア経済

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今、オーストラリ

記事を読む

2016年好パフォーマンスなオフショアファンド(ヘッジファンド)上位ランキング

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 2016年、年の瀬ということもあり、昨日本日が年内最

記事を読む

オフショアファンドMTG(オフショア資産管理口座からしか投資できない海外仕組債)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、オフショアファン

記事を読む

2016年、老舗マルチストラテジー戦略ヘッジファンドは過去最高の+15.29%リターン

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、オフショアファンド(ヘッジファンド)情報です

記事を読む

Brexitも無関係!6月リターンがプラス18.54%のマネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンド(ヘッジファンド)の実力!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド

記事を読む

オフショアファンドMTG(日本人個人投資家の特徴とヘッジファンド資産とオルタナティブ資産の違い)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 オフショアファンド関連でのMTGで大体いつも話題に上

記事を読む

ヘッジファンドManやWintonがディープラーニングのAI(人工知能)のトレーディングを開始か?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、ヘッジファンド業界で刻一刻と動いている「AI

記事を読む

年間平均リターン7%後半、リスク0.28%のマイクロファイナンスファンド

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、オフショアファンド(オルタナティブ)のアップ

記事を読む

2017年既にプラス17%台のロング(買建)オンリーのオフショアファンドは利確タイミング?

こんにちは、眞原です。 今回はオフショアファンド情報です。 以前にも取り上げた「ロング(

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑