K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

海外在住者は必見!「非居住者が行う国外送金手続とマイナンバーについて」(内閣府情報)

公開日: : 最終更新日:2016/03/16 制度・規制・法律・金融政策

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は特に、日本の様々なリスク(富裕層の抱えるリスク、原発や地震リスク、デフォルトリスクなど)を避けている国外在住者、海外で一旗を上げて活躍している日本人起業家たち、バックパッカーや日本の資源調達で日の丸を背負う商社マン、日本の素晴らしい技術を世界へ売り込んでいるメーカー勤務の駐在員など、海外居住者に関わる情報です。

※富裕層2万人への課税強化10の選定基準−The Stream of Tax The Rich− / 制度・規制・法律・金融政策

非居住者が行う国外送金手続とマイナンバーについて(内閣府情報)1(出典:WSJ)

マイナンバーを持たないから海外送金が出来ない!という噂

ここ数日で某ブロガー記事によって上記の噂が流れ瞬く間に拡散していましたが、それを抑えこむような形で2/22に国側(内閣府と金融庁)が情報を出してきました。

金融機関における非居住者が行う国外送金手続とマイナンバーについて。

非居住者が行う国外送金手続とマイナンバーについて(内閣府情報)(出典:内閣官房HP)

簡単にまとめると、

海外在住の国内非居住者がマイナンバーを持たないことのみを理由として。

・金融機関が国内の預貯金口座への送金や送金された金銭の払い出しを拒否することはない

ということのようです。

それでも、国内在住者から海外居住者になった場合で、国内に送金する場合には、

・金融機関に対して海外に住所があることを正式に届け出る必要がある
・金融機関がもともと国内居住者向けに限定しているサービスは利用不可

など、実質的に「マイナンバーを持たない非居住者に対する嫌がらせ的な(サービスの不公平)状況になる」というのは変わり無さそうです。

はい、ハッキリ言って「日本国内の金融機関(というよりも、きっと◯◯庁の一声による)横並びサービス」にしか過ぎないなという印象です。

海外の銀行口座ではあり得ない状況です。「これぞ、金融鎖国(かつての銀行護送船団)」です。

今後、証券口座もマイナンバー制度に紐付けされ、ありとあらゆる情報が紐づけされていくことでしょう。

※さぁ10月!いよいよ「マイナンバー」通知開始!〜資産把握≒増税+デノミ+預金封鎖への道〜 / 制度・規制・法律・金融政策

諸外国も導入している番号制制度自体を否定するつもりは全くありませんが、それらとは本質的に異なる日本のマイナンバー制度は「なんでもかんでも個人情報を紐付けしやり過ぎ」の丸裸政策です。また、番号制制度を導入することで、本来行政側の効率化が図られるはずなのでそれまでの所々に携わってきた公務員は削減されるべきなはずです。が、現実はきっとそうでないでしょう。

まるでイギリスの作家ジョージ・オーウェルの『1984(nighteen Eighty-Four)』に描かれているような「ザ・管理監視社会(全体主義的・管理主義的社会)」になっていきますね。

只でさえ、様々な情報管理がなされている中で、

※富裕層を狙い撃ちの「出国税」スタート!網を張り、富裕層日本人を国外へ出さない仕組みで、ガラパゴス化を促進中! / 制度・規制・法律・金融政策

※2014年国外財産調書結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える / 制度・規制・法律・金融政策

上で確認したように「海外居住者」への風当たりも強めらています。

さすがに送金できないというようにしてしまうのは、外交官や大使館関連の人たちが国外にいるから問題になるということなのでしょうけれど・・・。

同じアジアでもグローバルな金融センターでもあるシンガポールや香港では国を越え出稼ぎ労働に来ている多民族国家なので、日々海外送金を自由に自国にしている(もしくは受け取っている)開かれたグローバル金融サービスや国のあり方が見て取れます。

一方同じアジアでも日本の場合は、今後益々人口が減っていき介護サービスなどでも移民受け入れを積極化させるべきかどうかの議論もある中で、金融鎖国の国内金融機関(当局)は、完全に時代やグローバル金融サービスの逆を行っています。

当然グローバル金融では当たり前の「オフショア投資」の情報が、日本の個人投資家に入ってくる訳もなく、また全くグローバル金融に触れていないリテールサイドの国内の証券マンや銀行員が知る由も無く、グローバルな金融サービス(投資機会)を得られない個人投資家の多くが機会損失を被っているのは当然だなと強く思います。

このまま「管理・監視」が強くなっていく社会においては、ゆくゆくは何かと理由や法律、規制を作ってマイナンバー制度を活用して「貯蓄税」なども始めるのではないかと危惧します・・・。

※貯蓄税とは?〜もし私が政治家であったなら「貯蓄税」を導入する〜 / 制度・規制・法律・金融政策

(カバー写真:WSJ)



海外口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

国家破綻→預金封鎖を回避するには、日本国外に資産を置いておくことです。
リスクを取って資産を増やす必要はありません。
ただ置いておくだけでいいのです。

海外(オフショア)口座開設のメリット、デメリット、日本にいながらにして開設可能な海外口座をまとめました。

関連記事

「マイナンバー」+「共謀罪法(嘗ての治安維持法)」=「個人資産没収を強行可能にする最終奥義」

こんにちは、眞原です。 今日という日(2017年6月15日)は、今後日本の歴史を振り返る時にタ

記事を読む

米国「政府機関閉鎖+債務上限引き上げ失敗」と「メキシコ国境に壁を作るか」のチキンレース?

こんにちは、眞原です。 明日から9月ですが、どうやら9月のグローバルマーケットは「荒れそう」な

記事を読む

2017年は米利上げ加速へ!利上げ実施で「ドル高円安」は継続、円資産目減りへの備え

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 本日(12/14)日本時間未明に2016年最後の大イ

記事を読む

今月限定!国内で最グローバル銀行サービス提供中のSMBC信託銀行(旧Citibank)で為替手数料無料!

こんにちは、眞原です。 今回は、珍しく日本の銀行を取り上げてみたいと思います。 日本国内

記事を読む

2018年1月から開始される積立NISA(つみたてNISA)ってなにーさ?(海外積立投資との比較付)

こんにちは、眞原です。 国主導でこのような新しい資産運用の制度が開始される度に思うのは、きっと

記事を読む

富裕層を狙い撃ちの「出国税」スタート!網を張り、富裕層日本人を国外へ出さない仕組みで、ガラパゴス化を促進中!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 2015年もいよいよ下期

記事を読む

金融安定に重要な銀行番付でJPモルガンが首位で次点にHSBC、邦銀は10位圏外。正直、日本国債暴落リスクよりも怖いのは金融システムの破壊リスク。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 去る4日に米財務省金融調

記事を読む

日本も2018年に発動、海外口座の多国間情報交換制度(海外資産の丸裸政策)−Automatic Exchange of Financial Account Information in Tax matters-

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2018年から正式

記事を読む

信託銀行の「孫への教育資金贈与で非課税」1兆円突破!ジュニアNISAでも資金取り込みを狙う金融機関!所得格差と資産把握が進行中!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 どうやら「祖父母が孫に教

記事を読む

家にプリンターが無くてもnetprintでプリントアウトする方法

こんにちは、眞原です。 今回は、自宅にプリンターを持っていない人へのプチ役立ち情報。 普

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑