K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

米国株S&P500インデックスへの投資〜中長期投資の重要性〜

公開日: : マーケット(世界)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、米国株式市場(S&P500指数)について。

目先、米国株式指数(S&P500指数)も下落調整を余儀なくされていますが、現在米国企業は10−12月期の企業決算シーズン中です。

ここでは個別銘柄についての言及はしませんが、既に3/4を越える企業がアナリスト予想を上回る利益を発表しています(アナリスト予想:S&P500種採用企業の10−12月期決算は、4.5%減益且つ続く2四半期も減益予想)。セクター別に言及すると特に下げがキツいのが銀行セクターで年初から約13%下げている状況です。

直近、私は某ヘッジファンドマネージャーとのミーティングに参加してきて、現状のS&P500指数銘柄についての情報を得てきました。

米国株(S&P500)指数の年初来の動きは?

米国株に投資している個人投資家も多いにも関わらず、実際に日経平均株価やTOPIXと比較するとS&P500の動きを確認している個人投資家は少ない印象を受けるので、今回ここで少しまとめようと思います。

<S&P500指数 年初来パフォーマンス推移>

米国株S&P500インデックスへの投資〜企業決算期の米国企業業績は堅調なのか軟調なのか〜1(出典:某ヘッジファンドファンド提供)

赤色が下落、緑色が上昇を示しています。色が濃い方がその分変化率が大きくなっています。

結果、2016年年初から好調なパフォーマンスなのは、Utilities(一般消費財・サービス)Telecom(通信)セクターとなっています。他は真っ赤(下落)です。

チャートで確認するとこちら。

<S&P500 Index 年初来チャート>

米国株S&P500インデックスへの投資〜企業決算期の米国企業業績は堅調なのか軟調なのか〜2(出典:Bloomberg)

2016年年初からは約9%下落して推移しています。目先では、とにかく「売れ!」という様子です。

中長期で伸びゆく「資産」としての、米国株(S&P500指数)

では、直近の動きを見て米国株式(S&P500指数)に対してネガティブになる必要があるのでしょうか?

もちろん短期的にみれば、下落ばかりじゃないか!という声が聞こえますが、5年や10年以上などの中長期で見ればどうでしょう?

<S&P500 Index 5年チャート>

Screen Shot 2016-02-12 at 21.26.18(出典:同上)

「木を見て森を見ず」という言葉があるように、上で確認したような短期での下落は当然ですが、一方の中長期で見てこれほど緩やかに右肩上がりの上昇を続けている米国株式指数(S&P500指数)というのが客観的な事実です(2011年9月から2015年5月の高値までで+91%の上昇を見せています)。

「過去は過去だ!」という声も一理あります。

が、過去何度も大幅な下落調整をした上で、力強く伸び続けているのが米国株式指数(S&P500指数)なのは周知の事実です。

<S&P500指数 1976年〜2016年チャート>

米国株S&P500インデックスへの投資〜企業決算期の米国企業業績は堅調なのか軟調なのか〜4(出典:Google Finance)

日経平均株価(日本経済)と違い、S&P500指数は「最高値」を追い続けている(=米国経済が成長し続けている)というのが分かります。

このような株式指数こそコツコツと中長期でそして140%元本確保型の海外積立投資で投資し続けることで「資産」を築くことに繋がります。

また、米国株(S&P500)を支えて上昇に寄与しているのは、米国の若いジェネレーションY(ミレニアル世代:1981−97年生まれの世代の総称)というのはマーケット関係者であれば当然のように言われていることです。

※『アメリカ株(S&P500)の上昇、それはジェネレーション交代の産物である!』について

株式指数なので、必ず上げ下げがありますが、あくまで冷静に過去の状況、そしてこれからを踏まえて中長期投資を心がけたいものです。

(カバー写真:某ヘッジファンドファンド提供)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

レアルに投資している個人投資家は注目!ブラジルが09年以来の最大の利下げ実施(11.25%へ)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ブラジル・レアルの情報です。 ブラジル

記事を読む

「戦争サイクルと経済クラッシュサイクル」に備える資産運用方法は?(景気循環サイクルとの関係性)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 明日、明後日が2016年

記事を読む

野村證券発表、2017年のマーケット・リスク(グレー・スワン)10項目

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)情報で、野村證券による「グレ

記事を読む

米国利上げ観測と中国経済の関係〜世界各国GDPの観点から海外積立投資で中長期投資を心がける〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)

記事を読む

第1回フランス大統領選挙後にユーロ高になった理由は?(次期フランス大統領は5/7に決定)

こんにちは、眞原です。 落ち着きを取り戻している為か、今週初め(4/23)にフランスであった第

記事を読む

テスラ(Tesla)の時価総額が遂にGMを抜き北米最大手自動車会社へ

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はNasdaq市場(米国株式市場)に上場している

記事を読む

攻めの姿勢を貫くイーロン・マスクCEO!テスラ モーターズが5億ドル(約620億円)の公募増資決定!〜「新たな世界(投資機会)」を拡げるには今の常識から脱すること〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 電気自動車メーカーのトッ

記事を読む

8月3週目の世界的株安パニックを5つのポイントでズバッと解説!〜超金融緩和サイクルの終わりの始まり〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、先週末マーケット

記事を読む

世界経済成長エンジンのシフト!新興国資産を持っている投資家がすべき米国利上げへの備えとは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「マーケット(世界

記事を読む

「資産運用」は大枠で見て考え実行していくことが大事

こんにちは、眞原です。 今回はザックリとした資産運用の基礎のお話。 資産運用をしている個

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑