ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

確定拠出年金(401K)とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

確定拠出年金(401K)のお問合せやご相談が増えて来ているので、こちらのブログでも確定拠出年金(401K)についての情報を発信していこうと思います。「確定拠出年金(401K)」も資産運用の1つであるということに皆さん、ようやく徐々に気付き始めたのでしょうか(苦笑)。

さて、確定拠出年金(401K)とは?という基礎的な部分から情報発信していきます。

確定拠出年金(401K)とは?

確定拠出年金(401K)とは、国民年金(基礎年金)プラスアルファで「自己責任での3階建部分の年金」というものです。

具体的に図式で見る方が分かりやすいので個人型確定拠出年金のHPから図を拝借。

確定拠出年金(401K)とは?(出典:個人型確定拠出年金HP)

1階部分は皆さん払っている国民年金(基礎年金)です。払っていない人はきっとマイナンバー制度で払っていないのを把握され、なおかつ銀行口座も紐付けされて「預金がこんなにあるんだから、未納部分を一括で支払った上、今後はちゃんと年金を払いなさい」というような通達や行政の流れになってくると容易に想像できます。

※さぁ10月!いよいよ「マイナンバー」通知開始!〜資産把握≒増税+デノミ+預金封鎖への道〜 / 制度・規制・法律

とは言え「40代後半以下の世代では払い損だ」というような報道もあるように、この年金だけじゃ退職後(老後)は現役時代と同じような生活水準は厳しいですよ〜といういう中で出てきたのが確定拠出年金。ようは「国だけの年金運用だけでなく、個人の自己責任のもとで確定拠出年金制度によって自分で何とか増やしてもらおう」という考えですね。

※特に40代以下世代で年金制度を信じられない人が老後資金を備えた方が良い理由〜GPIF(年金基金)大損の可能性〜/みんなの年金問題

話を戻すと、上の図の2階建部分は「厚生年金保険」と「共済年金」で、さらに上の3階部分に当たるのが確定拠出年金(401K)です。

ざっくり言ってしまえば「企業または個人が拠出した掛金を運用し、老後に給付を受ける年金制度(年金額は運用次第なので未確定)」というものです。

加入している企業も年々増加傾向にありますが、実際に自分の確定拠出年金(401K)の運用状況を把握している人やポートフォリオをきちんと組んでいる人(加入者)の方が圧倒的に少ないというのが私見です。

そもそも「全然増えていない!」と嘆いている人に限って「元本確保型」のMRF(マネー・リザーブ・ファンド)のような金利が微々たるものを積み立てているという現実があります。自分自身の運用なので、適宜見直していく必要がありますが、選べるファンドも限られていたり、日本で販売されている増えない投資信託(ミューチャル・ファンド)の二番煎じのものが多いので結果的に増えにくいというのは言うまでもありません・・・。

次回以降、詳しく見ていきましょう。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

徐々にマーケット・クラッシュを期待し始める投資家(逆張り思考)

こんにちは、眞原です。 今回は、中長期資産運用の基礎の考え方について。 特に海外積立投資

記事を読む

グローバルREITオープン(資産成長型)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investme

記事を読む

投資のソムリエ

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

ニーサ活用が進まない理由

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のでテーマは『ニーサ

記事を読む

だから中長期ドルコスト平均法で海外積立投資!資産ごとの騰落率を確認!(2007年〜2016年)

こんにちは、眞原です。 今回は、月々ドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資をしている

記事を読む

グローバル・インデックス・バランス・ファンド(愛称:投資生活)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)↓↓↓ こんにちは、K2 Investmen

記事を読む

NISA(少額投資非課税制度)恒久化を検討〜個人の資産形成を促進?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、NISA(少額投

記事を読む

2018年1月から開始される積立NISA(つみたてNISA)ってなにーさ?(海外積立投資との比較付)

こんにちは、眞原です。 国主導でこのような新しい資産運用の制度が開始される度に思うのは、きっと

記事を読む

「若さ(退職までの長い時間)」は積立投資で最大の武器になる

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用初心者の為の情報です。 これから「資産運用を始め

記事を読む

【投資信託(ファンド)解説】トレンド・アロケーション・オープン(モーニングスター ファンド オブ ザ イヤー2014)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログではモーニン

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑