オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

ATMを使ってFirst Hawaiian Bankへ入金する方法

公開日: : HSBC香港・海外口座活用

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は海外銀行口座の1つFirst Hawaiian Bankについて、ハワイ現地でFirst Hawaiian Bankへ入金する方法について情報をお伝えします。

口座開設については、

※預金封鎖・デノミ対策の一環!First Hawaiian Bank口座開設サポート/HSBC香港・海外口座活用

をご参照ください。

ATMを使ってFirst Hawaiian Bankへ入金する方法1

さて、First Hawaiian BankのバンクカードにはDebitカードのMaster Cardが付随されていますが、カード決済の引き落とし口座はChecking Account(当座預金口座)です。なので、Checking Accountの残高不足になるとDebitカードが使えなくなります。そんな時にはChecking Accountへ入金する必要が出てきます。

国外からの場合には単に自分のFirst Hawaiian Bankの口座へ海外送金をすれば良いですが、現地に長期滞在していて入金する場合もありますね。

もちろん支店の窓口にてキャッシュを持参して、そのまま入金手続きが出来ます。

その際の手続きに必要なものは、

•バンクカード
•ID(パスポートなど)
•キャッシュと各入金カード(記載せずとも行員が窓口で記載してくれる)

です。

また、現地のATMから入金することもできますが、この場合は少し勝手が違います。

ATMを使ってFirst Hawaiian Bankへ入金する方法2
現地のATMには備え付けで、写真のような封筒があり、その封筒の各項目と各入金カードを記載し、封筒の中にそれらと共にキャッシュを入れてATMに入れるという手続きになります(ATMに直接キャッシュを入れて入金は出来ない模様)。

なので、現地のATMから入金する場合には、

•バンクカード
•記載済みの封筒の中に、入金するキャッシュと各入金カード

が必要になります。

現地のATMを使って入金する場合には、間違えてそのままキャッシュを入金しないように気をつけましょう。



海外口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

国家破綻→預金封鎖を回避するには、日本国外に資産を置いておくことです。
リスクを取って資産を増やす必要はありません。
ただ置いておくだけでいいのです。

海外(オフショア)口座開設のメリット、デメリット、日本にいながらにして開設可能な海外口座をまとめました。

関連記事

HSBC香港のオンラインページがリニューアルされたってYO!

こんにちは、眞原です。 HSBC香港に口座を持っている方は必読です。 HSBC香港のオンライ

記事を読む

HSBC香港口座ログイン方法がちょこっと変わりました(+口座凍結への対処方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はHSBC香港口座の

記事を読む

HSBC香港のセキュリティデバイス(PIN Codeの初期設定方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「HSBC香港口座

記事を読む

中国銀行(BANK OF CHINA)口座開設 in 深セン&香港ドルの豆知識

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 10月から始まるマインバ

記事を読む

写真で見るHSBC香港の歴史

こんにちは、眞原です。 今回は香港ライフ編。 オフショア投資や海外積立投資をするにあたっ

記事を読む

HSBC香港、2017年3月末からVoice ID(音声認証システム)始めるってよ!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、HSBC香港口座情報。 こちら香港の地

記事を読む

「HSBC香港、移動式銀行(匯豐流動銀行)はじめました!」(HSBC香港のサービス)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、HSBC香港情報

記事を読む

First Hawaiian Bankの大口現金入金方法(預金封鎖/デノミ対策を考える人)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 預金封鎖やデノミ対策でよ

記事を読む

海外発行カードでゆうちょ銀行ATM利用時の手数料徴収について

こんにちは、眞原です。 今回は、海外銀行口座(例えば、HSBC香港、StandardChart

記事を読む

中国銀行(BANK OF CHINA)口座開設 in 深セン(実践編)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 前回記述した中国銀行(B

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑