オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

2016年導入(2015年10月通知)マイナンバー制度への懸念〜不倫SNSのアシュレイ・マディソン個人情報流出から考える〜

公開日: : 投資と社会事情の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、番号通知まであと1ヶ月余りとなっているマイナンバー制度について。

これに絡めて・・・直近世界を震撼させている大手不倫SNS「Ashley Madison(アシュレイ・マディソン)」の個人情報流出にも触れてみます。

カナダ大手の同サイトはハッキング被害を受けて3,700万人の会員アカウント情報が流出し、さらに恐喝などの二次被害を発生しているという情報が流れています。終いにはスペインのtecnilogicaという企業が、下記のような世界中の会員の分布図なるものを公開しています。

Screen Shot 2015-08-26 at 17.30.59(出典:Malfideleco)

男性会員85%以上が、地図上の赤色で示されている場所にいて、85%未満は黄色で表記されているそうです。(黄色箇所は女性会員が相対的に多いということになりますが、全体でみると圧倒的に「男性会員」が多いということです。)

こちらが日本の分布図

Screen Shot 2015-08-26 at 17.51.57(出典:同上)

会員登録をしている人は戦々恐々としているでしょうけれど、これは不倫サイト上だからこそまだ何とかイチ企業の問題として(且つ自発的に登録した会員個人の問題)ですが、強制的に加入せざるを得ない個人情報が「漏れる」というのも大いに想定しておかなければならないのでは?と考えました。

そうです、それは10月から番号が通知され始め、2016年から導入される「マイナンバー制度」です。

そもそも「情報は漏れる」という前提に立てば、事故で漏れた時に「(ある意味)致し方ない(本来は決して致し方ない事ではないのですが・・・)」と考えられますが、マイナンバーは日本国民丸裸番号制度と言っても過言ではない(他国のマイナンバー制度ではひも付けされない情報が日本では多々紐付けされる)ので、事故であれ故意であれ決して漏れてはいけない非常にセンシティブな個人情報ということではないでしょうか?

※マイナンバー通知2ヶ月前!それでも行政管理の情報がまたダダ漏れ。「お願いだから今後マイナンバー制度で紐付け予定の資産情報(銀行口座や証券口座)や医療情報は絶対に漏れないようにして貰いたい!」と誰もが切に思うのでは?/投資と社会事情の関係

まして(最近ニュースの話題に中々上ってきませんが)直近の年金情報流出問題では「組織の一体感や職員の使命感が欠けていたことなどが被害拡大を招いた」と内部調査委員会が報告していますが「安心して個人情報を預けられない状況」の中でマイナンバー制度が始まるようです。

Screen Shot 2015-08-26 at 17.59.20(出典:産経ニュース 2015/ 8/20)

ハッカー攻撃をしてくる方が悪いと言えばそれまでで、もはやマイナンバー制度が導入される以上は国民は何も出来ない訳ですが・・・、年金情報やアシュレイ・マディソンのように「流出しちゃいました」では済まないようなマイナンバー制度です。

例えば(最悪を想定すると)

・「資産情報(銀行、証券情報など)」→仮にマイナンバー情報が流出したら、その人個人や子ども孫を含む一族の資産情報などがダダ漏れになりますね。

※信託銀行の「孫への教育資金贈与で非課税」1兆円突破!ジュニアNISAでも資金取り込みを狙う金融機関!所得格差と資産把握が進行中!/制度・規制・法律

・「医療情報(持病、疾病など)や戸籍情報」→仮にマイナンバー情報が流出したら、その人の生命に関わる情報や偏見に繋がりかねないような誤った情報などがダダ漏れになりますね。

・「所得情報」→仮にマイナンバー情報が流出したら、個人の所得も丸裸になりますね。

マイナンバー制度の導入自体は行政の効率化や利便性向上に繋がるものの、日本のマイナンバー制度は「あらゆる情報を紐付けにする(予定)」なので非常にリスキーだと私は思います。

個人だけでリスク管理ができれば良いものの第三者(行政職員)が絡めば必ず「情報流出に繋がるリスク(可能性)」は高まる訳で、ハッカー攻撃を防げなかったからこそ事実大事な年金情報が漏れたり、過去にはその個人情報が大事に扱われていなかったから「宙に浮いた年金や消えた年金」問題が発生したのですから・・・。

※続々と個人情報が紐付けされる「マイナンバー制度」のアップデート情報!(2015年5月末時点)/ 投資と社会事情の関係

何はともあれ、マイナンバー制度導入後、ハッカーが攻撃して絶対に流出しないことを心底願うばかりです。

(カバー写真:Ashley Madison HPより)

 

 



オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1000万円以上のオフショア投資をより快適に、効率的に、身近なものにするためのツールです。

「海外口座」と「オフショア資産管理口座」の違い、メリット・デメリットについてまとめました。

関連記事

6月の実質賃金は対前年比マイナス2.9%!実質賃金が増えないのに「お金が貯まってから資産運用を始める」は完全に誤った考え方。老後資金を貯める為にも月々少額から金利がつく資産運用を考えよう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は指標面から考え、個

記事を読む

子を持つ父親は必見!年収1,000万円以上は「教育パパ」が急増のよう!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 つい先日、東洋経済Onlineで興味深い記事が掲載さ

記事を読む

初!国民医療費40兆円突破!高齢化と人口減の日本社会で現役世代の負担増と保障減は必至!〜老後医療も年金も自己責任〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は直接「みんなの年金問題

記事を読む

続々と個人情報が紐付けされる「マイナンバー制度」のアップデート情報!(2015年5月末時点)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2015年10月交付、

記事を読む

ハードブレグジットは不可避!英国のBrexitほぼ決定(EU離脱)まとめ

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 昨晩、英国のメイ首相がBrexit(英国のEU離脱に

記事を読む

「貯蓄(資産形成)」が出来ない人が読んだ方が良い内容(欧州圏とアメリカの貯蓄事情比較)

こんにちは、真原です。 今年1月にオランダの保険会社INGから興味深いレポートが発行されていた

記事を読む

ブラジル人の金融マンから聞いたブラジル経済について〜国家を信じないからこその資産防衛方法〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログは『ブラジル

記事を読む

きっと今後も外国人労働者移民を受け入れ難い日本経済や日本円は没落していくでしょう〜円資産(国)と個人の資産分離の考え方〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「日本の人口減と日

記事を読む

米国「政府機関閉鎖+債務上限引き上げ失敗」と「メキシコ国境に壁を作るか」のチキンレース?

こんにちは、眞原です。 明日から9月ですが、どうやら9月のグローバルマーケットは「荒れそう」な

記事を読む

J-REITの官製相場第2弾!金融庁指導で今度は地銀が買い漁る!個人投資家は要注意!

こんにちは、眞原です。 今回は、J-REITに投資している個人投資家への情報です。 ここ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑