ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

3期ぶりに日本のGDPがマイナス圏へ!実質賃金が増えないので個人消費が増えるはずもなく、それでも今後さらなる増税へ。しかし老後は確実にやってくる(現役世代からの積立投資で備えを)

公開日: : 投資と社会事情の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は日本経済動向について触れながら、これからの時代を生きる若い世代(特に40代後半以下の世代)は、自ら決断しいち早く自らの資産形成(海外積立投資など月々一定金額の積立投資)をした方が良いとのでは?という問題提起です。

去る17日に日本の4−6月期の経済成長率(GDP)速報値の発表がありました。

3期ぶりにGDPはマイナス圏へ(速報値)

Screen Shot 2015-08-20 at 23.28.09(出典:ANN NEWS)

結果、前期比年率1.6%マイナスと3期ぶりとマイナス成長となったということ。(速報値)

その主な要因は「個人消費」と「輸出」の低迷とのこと。GDPうちの60%は個人消費が占めている日本経済ですが、この個人消費が0.8%マイナス、設備投資も0.1%マイナス、公共投資2.6%増加(→税金)。在庫寄与度(0.1ptプラス)、外需寄与度0.3ptマイナス。

アベノミクスと金融緩和での株高演出

細かい数字について分からなくとも問題ないですが、ようは2013年からの「アベノミクス(大胆な金融緩和、機動的な財政政策、成長戦略)」を掲げたこの2年間の中間成果がコレだということです。

実際、まともに進んでいるのは、当時安倍首相が推進しようとした経済政策ではなく、反原発を掲げていた自民党の真逆を行う原発再稼働、さらに(内閣解釈で推し進めているであろう)安保法案、など当初国民が期待してきた事とは大きくかけ離れている訳です。

アベノミクス?名ばかりの失策でしょうと思ってしましますよね。

「いやいやい、日経平均株価が上がったじゃないか?」

という声が聞こえてきそうです。

そりゃ上がります。あれだけ積極的に日銀が金融緩和を行い(FRBやECBですら同じように量的緩和を行って絶対に買っていないリスク資産の)日経平均株価ETFや不動産投資信託(REIT)を買い続け、GPIF(年金)改革と言って、国債比率を下げて日本株式比率を高め、日本郵政を11月に上場させるべく国債比率を下げ、株式などのリスク資産へ向かわせるように進めている現状なのですから。

株価が上昇しても多くの国民生活(総和)が豊かにならなければ意味がありません。

Screen Shot 2015-08-20 at 23.27.57(出典:同上)

17日の会見にて甘利経済再生担当大臣は「景気は緩やかに回復していくことを見込んでいる」と言っていますが、そのGDPの60%は個人消費です。目下、低迷中です。

Screen Shot 2015-08-20 at 23.28.21(出典:同上)

事実、2年2ヶ月間も実質賃金が上がらない国民がややインフレ気味な中「どうやって消費を積極的に行う」のでしょうか?この時点で経済のロジックがむちゃむちゃになっている訳です。

※『6月の実質賃金は対前年比マイナス2.9%!実質賃金が増えないのに「お金が貯まってから資産運用を始める」は完全に誤った考え方。老後資金を貯める為にも月々少額から金利がつく資産運用を考えよう/投資と社会事情の関係』

客観的な国が出している数字として「実質賃金」が2年2ヶ月間増加していないにも関わらず甘利大臣が云うように「景気が回復する」ウルトラC!なんて存在しない訳です。(戦争勃発で「特需景気」になるのであれば話は別でしょうけれど・・・。)

2015年以降も増税方向、社会保障カットは続く

GDPは増加しない=国として発展しない=国民は豊かになっていない(ジリ貧)な中、それでも私たちは日々生活をしていかなければいけません。にも関わらず「国は借金を返す(という名目)」で、引き続き増税を行いまた社会保障をカットしてくるでしょう。

冷静に考えて今後、大幅な「減税」と「手厚い年金など(社会保障)」を、財政が苦しい(??)日本が出来ますか?今を耐えればそういう明るい日本経済や自分自身の未来に期待できるのでしょうか?

甘利経済再生担当大臣は会見で『消費者の間に「食料品の値上がりが大きいので、実質収入が減っているという肌感覚がある。肌感覚の物価上昇があるにせよ、賃上げがそれを凌駕するという期待が持てる経済にすることが重要だ」』と語ったとの事ですが、

現状の日本と世界経済を考えると・・・・
・実質賃金は継続して約2年間連続で減少中
・やや円安インフレ気味
・年金制度自体の信任問題(情報流出)
・社会保障カット継続
・増税で家計負担増
・中国経済失速、株式バブル崩壊?
・世界経済(新興国経済)失速
です。

今の退職者世代までは「年金+アルファの資金」でなんとか今後をやりくり可能だと思います。

ただ、もしそれ以下の世代で今の退職者世代と同じような「退職後(老後)の青写真」を描いているとすれば、相当ポジティブな人か経済ロジックが通らない国の情報を鵜呑みにして「うんうん、国が私たちの老後の面倒を見てくれる」という人だと思います。

現在、60代以下(特に40代後半以下の世代)の現役世代にとって、月々の収入から少額でもコツコツとどれだけ将来(退職後)に向けて備えるかで(資産運用をしていくかで)先々の未来が変わると言っても過言ではないでしょう。

(カバー写真:ANN NEWS)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

消費増税は何のため?アベノミクスの嘘!みんな、少しは怒っても良いのでは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は消費増税(5%→8

記事を読む

一万円札8年ぶりの増刷とタンス預金の増加はマイナス金利が理由?〜マイナンバー制度と資産フライトの関係性〜

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 数日前にNHKなどでニ

記事を読む

個人投資家が「超富裕層動向」を知っておくべき理由(WORLD WEALTH REPORT 2015より)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は毎年「超富裕層・富

記事を読む

2030年代、消費税25%が必要だってよ!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は某シンクタンクから発表

記事を読む

一人ひとりの私生活に直結する2015年世界情勢リスクと国内情勢をナナメヨミ〜自分の頭で考え行動する時代〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は個人投資家の誰もが

記事を読む

現実的に言うと消費税10%以上は既定路線、それでも老後はやってくる!だからこそ現役時代からコツコツ積立投資で備えましょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、日本に住む日本人

記事を読む

「貯蓄(資産形成)」が出来ない人が読んだ方が良い内容(欧州圏とアメリカの貯蓄事情比較)

こんにちは、真原です。 今年1月にオランダの保険会社INGから興味深いレポートが発行されていた

記事を読む

子を持つ父親は必見!年収1,000万円以上は「教育パパ」が急増のよう!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 つい先日、東洋経済Onlineで興味深い記事が掲載さ

記事を読む

大好きな人との「デート代」がかさむ国&都市ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外情報と物価感覚を磨く情報。 海外居住者でも、海外中長

記事を読む

新アベノミクス(アベノミクス2.0)を発表も、当たらぬ矢を何本増やすのか?〜老後資金は自分で何とかしよう〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「新アベノミクス3

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑