K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

SMBC日興証券から新規設定販売のグローバル・ロボティクス株式ファンドへの投資はして良いですか?

公開日: : 最終更新日:2015/08/09 資産運用Q&A

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は「資産運用Q&A」というカテゴリーで、Q&A方式で回答しています。

<Q.>(8/5)

SMBC日興証券から新しく販売されるグローバル・ロボティクス株式ファンドというものを証券マンから勧められています。
今後、ロボット関連の成長が期待されているということです。

現在保有しているファンドがマイナスということもあり、新しく購入することに躊躇しています。
ご意見をお聞かせ下さい。

<A.>

はじめまして、K2 Investment の眞原と申します。
ご質問にお答え致します。

まず、ファンドの商品性について、ブログでまとまているので、併せてこちらもご覧ください。

※グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型/年2回決算型)/SMBC日興証券)について

ロボット関連企業については既に数年前から言われていることです。また新規設定なので、どのような銘柄が組入られているのかが不明瞭でパフォーマンス推移も分からないままなので、敢て新規設定時から投資する理由は特に無いと思います。また基本的に(今回は分配金が出るファンド設定ですが)株式ファンドの場合は値上がり益(キャピタル・ゲイン)確定するようなファンドです。

さらに、実際どのようなファンドに投資されているか分かりませんが、現在投資されているファンドがマイナスということについてお伝えすると、現在は世界株上昇基調(特に先進国)や為替水準としても円安ドル高(つまり為替変動があるファンドにはポジティブ材料)にも関わらずファンドがマイナスというのは、単に運用が上手く行っていないという事が大いに想定できるます。そういうファンドに関しては損切りをするタイミングかも知れないので、そういう点も踏まえて中長期で資産運用される方が良いのではないでしょうか。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

『野村證券から様々な商品を熱心に勧めれていますが、1,000万円程度をどのように分散して運用すべきか分かりません』(女性)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際に頂いたご相談

記事を読む

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型) について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事

記事を読む

戦争(有事)、ハイパーインフレ、資産課税、デノミネーションからの「資産防衛方法」とは?(「タンス預金?米ドル?金?」)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aにつ

記事を読む

将来の孫の教育資金援助ために、今の海外積立投資に追加して海外積立投資を始めたい。

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外積立投資を既に始めている方からのQ&am

記事を読む

「野村ファンドラップは良い商品でしょうか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&A方

記事を読む

NISA積立投資と401k(個人型確定拠出年金)での積み立て投資について

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「NISA積立投資と401k(個人型確定拠出年

記事を読む

「ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配金)のパフォーマンス推移と原油価格&為替の関係」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&Aへ

記事を読む

「アジア好利回りリート・ファンド」から「グローバル・ロボティクス株式ファンド」への乗り換え販売提案をされているがどうでしょうか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際に弊社クライン

記事を読む

海外積立投資をするのに海外銀行口座は必要ですか?

こんにちは、眞原です。 今回は実際にご質問頂いた内容について、Q&A方式で。

記事を読む

「東京海上・ニッポン世界債券ファンド(2013年5月購入)を解約すべきかどうか?」について

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&A

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑