ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

「知識は本でも学べるが、勘は実戦で強くなる!」結局、資産運用は「学びながら走る(実践する)ことが何よりも重要」

公開日: : 格言(響く言葉)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は「格言シリーズ」です。

Screen Shot 2015-08-01 at 20.25.28

その格言とは、

知識は本でも学べるが、勘は実戦で強くなる!

もともと相場格言(株式の短期売買)ですが、中長期での資産運用を始める個人投資家や『これから資産運用を始める初心者』にとって大切な格言です。

この格言の意味は、

『マーケット(資産運用)をする上での知識は本やネット情報から得られるものの、その知識を活用して投資家自身が最終的な判断をするのは、実際にマーケット(資産運用)での「実践経験で培った勘」も重要なので、知識の習得はもちろんのこと、実践を数多く経験することで勘を磨くということも大切である』

ということ。

私は様々な「投資家」に出逢ってきて相談を受けてきていますが、中には「私は初心者なので、まずは資産運用の勉強しようと思います」と言って、無為に時間を過ごす人を沢山見てきました。そして、私の経験上では、そのような「勉強好きの考えの人」に共通するのは「自分自身でリスクを取れない(責任を自分で持ちたくない)、勉強をして満足感を得る」という考え方です。

また同時に「勉強」をすれば「損をしない」「間違えない」「判断できる」と勘違いしているのかと思いますが、「勉強したから」といって必ずしも「運用成果に繋がる」ということはありません。むしろ「勉強もしながら、実際に資産運用を始める方」の方が、主体的に学ぼう、情報を得よう、何とかしようと前向きに考える傾向が強いので、その「リスクを取っている」結果が付いてきています。

格言の意味のように、マーケット(資産運用)は「知識」でどうにかなる部分は限られていて、実際に自分でリスクを取ってマイナスやプラスになりながらも経験値を積み、マーケット(資産運用)に対峙することで養われる勘が重要になってくるというのは間違いありません。名だたる著名投資家(ウォーレン・バフェット氏)ですら、過去には様々なプラスマイナスなどの経験を得てきた上で今の彼の投資哲学(投資理論)が構築されている訳です。

(※ここで言う「リスク」とは、資産運用における上下のブレ(ボラティリティ)に資金を投じることで、その結果の「リターンを得る」という意味。一方、銀行預金は1,000万円までのペイオフであればノーリスクなので、預貯金は元本保証でリスクゼロです。)

マーケットは生き物と言われるように、日々また刻一刻と変化し続け一期一会の価格形成です。そんな中で理論を学ぶのは大切ですが「勉強しているだけ」では資産は全く増えず、たんに「2度と戻らない時間を無駄」にしている可能性が大きいのが事実です。(勉強しているだけでは、もちろん減りもしませんが、減らしたくないなら全く増えない預貯金しかない訳で、資産運用でリターンを得るには「リスク」を取るしかありません。)

結局、資産運用だけに当てはまるものではないですが、全てにおいて(特に新しい事に挑むにあたっては)「学びながら、走る(実践する)、そして修正する」しかないものだと思います。誰にとっても有限な『時間』は2度と戻ってこないのですから。

(カバー写真:CNBC)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

知識への投資は常に最高の利息がついてくる〜ベンジャミン・グレアム〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 本日は、相場格言(著名投

記事を読む

「明日やろうは馬鹿野郎なんだよ!」by 山P!これは資産運用のみならず全ての判断や行動へ通じる言葉。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先日、友人と飲んでいる時

記事を読む

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく・・・さて、利益確定していますか?

こんにちは、K2 Investmwent 投資アドバイザーの眞原です。 日経平均株価が約18年

記事を読む

日本経済や日本社会構造そして資産運用の大局観を掴む上で必読の2冊

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、経済全般(特に日本経済)にまつわる2冊の書籍

記事を読む

戦わざる者は勝たず(心配性な個人投資家へ贈る格言)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、格言シリーズ。

記事を読む

Is the glass half full or half empty?(楽観的か悲観的か、資産運用の考え方)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はアメリカ人よく使う

記事を読む

株に感情なく、真の主役は数字である

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、マーケッ

記事を読む

頭と尻尾はくれてやれ(損切り、利益確定、スイッチング、リバランス)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は久しぶりに格言シリ

記事を読む

噂で買って、事実で売れ

おはようございます、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「格言シリーズ」。 昨日金曜日の

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑