ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

英ヘッジファンドManの株価は上がれど投資家のリターンは?Manには投資できなくとも、日本人個人投資家が投資可能なMan同様のマネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンド(ヘッジファンド)は存在する。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は「これぞ海外投資ブログ!」という意味も込めて、ヘッジファンド(オフショアファンド)情報です。

Bloomberg記事で気になる記事が上がっていたので、お伝えします。

英国上場ヘッジファンド、マン社(Man Investments)

日本の個人投資家に馴染みがあるヘッジファンド(オフショアファンド)の1つでもあるMan GroupのMan社(マン社)。

それもそのはず、ロンドン市場に上場しているからです。上場ヘッジファンド運用会社としては世界最大規模です。

このようにオフショア(海外)の外国人投資家の間では当然のようにリスクを抑えた運用資産の1つとして挙げられるヘッジファンド(オフショアファンド)にも関わらず、日本の『鎖国状態の金融(資産運用)』の世界においては「ヘッジファンド(オフショアファンド)って何?」から始まる訳ですね。

オフショアファンドについてはこちら

さて、Bloombergではこのような記事でした。

Screen Shot 2015-07-29 at 18.06.42(出典:Bloomberg)

1−6月期決算(上期)発表について、調整後税引前利益が2億8,000万ドル(約350億円:前年同期1億4,800万ドル)とほぼ2倍に増えたという内容でした。この結果、マンの株価は上昇となっています。

日本人個人投資家が多く投資しているMan AHLのパフォーマンス推移

今はもう既にどれだけ投資したいと渇望しても決して日本人個人投資家が直接投資できないManグループのヘッジファンド(オフショアファンド)です。これもそれも『金融鎖国下』にある日本の資産運用環境では投資家の為にならないとManグループが判断した為、日本マーケットから撤退(せざるを得なかった)というのが正しいでしょう。

パフォーマンス推移(1998年12月〜2015年6月まで)

Screen Shot 2015-07-29 at 18.01.32紆余曲折ありながらも17年間運用されている老舗のヘッジファンド(オフショアファンド)の1つです。

昨年は大きくパフォーマンスを改善させたものの、2015年になってからはまた振るっていないという状況になっています。

Factsheet(運用報告書)のパフォーマンス数字(右端のYTDが年間リターン)

Screen Shot 2015-07-29 at 18.02.242014年のYTDは30.20%と大幅に改善し過去最高のパフォーマンス推移でした。特に2011年以降マイナス運用続きだったのでなおさら「おお!ようやく」という印象でした。残念なが2015年は半分過ぎたものの株価は上昇していてもパフォーマンスとしては苦戦している状況です。

Screen Shot 2015-07-29 at 18.01.42特に「Annualised return(年間平均リターン)」は8.37%(リスクは14.49%)と17年間の運用成果で平均的に毎年このリターンを上げているということです。日本の投資信託(ミューチャル・ファンド)で同様の安定したリターンを上げ続けているファンドがあるでしょうか?ヘッジファンドの「ヘッジ」はリスクを「回避する」という意味なので、結局は「売建て」などによってリスクを抑えた運用をしています。結果、ポートフォリオに組み入れる方が全体のリスクを抑えられることに繋がります。これがグローバルな資産運用の1つの方法です。

Man AHLは運用において「マネージド・フューチャーズ戦略」を採用していますが、その投資対象は株式、債券(金利)、為替、コモディティ(原油・貴金・農作物など)の上場先物やオプションに投資をします。コンピューターを駆使してマーケットの方向感(トレンド)を掴んで、そのトレンドを追随して絶対収益型(上げでも下げでも)リターンを上げる戦略を指します。上のFactsheet(運用報告書)のパフォーマンス数字を見ても分かるように2008年からの金融危機時に大きなリターンを上げたことでこの戦略が有名になりました。

今は既に日本人投資家はManに投資できないと上で記載した通りですがオフショア(海外)には、例えば同様のマネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンドは多数存在します。日本人個人投資にとっても、それらの正しいオフショアファンド(ヘッジファンド)情報を知って行動するかどうかによって、2度と戻ってこない時間(長期間、Manのような17年間など)における運用パフォーマンスに大きな差が生まれるのは間違いありません。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

投資アドバイザーが投資したいオフショアファンドと個人投資家が投資したいオフショアファンド

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド(ヘッジファンド)情報。

記事を読む

Brexit交渉でメイ英政権は混乱か?それでも英国債券ヘッジファンド(オフショアファンド)は既に5%以上プラスと絶好調!

こんにちは、眞原です。 今回は、英国債券オフショアファンド(ヘッジファンド)について。

記事を読む

資産運用や保険や相続(お金の悩み)を考え、実行する為に必須な6つの事柄

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 米国本土にて投資/フィナンシャルアドバイザー向けの金

記事を読む

セミナー参加者回答、まとまった資金の投資先上位ランキング(オフショアファンド一括投資)

こんにちは、眞原です。 今回は、USD10,000(約110万円)やUSD100,000(約1

記事を読む

年間平均リターン7%後半、リスク0.28%のマイクロファイナンスファンド

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、オフショアファンド(オルタナティブ)のアップ

記事を読む

オフショアファンドMTG(日本人個人投資家もオフショア金融サービスで投資できる時代)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド

記事を読む

「元本確保型ファンド」という運用方法はオフショアファンドでは「一般的」な運用方法

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド

記事を読む

2016年に+20.99%リターンのオフショアファンド(リスクヘッジ向け投資)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2016年7月時点に情報発信していたオフショア

記事を読む

マーケット不安心理の高まりからリターンを得るオフショアファンド(ヘッジファンド)は既に+7%リターンで好調を維持

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はヘッジファンド(オフショアファンド)情報です。

記事を読む

2016年のリターンは既に24%超、13年間の運用成果はプラス157%のマネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外投資ブログの名

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑