オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

個人投資家が「超富裕層動向」を知っておくべき理由(WORLD WEALTH REPORT 2015より)

公開日: : 投資と社会事情の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は毎年「超富裕層・富裕層」動向を探る「WORLD WEALTH REPORT 2015」から情報を発信します。

Screen Shot 2015-07-22 at 15.27.33(出典:WORLD WEALTH REPORT 2015)

このレポートは、世界中の23市場5,100人以上の「お金持ち(富裕層)=世界中の1%の人たち」を調査してまとめられているレポートで、毎年この層の動向を調査している興味深いレポートです。またレポート中に出てくる「HNWI」とは「High-networth individuals」の略で日本語に当てはめると「高額(正味)財産を持つ個人」でしょうか。

少し具体的に見てみましょう。

2009−2014年のHNWIの人口推移と地域別の増加

Screen Shot 2015-07-22 at 16.19.49直近2014年を見ると、

・HNWIは、世界中で約1,460万人いる
・アジア(469万人:+8.5%)、北米(468万人:+8.3%)

2012-2017年のHNWIの資産推移と地域別の増加

Screen Shot 2015-07-22 at 15.30.412014年で見ると、

・HNWIの合計資産は、56兆4,000億ドル(約7,000兆円)
・アジア(16兆8,000億ドル=約2,100兆円)、北米(16兆2,000億ドル=2,000兆円)

2017年までに(予測)では、

・年間7.7%増加し、HNWIの合計資産は70兆ドル(約8,750兆円)を突破する見込み
・継続してアジアの伸び率(+10.3%)が拡大していく見込み

富裕層の中の超富裕層(Ultra-HNWIs)が、全世界の金持ちの富の35%をもっている

レポートから原文を抜粋

Screen Shot 2015-07-22 at 18.50.14(一部抜粋出典:同上、加工)

赤線を引いている箇所がポイントで「全てのHNWIの1.0%(つまり、HNWIは世界人口の1%なので、さらにその1%)がUltra-HNWIsと呼ばれHNWIsの富のおよそ35%を持っている」とのこと。

そして、彼ら(Ultra-HNWIs)が政策や投資、経済に対して不相応なほどの影響力を持っていると指摘されています。

今資産を築いている個人投資家が「富裕層動向」を知っておくべき理由

このような超富裕層に関する話になると「私は関係ないわ!」と思われるかも知れません。

ただ、よくよく考えるべきは「このような富裕層が「世界経済へ何かしら影響を与えている」」ということです。例えば米国大統領選挙なんて顕著な例です。自らに有利な施策をしてくれる大統領候補者に対して政治献金をすることで、後方支援という名のもとに彼らが大統領になった暁にはそれなりの見返りを期待するというのが当然でしょう。

また、このブログには載せていませんが、HNWIsの資産ポートフォリオ(今は株式の保有益が最上位=オーナー系の持株など)は非常に参考になります。具体的にはオフショアファンド(ヘッジファンド)オルタナティブ資産配分、債券比率などを含め、どのような地域へのアセットアロケーションを組んでいるのか?などです。

この一部の富を持つ層が「世界経済や世界政治」をある意味で動かしている(多大な影響力を持つ)という世界構造が変わらない以上、今から資産を築く個人投資家であっても彼らの動向に注視しつつも参考にすべきでしょう。

(カバー写真:WORLD WEALTH REPORT 2015)



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

5,000ドル突破のビットコインの出口戦略(USD資産へのコンバート方法)

こんにちは、眞原です。 今回は、ビットコイン(暗号通貨)について。 (出典:Bloomber

記事を読む

婚姻届やパスポート発給にもマイナンバーが必要に?

こんにちは、眞原です。 今回は日本在住者(日本に住所がある人)すべての人に関連する「マイナンバ

記事を読む

マイナンバー制度と銀行預金情報の紐付けが成立!国民の資産把握が着々と進む?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は何度もこのブログで

記事を読む

投資資本 × 生産性 × 人口増加 = 国の発展(GDPの増加)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 昨晩、同世代20代後半〜

記事を読む

3,600億円のオスプレイ(宛名は日本政府)は「今後の増税+社会保障(年金など)カット」に繋がるのか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本の社会事情(や

記事を読む

50年後(2065年)の日本人口は8,808万人。単純計算で年間58万人ずつ人口が減少する日本の未来

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、本ブログでも何度も取り上げている「日本の人口

記事を読む

世界で「米国債」の最大保有国はどこだ!(世界パワーバランスは通貨バランス)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、米国債についての情報。 米国債の最大保有国

記事を読む

現実的に言うと消費税10%以上は既定路線、それでも老後はやってくる!だからこそ現役時代からコツコツ積立投資で備えましょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、日本に住む日本人

記事を読む

タンス預金が78兆円を突破!でも、新円切替リスクには未対応では?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「タンス預金が78兆円を突破!」というニュース

記事を読む

1世帯の金融資産が過去最高の1,798万円でも、16年前から続く銀行預金ゼロ金利のままでは増えるワケがない。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は総務省発表データか

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑