K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

【為替】コーヒー好きに朗報?投資家には涙?ブラジルレアル下落は「国家・通貨への信用」を意味している。

公開日: : 為替マーケット全般

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は「為替(ブラジルレアル)」と「コーヒー豆」と「通貨(国)への信用」について。ブラジルレアルの投資信託(ファンド)で運用している個人投資家は多いので為替情報をキャッチしましょう。

さて、コーヒー好きの読者の方いますか?
私はカフェイン中毒並に大好きなので、毎日コーヒーを飲まないとやってられません(苦笑)

さて、そんなコーヒーを輸出している国々はどこでしょうか?
主には南米です。例えば、コロンビア、グアテマラ、そしてブラジルなど。

そんな南米の一角であるブラジルですが、直近国内で政治汚職などを発端に100万人を越えるデモ行進があったことが記憶に新しく、ブラジル国内では「インフレーション(ブラジルレアル通貨安)」の進行に歯止めが掛かりません。

Screen Shot 2015-04-08 at 17.21.22通貨安になるとどういうことが起こるかといえば「通貨安→輸入物価の上昇(インフレ)→消費停滞→企業収益圧迫→所得増加せず→消費停滞→デフレやスタグフレーション(景気低迷)」という流れになります。一方の輸出業者(ここではコーヒー業者は通貨安(レアル安)の方が利益が大きくなるのでウハウハな訳です。例えば、円安になるとトヨタ自動車はウハウハですね?同じ原理です。)

<コーヒー豆価格の推移>

Screen Shot 2015-04-08 at 17.18.58
(出展:世界経済のネタ帳)

最高品種の水洗式アラビカ種ですが2011年に高値を付けて大きく下落そして2014年10月にはブラジルの乾燥気候によって上昇、改めて直近下落傾向になっています。それにも関わらず、国内のコーヒーに目を向けると、4月1日からネスレがレギュラーコーヒーを平均価格20%UPして販売していたり、スターバックスも値上げをしていますね。日本の場合も、円安ドル高になっているのでコスト転嫁の為に商品の値上げをしています。

通貨安(レアル安)はブラジル経済にとってネガティブですがコーヒー輸出産業についてはポジティブ、と難しい舵取りの中にあります。そういう状況を反映するとブラジル経済は今、大変な時期を迎えていると言っても過言ではありません。

ブラジル経済や政治に対して危機感を抱くブラジル国民の多くは自国通貨レアルを資産として信用していないので、クレジットカードから資産移転出来る海外積立投資を通じてUSD資産でブラジル国外へ資産を逃しているというのが現実があります。

一方、日本人の多くは日本の政府や通貨を信じている?ためか危機感が乏しい印象を受けますが、ブラジル国民が自分たちの資産を守ろうとする考え方は「インフレの恐怖=レアルが使えなくなるリスク(通貨安へのヘッジ)」の例として実に分かりやすいのではないでしょうか。

個人的には美味しいコーヒーを安く飲みたいですが、ブラジル国内経済を考えるとそうは望めないですね・・・・。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

5年間で対ドル30%超の円安に!それはつまり1,000万円が700万円になったこと。円資産目減りを防ぐ方法は?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ内容は「為替

記事を読む

【為替】生活品目の値上がり=年収の減少!(円安によるインフレの怖さ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「円安によって生じる生

記事を読む

英ポンド(GBP)は安値圏、混迷極めるBrexitの行方はいかに?(通貨分散の重要性)

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケット全般(英国ポンド/GBP)について。 2016

記事を読む

輸出企業の円安ドル高予測を参考にして、個人投資家も円安ドル高による「円資産目減りリスク」に備えよう!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 特に今週のグローバルマー

記事を読む

「為替1ドル=110円台後半」へ!なぜ世界的に「米ドル高」傾向!?

こんにちは、投資アドバイサーの眞原です。 今回は「為替動向(USD動向)と通貨分散の重要性」に

記事を読む

2016年は中国発の為替ショックが発生か?(人民元、SDR採用のまとめ)

こんにちは、K2 Investment の眞原です。 今回は「為替」について。中でも、先日マー

記事を読む

FX(外国為替証拠金取引)レバレッジ最大25倍から10倍に規制へ?

こんにちは、眞原です。 今回は為替に関わるお話。 まず大前提として、 FX(外国為替証

記事を読む

日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)

こんにちは、眞原です。 今回は、経済全般と金融政策のお話。 今週は久しぶりに綺麗に為替も

記事を読む

英国中銀いよいよ11月に利上げか?英ポンド(GBP)への追い風と円安懸念

こんにちは、眞原です。 今回は「為替(GBP/英ポンド)と今後の日本円」について。 <

記事を読む

金融機関の為替相場(USD/JPY)予想一覧(2016年2月時点)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回も為替動向について。

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑