ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

主観(勘違い)を排除する資産運用

公開日: : 最終更新日:2015/09/25 海外積立投資

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回の記事内容は個人投資家の投資行動に関わる『勘違い(バイアス)』について。

Screen Shot 2015-03-25 at 16.30.58専門的に言うと「行動ファイナンス」の分野なんですが、あれこれ説明すると難解過ぎるのでここでは簡単にまとめます。

まず、そもそも誰もが、毎日何かしらの行動をするときは、あらゆる情報や過去の経験や想定されうることなどを下に自分が「正しい」と思って「その行動」を起こすわけです。

これは、投資行動においても同じです。
「あ!今のドル円レートは円高過ぎる!」とか「円安過ぎる!」とか「この株価は高い、安い」などですね。こうして人々の「思惑」が交差することで「需給関係」が生まれて価格が決定されていきます。これは金融だけでなく、価格が付いているものは何でもそうでしょう。

この「需給関係」が大きく乖離して価格が歪んでいる時、そして崩れる時が、いわゆる「バブル」であったり「バブル崩壊」、「なんとかショック」というものです。

しかし、マーケットの世界では(バブルのように)歪んで乖離している価格は「神の見えざる手(市場原理)」というものが働いて、乖離している価格、つまり歪みは修正されて、ある一定価格に収斂されていくというのが、あらゆるマーケット関係者の『大前提』になって動いています。

ここまでは古典経済学的な考え方なのですが、近代になって「行動ファイナンス」や「行動経済心理学」など新たな学問分野が発達し一石が投じられています。

私は学生時代に約4年近く「マクロ金融(古典経済学)」を学んできたものの、実は自分のファイナンスの指針としては「行動ファイナンス」があります。というのも、有名なヘッジファンドマネージャーであったジョージ・ソロスが唱える「再帰性理論」を信奉しているから・・・というのもありますが(苦笑)

さて、マーケット参加者にはプロ投資家もいれば、初めて資産運用を始めるという素人もいます。その誰もが「私は正しい判断をして投資をしている」もしくは「金融や経済を分かって投資している」という下で運用をしています。確かに「投資哲学」というのは大切なので、それはそれで重要なのですが、金融の世界で「分かる」とうのはあり得ないことです。正確には「ある程度の予測に基づく想定」でしかない、と。

だからこそ個人投資家にとって「(正しい正しくないは別として)主観を排除して、システマチックに(自動的に)投資できる手法」が大切なのです。その1つの手法が毎月一定金額をコツコツとドルコスト平均法複利効果を活かして積立投資する海外積立投資です。

ただ、せっかくドルコスト平均法で自動的に積立投資しているにも関わらず「マーケットが下がっているから」や「新興国が下落しているから」などという主観的な理由で、短期的にスイッチングをする個人投資家も多いですが、その投資行動では結局、主観(勘違い)に頼って売買しているに過ぎず、短期的な賭けをしているに過ぎません・・・。

中長期で運用していくにあたっては、是非とも主観を排除した運用を目指したいものですね。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

世界の革新的大学トップ10ランキング!高校生の親御さん必見!日本の大学は軒並みダウン(REUTERS)

こんにちは、眞原です。 今回は、小さいお子さんから高校生のこどもを持つ親御さんにとって重要な情

記事を読む

今の20〜40代向け!将来の資産形成の勝利の法則は「先取り積立(海外積立投資)」にあり!

こんにちは、眞原です。 今回は「なかなかお金が貯められない!」、「資産形成が思ったように出来な

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

将来の年金不安=安心して定年退職できない上位10カ国(日本のランキングは・・・)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「みんなの年金問題」。 目次: 1.)

記事を読む

ザ・2020ビジョン・コモンズ投信(若い世代にとって「積立投資」は必須の資産運用方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「積立投資」の情報

記事を読む

インドネシア株式指数が11月8日現在、5年前比較で約+40%上昇6,049pt台の最高値圏で推移

こんにちは、眞原です。 今回はマーケット情報。   本稿のポイントは、

記事を読む

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

住宅ローン35年支払いと海外積立投資25年(キーワードは「月々コツコツの積み重ね」)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「人生を中長期で考

記事を読む

どこの国や地域に積立投資するべきか?(積立投資のファンド選定戦略)

こんにちは、眞原です。 今回は、海外積立投資や積立投資をしている個人投資家にとって重要な積立投

記事を読む

フィデリティ・グローバル・ファンド(リッパー・ファンド・アワード 2017(トムソン・ロイター))

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はリッパー・ファンド・アワード 2017(トムソ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑