オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

アジアオセアニア好配当オープン(毎月分配)とピクテ 新興国インカム株式(毎月決算型)について

公開日: : 最終更新日:2015/11/09 資産運用Q&A

<Q.>(24/Mar/2015)

アジアオセアニア好配当オープン(毎月分配)とピクテ 新興国インカム株式(毎月決算型)

どちらかで迷っております。今後の見通しなど中長期なものなど意見お聞かせください。

アドバイスお願いします。

<A.>
◯◯さん

初めまして、K2 Investment の眞原です。

まずそれぞれのファンド状況を確認します。

アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)

Screen Shot 2015-03-24 at 18.06.05

【基準価額】   :4,435円(3/23時点)
【純資産総額】  :7,300億円
【分配金累計額】 :8,950円
【分配金(毎月)】:75円

まず、毎月分配金の60%程度は、既に過去のリターンからの取崩になっています。(元本払戻金=特別分配金)つまり、分配金を出す度に基準価額を削り続けることに繋がるので本来運用をしている意味がほとんどありません。

次に、ファンドのポートフォリオの資産内容として、現状香港は良いものの他地域(オーストラリア、台湾、韓国)はネガティブな環境にあり、ファンドのパフォーマンスに寄与できていません。

結論としては、運用が上手いファンドではないので、わざわざ投資する必要はありませんし、むしろ今後も下落しやすいファンドです。

ピクテ・新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)

Screen Shot 2015-03-24 at 18.06.25【基準価額】   :3,678円(3/23時点)
【純資産総額】  :7,000億円
【分配金累計額】 :4,995円
【分配金(毎月)】:75円

分配金は何とか収益から出していますが、それでも基準価額が下落している点を考慮に入れると運用が下手なファンドです。

投資先の資産は新興国ですが、今後数年間は新興国にとって資金流出が続きネガティブな環境が続くと想定されています。理由としては、米国の利上げです。米国の金利が上昇することで、ハイリスク・ハイリターンな新興国市場の資産は売却されやすい環境になるので、このファンドにとってネガティブに働くと思います。

ファンドそのもので判断するのではなく、質問者さんが他にどのような資産を持っていて、どの程度のリターン目標がある(リスクを取れる)のを踏まえて中長期での資産運用をする必要があります。

※『眞原郁哉の海外投資ブログ(【投資戦略】「分散投資」の考え方)』について

投資アドバイザー
眞原 郁哉

 

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

【初心者向け】20〜30代の資産運用の王道は「積立投資」

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用初心者の内容。 もし既に1,000万円、1億円あ

記事を読む

「トランプ氏が大統領に就任するからって、日本人の私の生活には関係ありませんよね?」と疑問に思っている人

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、米国大統領選挙が終わってから個人的にもよく聞

記事を読む

SMBC日興証券から新規設定販売のグローバル・ロボティクス株式ファンドへの投資はして良いですか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「資産運用Q&am

記事を読む

20代の若い世代が海外移住を目指す中で「日本の証券口座と海外証券口座開設の違い(疑問)と資産運用全般」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は20代の若い世代が

記事を読む

「なぜギリシャ国民が預金封鎖前にATMから預金を引き下ろしていたのか?ギリシャがデフォルトした後はどうなるのか?」

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は非常に素朴な疑問に

記事を読む

「日興メキシコ債券ファンド(毎月分配型)【愛称:ラ・バンバ】を売却すべきか否か?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A形式

記事を読む

(Q&A)USD建て一括投資の場合はドル円レートが影響しますが、どのように考えるべきでしょうか?

こんにちは、眞原です。 今回は、実際のご相談内容に沿っての情報です。 ポイントは、 ・

記事を読む

分配金が下がっている「新光US-REIT オープン(愛称:ゼウス)」の今後の見通しは?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回はQ&Aです。   そ

記事を読む

「三菱UFJモルガン・スタンレー証券で投資した、インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)」はBrexit後ですが損切りした方が良いですか?

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 先週末はBrexitの

記事を読む

「ニッセイJリートファンドとグローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)への投資」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回Q&A形式で

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑