ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

香港個人投資家の話(「日本」って安いね)

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 為替マーケット全般

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

現在、私は香港にいるのですが、昨晩バーで出逢った香港人とイギリス人の個人投資家と「日本」について会話をしたのですが、彼らはざっくばらんに投資(資産運用)の話もしてくれたので、特に投資の観点で印象深かったことをまとめてみます。

<香港の夜景(シンフォニー・オブ・ライツ)九龍半島サイドから>

Screen Shot 2015-02-27 at 13.20.02
第一に言われたのが『日本って安いね!』ということ。「そりゃそうでしょう」と言ってしまいました。(笑)これだけ数年間で『円の価値が目減りしている(円安他通貨高)』になっているのだから・・・。

参考までに・・・

<USD/JPY 5年チャート> 外国人の高値からのイメージ、日本円は50%オフ!(80円→120円へ)

Screen Shot 2015-02-27 at 13.25.42

<HKD/JPY 5年チャート> イメージ、日本円は50%オフ!(10円→15円へ)

Screen Shot 2015-02-27 at 13.26.16

<GBP/JPY 5年チャート> イメージ、日本円は50%オフ!(120円→180円へ)

Screen Shot 2015-02-27 at 13.27.24
どの通貨に対しても、いかに日本円が円安(価値が下落している)か良く分かります。

話を元に戻すと、

彼らは「日本の不動産(東京や近郊)は安いと思うけど、放射能ってどうなの?」ということを心配していました。「ニュース報道で見る政府の言っていることは正しいのか?」と。私は“I have no idea about that. Just only THEY say it’s safe.(放射能の件については分からないけど、政府は安全だと言っているよ)”とだけ答えておきました(苦笑)冷静によく見ているなと思いました。

また彼らは「2020年の前までには不動産は売られるんじゃないか?」と言っていたのと同時に「放射能の事が不透明だから不動産には投資したいと思わないね」とも言っていました。また、日本株についても言及しましたが『金融緩和で上がっているだけだよね(という意見の一致でした)』と。

そして、彼らは香港在住者なので『オフショア投資(グローバルではこれが「投資」なのですが)』についてもよく理解していましたが、私が『日本人個人投資家は「オフショア投資」ってほとんど知らないんだよ』と言うと、彼らはかなり驚き、大変不思議がられましたが・・・。

最後に・・・「日本の製品やサービスは世界一のクオリティだと思うけど、外国語での海外へのマーケティング(売込み)が下手だと思う」と。例えば、特にここ数年で韓国人はマンダリン(もちろん英語も)を習得している人が増えているらしく、マンダリンでどんどん攻勢を掛けてくるようで、例え韓国製品やサービスの質が劣っていてもそういう売込みが少ない日本人と比べると、彼らとのビジネスを優先する場合があるよ、とも。

また何よりも外国人の彼らの口から冷静に「今後の日本への悲観論」を聞いた事は非常にショックでした。人口減と高齢化社会への対策の遅さを指摘された上、『世界中が今後の日本の推移(対策)を見ているよ』と言われましたね。

改めて日本人ではない視点での「日本」という投資先を考える際に参考になる出逢いと会話でした。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

米国利上げ後、一旦はドル安円高へ?その後は長期で円安トレンド形成か!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 いよいよ来週12/15-

記事を読む

これから更に米株&米ドル高へ?トランプ政権のレパトリ税10%の好影響

こんにちは、眞原です。 トランプ大統領が押し進める「税制改正」が1つの山場を迎えています。

記事を読む

第1回フランス大統領選挙後にユーロ高になった理由は?(次期フランス大統領は5/7に決定)

こんにちは、眞原です。 落ち着きを取り戻している為か、今週初め(4/23)にフランスであった第

記事を読む

人民元(CNY)が対ドルで5年ぶりの安値圏へ(今後、アジア通貨も連安リスク)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は為替「人民元(CN

記事を読む

Brexit(British+exit=英国のEU離脱)国民投票とGBP(英ポンド)を考える

こんにちは、K2 Investmentの眞原です。 今回は、為替GBP(英国ポンド)について。

記事を読む

トランプ大統領演説を終え今後の米国やグローバルマーケットや為替動向や日本の事情をどう考えるか?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は世界(米国)マーケットに関して。 日本で

記事を読む

輸出企業の円安ドル高予測を参考にして、個人投資家も円安ドル高による「円資産目減りリスク」に備えよう!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 特に今週のグローバルマー

記事を読む

米国12月利上げ後の確認(FOMC議事録公表)、円安継続か?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 日本時間の今晩(11/1

記事を読む

オフショアファンドのGBP投資家は必見「Brexit状況まとめ」(マーケット大荒れのBrexit国民投票まで残り9日)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 「Brexit(英国のE

記事を読む

米国の利上げ!ちょっと待った!まだドル高/円安で大事な資産を消耗してるの?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 「ようやく利上げしたか・

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑