K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

年金の50%は株式運用中!

公開日: : 最終更新日:2015/09/04 みんなの年金問題

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回のテーマは【年金】です。

まず、ザックリとした結論からお伝えすると『みんなの年金の50%は株式で運用されています!』です。いまいちイメージ出来ない人は、自分の貯蓄の半分が株式になっていると考えると少し感覚を掴めるかもしれません。

さて、株式のイメージは人それぞれ違うと思いますが・・・、バブル世代、ITバブル、リーマンショック、欧州危機と様々な上昇と下落を何となく分かっていると思うので、ハイリスク・ハイリターンなのは良く分かると思います。

さて、本題の年金の話です。

Screen Shot 2015-02-23 at 19.18.45
今の制度上、こういう仕組みになっています。

積み立てている厚生年金と国民年金を運用しているのがGPIF(Government Pension Investment Fund)と呼ばれているわが国、世界最大の年金基金。その額130兆円。

2014年10月31日まではこの運用資産(私たちの年金)の運用ポートフォリオはこうでした。

<10/31まで(±はバッファー)>
国内債券60%(±8%)
国内株式12%(±6%)
外国債券11%(±5%)
外国株式12%(±5%)

これが安倍政権主導の下で、2014年10月31日に変更されました。

<現在>
国内債券35%(±10%)
国内株式25%(±9%)
外国債券15%(±4%)
外国株式25%(±8%)

「Oh,Wow,Amazing!」ですね。
日本株と外国株を合わせると50%は株式運用ではありませんか!

そもそも年金は減っては困る資金なので「リスクを抑えて運用する」というのが大前提なのですが、今まで日本国債の低金利では運用リターンが上がらないからって事で、運用益を上げるためにハイリスク・ハイリターンな株式比率を上げ(日本国債比率を下げ)運用されている状況です。

ここのところ日本株が上昇しているのにはこのGPIFの運用も関わっています。どういう事かといえば、日本株式を今までは12%しか投資していなかったものを、今は25%(約32兆円)買っている訳です。これだけの資金流入があれば株価は上昇します。GPIFは私たちの減っては困る年金で堂々とハイリスク・ハイリターンな株式運用をしているということですね。

年金受給をする年齢になるまで、リーマン・ショックが起こらないことを願うばかりです・・・そして、願わくばハイリターンを上げて欲しいものです。

ちなみに、公務員の方の共済年金の運用方針は変わっていません

<公務員の年金(国家公務員共済)>
国内債券74%(±16%)
国内株式8%(±5%)
外国債券2%(±2%)
外国株式8%(±5%)

そして、GPIFの三谷隆博理事長の年収は約3100万円ですが、投資責任者も3,000万円程度の年収だそうです。そんな彼らを筆頭にGPIF運用チームが、私たちの年金を必死に増やしてくれることを願いましょう・・・。

と、願っても仕方ないわ!(むしろ、年金満額受給はアテにしてないわ!)という人は自分自身で計画的に海外積立投資などの積立投資で、年金プラスアルファを目指し資産運用をしていきましょう。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

消費税は15%既定路線へ!?みなさん、老後資金のために運用してますか?蓄えてますか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は皆さん一人一人に関

記事を読む

「国難突破解散」と日本の財政と金融市場のお話(日本ソブリン債CDS急上昇)

こんにちは、眞原です。 今回は「日本の財政事情と金融市場」について。 先に日本の政治につ

記事を読む

【資産運用初心者】2017年最後のセミナーを終えて改めて感じる「日本の人口問題と年金制度不安」

こんばんは、眞原です。 年の瀬となり、既に仕事納めをされている方もちらほらいるようです。

記事を読む

短期は意味なし?2015年度みんなの年金(GPIF)は、5兆3,098億円のマイナス運用(自分でも年金プラスアルファ老後資金準備はいち早く!)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 本日8/3の内閣総辞職(

記事を読む

私たちの140兆円の公的年金のうち9.4兆円が吹き飛んだ?〜年金増減は個人意志とは無関係なので結局自分で年金プラスアルファ作りを!〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先日、日経新聞で「GPI

記事を読む

インド人口が2022年までに中国を抜いて世界最大になるらしい!一方、少子高齢化が止まらない日本の2050年(今から35年後)の「人口動態と年金制度」を考えた

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「人口動態と経済成

記事を読む

日銀やGPIF(年金基金)の日本株がマイナスになれば誰が責任を取る?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はみんなの年金に関わるお

記事を読む

『もし私が政治家で今の年金制度をカタチ上で維持させるとしたら(もし年金!)』〜100歳以上の高齢者が6万人超で少子超高齢化社会の日本!〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 来週9/21日は「敬老の

記事を読む

追加の社会保険料率0.1%で「こども保険」実現へ?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「資産運用(投資)と社会事情の関係」です。

記事を読む

2016年に生まれたこどもが100万人を初めて切る!続く人口減の中で年金制度への期待はほどほどに!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本人なら誰もが関係する「日本の人口動態と現行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑