オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

世界CoCosオープン(毎月決算型)<為替プレミアム・為替ヘッジあり・なし>(愛称:ココマスター)

公開日: : 最終更新日:2015/07/06 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回は、2/2〜26まで三菱UFJモルガン・スタンレー証券から新規募集販売されている『世界CoCosオープン(毎月決算型)<為替プレミアム・為替ヘッジあり・なし>(愛称:ココマスター)』の情報です。

Screen Shot 2015-02-13 at 16.01.06.png特徴は大きく2つ。

1.)偶発転換社債ファンドへの投資(Contingent Convertible Securities)
2.)為替プレミアム・為替ヘッジあり・為替ヘッジなしの3つから選択可能

特徴の1つ目が今回のファンドの目玉です。
具体的に確認します。

1.)偶発転換社債ファンドへの投資(Contingent Convertible Securities)

これは、世界の金融機関が発行するCoCos=Contingent Convertible Securities=偶発転換社債への投資ということです。「転換社債って何なの?」という事ですが、社債の1つで、とある条件を元に株式へ転換することが出来る社債です。

もっと具体的にCoCosを確認すると、

劣後債や優先証券に一定条件(下の2つのトリガー条項)が付いているものを指すようです。
・発行体の自己資本比率が一定水準を下回った場合の元本削減や普通株式への転換
・発行体が実質破綻となった場合における元本削減や普通株式への転換

Screen Shot 2015-02-13 at 16.53.19.png ここまで読み進めると「アレ?どこかで聞いた事があるような??」という既視感を覚える個人投資家もいるのではないでしょうか?そうです!過去に何度も販売されてきた、劣後債ファンド優先出資証券ファンドハイブリッド証券ファンドと呼ばれるファンドとほとんど変わりありません。

上で見ても分かりますが、劣後債や優先証券よりも相対的に良い利回り(リスクが大きくなる)ですが、同時に信用リスクの影響から価格のブレが大きくなります。

実はこのようなファンドが販売される背景があって・・・それは金融機関の自己資本比率を規制するバーゼルⅢというものです。バーゼルⅢ(自己資本規制)では、劣後債や優先証券が自己資本に組み入れられないという背景から、今後はこのような偶発転換社債の発行額が増加すると見られているようです。

Screen Shot 2015-02-13 at 17.00.45.pngここまでは金融機関側の要件です。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家からすれば「投資するメリットあるの?」というのが重要です。正直、これまでに劣後債ファンドや優先出資証券ファンド、ハイブリッド証券ファンドに投資している投資家は資産内容がほとんど変わらないので分散になりませんし敢て投資する必要はないでしょう。

それでは、このファンドのポートフォリオを確認してみましょう。

Screen Shot 2015-02-13 at 16.42.34.png ポートフォリオ格付けはBB+ですが、ユーロ圏の金融機関の組み入れ比率が大きいのでユーロ危機(財政問題)からの影響を受けやすい特徴がありそうです。

特徴の2つ目です。

2.)為替プレミアム・為替ヘッジあり・為替ヘッジなしの3つから選択可能

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が販売している新規ファンドは、ほとんどこのプレミアム戦略(オプション・プレミアム)を使っています。もともとはずっと以前からオフショアファンドの戦略の1であるオプション・プレミアム戦略を、ようやく日本のファンドが取り入れただけなんですけどね。

Screen Shot 2015-02-13 at 17.13.29.png ここ数年で日本の毎月分配型の投資信託ではブラジルレアルなどの通貨選択型ファンドは、ハイリスク・ハイリターンという事で、このようなオプション・プレミアム戦略を用いてリターンを上げるようにシフトしています。

オプション・プレミアムでもちゃんとリターンを上げているファンドもあれば、あれれ?というようなファンドもあるので、新規投資をする時には気をつけなくてはいけません。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

三菱UFJ/AMP オーストラリアREITファンド<Wプレミアム・為替ヘッジなし>毎月決算型(愛称:コアランド)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事

記事を読む

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はご相談が多いワールド・リート・オープン(毎月決

記事を読む

モルガン・スタンレー2019年9月17日満期 期限前償還条項付 日経平均株価連動デジタルクーポン 円建社債

こんにちは、K2 Inestment 投資アドバイザーのマハラです。 債券(国債、社債)で金利を取

記事を読む

三菱UFJ 新興国高利回り社債ファンド 通貨選択型(愛称:グローイング・スター)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

LVMH(ルイヴィトン)株の上場来高値更新とピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヶ月決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、パリ市場に上場していているLVMH(ルイヴィ

記事を読む

グローバル・ソブリン・オープン(資産成長型)愛称:グロソブN

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

短期高利回り社債ファンド2013−09 日経平均上昇追随型

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

国際 アジア・リート・ファンド(通貨選択型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

三菱UFJ信託銀行株式会社 米ドル建・豪ドル建社債

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 債券(国債、社債)で金利を取る運用をしている

記事を読む

繰上償還条項付 JPX日経400アクティブファンド 米ドル投資型 2016-09(愛称:JPXターゲットⅡ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は8/22から三菱U

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑