オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

欧州不動産戦略ファンド(3ヶ月決算型・年1回決算型)(愛称:OH!シャンゼリゼ)

公開日: : 最終更新日:2016/01/28 みずほ証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回は現在(5/26~6/5まで)みずほ証券から新規募集販売されている『欧州不動産戦略ファンド(3ヶ月決算型・年1回決算型)(愛称:OH!シャンゼリゼ)』の情報です。

スクリーンショット 2014-05-22 13.41.10.png

まず「不動産戦略ファンド」と銘打っていますが、単純にREITや不動産関連株式への投資です。特徴はこちら。

欧州REIT(不動産投資信託証券、不動産株式)への投資

まずは欧州の景気指標とGDPの推移から確認します。

スクリーンショット 2014-05-22 13.42.42.png

リーマン・ショック後、また欧州危機を越え少しづつ回復傾向にあるというのが大方の見方で、その結果このような欧州関連のファンドが組成販売される流れとなっています。

ただ、正直なところ私は個人的に欧州経済の回復?には「疑問」です。高い失業率に加え、金融緩和をしているにも関わらず低いインフレ率(=デフレ傾向)にある点です。ここは相場観の話になるので見方はそれぞれ異なり、恐らく証券マンや各証券会社によってもポジショントークがあるので、一様ではないと思います。

まず超短期的な話でいえば、投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家が確認した方が良いのが「6月の欧州の金融政策決定会合」です。前回の決定会合でECBのドラギ総裁が「6月に何かしらの金融政策の動きをする」というニュアンスのメッセージをマーケットに与えているので、ここからは目が離せません。

具体的なポートフォリオがこちら。

スクリーンショット 2014-05-22 13.42.02.png

英国の比率が最も高く(直近の英国不動産マーケットの回復は顕著なのでむしろ金融引き締めか?と言われています)、次いでフランスの27%、ドイツ11%

なので英、EU圏でも経済が堅調な国が入っています。それにしてもこのファンドの愛称の「OH!シャンゼリゼ」はツッコミどころがありますね・・・シャンゼリゼ通りがあるのはフランスで、このファンドの運用比率は27%です・・・。キャッチーさがウリでしょうか・・・。

 ポートフォリオの銘柄が34と欧州全体の40%程度となっています。欧州の不動産マーケット規模は相対的に小さく、このファンドの資産内容としては資産複合ですが、株式との相関性があるのでハイリスク・ハイリターンになりますね。

スクリーンショット 2014-05-22 13.35.25.png

このファンドの運用会社がこちら。

スクリーンショット 2014-05-22 13.41.38.png

恐らく個人投資家のほとんど100%がこの運用会社を知らないと思います。単純に「みずほ証券」が販売しているから「みずほ証券で運用している」と勘違いしている投資家も多いのではないでしょうか?証券会社はあくまでも販売会社なので投資家の資金を集めることが仕事です。その資金を運用するのがこのような海外の運用会社(ファンド)や国内の投信顧問です。結局はこの「CBREクラリオン」の運用成果いかんでファンドの運用成績が決まります。運用が上手なファンドなら上昇するでしょうし、その逆であれば逆もしかりです。

世界にはオフショアファンド(海外のファンド)が山ほどあります。運用パフォーマンスの良いファンドもあれば、日本のミューチャルファンド同様にパフォーマンスが悪いファンドもあります。ポイントは、日本の個人投資家もそれらのファンドに直接投資出来る(アクセス)できるにも関わらず、国内の証券会社や銀行のみで販売されているものが『運用の全て』と信じ込まされている事です。

個人が海外へ移り住むというのはあまり現実的ではないもののマネーはグローバルに駆け抜けられます。

「分散」という観点を、自身の資産に当てはめて、考えてみてはいかがでしょうか。

今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

アジアREIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

フィデリティ・スリー・ベーシック・ファンド(愛称:水と大地とエネルギー)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

東京海上・米国新興成長株式ファンド(愛称:グローイング・アメリカ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

みずほ・グローバル・ハイイールド債券ファンド(通貨選択型)メキシコペソコース

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

ブラックロック世界株式絶対収益追求ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

バンクローン・ファンド・ネオ(円ヘッジ型)2013−07:単位型

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド

記事を読む

みずほ銀行債/みずほ証券

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investment 投資ア

記事を読む

明治安田・北米エネルギーファンド(繰越償還条項付)Aコース:為替ヘッジあり・Bコース:為替ヘッジなし

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

新光ピムコ・ストラテジック・インカム・ファンド 10月号

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

フィッシャーUSマイクロ株式ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は現在(7/21-8

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑