オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

ABグローバル・ハイインカム・オープン 毎月分配型/1年決算型(愛称:ABコンパス)

公開日: : SMBC日興証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回は2/12から取り扱い開始のSMBC日興証券から新規募集販売されている『ABグローバル・ハイインカム・オープン 毎月分配型/1年決算型(愛称:ABコンパス)』の情報です。

スクリーンショット 2014-02-05 16.04.47.png

今回、このファンドは新規設定で募集販売されていますが、過去にこのようなトータルリターンを目指す債券ファンドは何度も名前を変え運用会社を変え販売されてきました。要は「全く真新しいファンドではありませんよ!」という事です。日本のミューチャルファンドの新規設定ファンドは、オフショアファンドとは違って、過去のトラックレコードが無いのでシミュレーション上や今回のように類似ファンドのパフォーマンス推移を見て投資判断をすることになります。

それでは、このファンドの大きな2つの特徴です。

1.)世界の債券への投資(債券マルチセクターへの投資=「ABコンパス」と呼んでいる)

2.)毎月分配型(為替ヘッジあり/なし)・年1回決算型(為替ヘッジあり/なし)の4コース

先にこのファンドの類似ファンドのパフォーマンス推移から確認してみましょう。

スクリーンショット 2014-02-05 16.24.34.png

類似ファンドA(為替ヘッジなし)の場合、運用開始からの年間平均リターンが約5.1%程度、類似ファンドB(為替ヘッジあり)の場合は、年間平均リターン2.6%程度となっています。

特徴の確認です。

1.)世界の債券への投資(債券マルチセクターへの投資=「ABコンパス」と呼んでいる)

簡単に言うと、マーケットの変動(金利の上下)に影響されないように、機動的に資産配分をして色んなリスク・リターンの債券に投資をし分散することで補完し合ってトータルリターンを目指すという運用です。

<各債券パフォーマンスと類似ファンドのパフォーマンス推移>

スクリーンショット 2014-02-05 16.09.26.png

ハイ・イールド債券は株式との相関があるので、米国株式高の追い風も受け株式指数と同じような上昇を示し、また他の資産をアウトパフォームしている状況です。

<各資産のリスク・リターン>がこちら。

スクリーンショット 2014-02-05 16.09.16.png

よくよく考えてもらいたいのが、例えば他の投資信託でハイ・イールド債券投信や、新興国債券投信などに多額の資金を投じている投資家は、同じようなリスク・リターンを取って運用しているとうことです。つまり、結局は分散にはなっていませんし、類似ファンド(A)のリスク・リターンを確認しても分かるように、結局はこのファンドに投資した場合も同様です。

<類似ファンドのポートフォリオ>がこちら。

スクリーンショット 2014-02-05 16.41.04.png

スクリーンショット 2014-02-05 16.41.26.png

先進国債券、新興国、ハイ・イールド債券がほぼ均等割合程度です。国別には米国がメインで次いでイギリス、その他という割合です。

直近では新興国が金利を上げている経済環境(インフレ抑制、通貨防衛の為)で、各中銀の金利情勢の舵取りが難しい環境になっています。また、2013年は債券から株式へとマネーが流入流出しているので債券運用ファンドにとっては厳しい年だったようです。その顕著な例として、大手債券ファンドのPIMCOやFidelityの債券運用者や責任者が辞任したりしています。

2.)毎月分配型(為替ヘッジあり/なし)・年1回決算型(為替ヘッジあり/なし)の4コース

かつて毎月分配型が主流(新規設定ファンドのほとんど)でしたが、NISAが始まると踏まえて各運用会社が2013年から年1回決算型を数々投入してきています。投資信託(ファンド)で資産運用をする投資家の投資効率を考えると分配金を出さずにに複利で運用し続ける方がメリットにも関わらず、そのような運用をしていないのが日本のミューチャルファンドです。

冒頭でも確認したようにこのファンドは新規設定ですが、決して何か真新しいファンドでも無く運用会社や販売会社が異なるというファンドです。現在投資している資産内容を踏まえた上で、自身に合った投資判断を考えられてはいかがでしょうか。

ランキング投票(クリック)

お願いしますm(__)m 

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

日興ブラックロック・ヘルスサイエンス・ファンド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド(為替ヘッジなし/限定為替ヘッジ)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m  ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんにちは、K

記事を読む

短期豪ドル債券オープン(毎月分配型)on Oct. 2015

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資している個人投

記事を読む

アジア好利回りリート・ファンド(モーニングスター・ファンド・ファンド オブ ザ イヤー2014)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログは、

記事を読む

みずほ日本債券アドバンス(豪ドル債券型)愛称:ちょっとコアラ

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

日興グラビティ・グローバル・ファンド(愛称:GG10+10)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

インデックスファンドMLP(毎月分配型)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m  ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんにちは、

記事を読む

グローバル・オイル株式ファンド〜原油価格の歴史とともに〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は5/26-6/7ま

記事を読む

BDCプラス(為替ヘッジあり/なし・年4回決算型/年1回決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は12/8-15日にSMBC日興証券から新規募集

記事を読む

アセット・ナビゲーション・ファンド(株式20)/SMBC日興証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2月末時点での投資

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑