ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

グローバル・インデックス・バランス・ファンド(愛称:投資生活)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)↓↓↓

リアルタイム無料コンサルティング

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回は野村證券「ファンドるいとう」がよく販売されているそうなので、るいとうの中から投資できまた、人気銘柄ランキングから『グローバル・インデックス・バランス・ファンド(愛称:投資生活)』の情報です。

スクリーンショット 2014-02-20 15.41.12.png

まず「るいとう」の説明から入ります。

「るいとう」とは累積投資の略で、元は株式累投投資という考え方がありました。その後、投資信託(ファンド)でも同様に月々一定金額を積立形式で、るいせき投資する考え方としてこのファンドるいとうがあります。いわば、積立投資ですね。るいとうのメリットがこちら。

1.)ドルコスト平均法の活用

2.)マーケット環境に左右されずに中長期での運用

3.)少額から積立投資可能

また、積立投資の1つでもある海外積立投資の場合のメリットは、上記3つに加えて大きく下記4つがあります。

1.)分配金という考え方がないので、完全に複利運用(※複利運用とは。「元本+金利」に金利が付く運用)

 

2.)外貨ベース(USD、GBP、EUR)なので、外貨資産として日本円資産しか持たないことへのリスク回避に繋がる。

 

3.)クレジットカードからの積立が可能→カードのポイントやを貯めながら積立投資が出来る。

 

4.)積立投資可能なファンドはヘッジファンド(オフショアファンド)を含む世界中の名立たる運用会社のファンド。

より詳細については『海外積立投資入門書(マニュアル)』をダウンロードしてご一読下さい(無料)

それでは、本題のこのファンドの特徴を確認します。

1.)バランス型ファンド

2.)ノーロード(信託財産留保額0.2%、信託報酬0.63%→純資産総額に応じて変動)

まずはファンドの基準価額の推移と価額を確認します。

スクリーンショット 2014-02-20 16.15.08.png

スクリーンショット 2014-02-20 15.52.25.png

野村證券の営業体制をクライントから聞く限り、目下、野村證券(他の証券会社や銀行もNISAで積立を勧める理由)ではこの純資産総額を増やしていくことが目標の1つとなっているようです。ノーロードなので、信託報酬でフィーを得るビジネスモデルへの転換を図るようです。

このファンドの基本配分比率がこちら。

スクリーンショット 2014-02-20 15.43.57.png

そして、マザーファンドのパフォーマンスがこちら。

スクリーンショット 2014-02-20 15.50.50.png

インデックス運用なので、上記のインデックスに連動するような運用をこのファンドは目指していることになります。

具体的な騰落率がこちら。

スクリーンショット 2014-02-20 15.45.42.png

ファンドは、参考指標とほとんど同じようなパフォーマンスですが、結果的にはこのファンドよりも、直接上記の参考指標の各インデックス(TOPIX(東証株価指数)、「MSCIコクサイ指数」、「シティグループ世界コクサイインデックス」)へ投資する方が良かったということになりますね。

投資信託(ファンド)で資産運用をする投資家にとっては、今後NISAで投資するようなファンドも多数新規募集販売されると思いますし、証券会社や銀行から今回のような「るいとう」形式での運用を勧誘される機会が多いと思われます。

ただ、2030年には3人に1人が65歳以上との試算が ある以上、特に今の若い世代(主には20〜40代)は今後の超少子高齢社会に備えて、満額支給をあてに出来ない(もしくは減っていく)年金である以上、そ れ以外に資産形成をしていく必要性が益々高まっていくと思います。その1つとして、コツコツとできる積立投資は有効な投資手法となりますね。

ランキング投票(クリック)

お願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)〜公益セクター投資と投資先選定の考え方〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、野村證券の純資産

記事を読む

トルコ・リラ債やアムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(トルコ・リラコース)に投資している個人投資家の判断

こんにちは、眞原です。 今回は、為替トルコ・リラに関して。 日本人の個人投資家も「トルコ

記事を読む

NISA(少額投資非課税制度)恒久化を検討〜個人の資産形成を促進?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、NISA(少額投

記事を読む

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

2018年1月から開始される積立NISA(つみたてNISA)ってなにーさ?(海外積立投資との比較付)

こんにちは、眞原です。 国主導でこのような新しい資産運用の制度が開始される度に思うのは、きっと

記事を読む

米国バリュー・ストラテジー・ファンド Aコース/Bコース

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は野村證券から2016年11/7-14に新規募集

記事を読む

だから中長期ドルコスト平均法で海外積立投資!資産ごとの騰落率を確認!(2007年〜2016年)

こんにちは、眞原です。 今回は、月々ドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資をしている

記事を読む

徐々にマーケット・クラッシュを期待し始める投資家(逆張り思考)

こんにちは、眞原です。 今回は、中長期資産運用の基礎の考え方について。 特に海外積立投資

記事を読む

フィデリティ・欧州中小型株オープン ファンド・オブ・ザ・イヤー2013

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で運用を

記事を読む

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)〜純資産総額1兆円超の投資信託(ミューチャル・ファンド)〜

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は純資産総額が1兆円を超えているラサール・グロー

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑