K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

新光シラー・ケープ米欧株式戦略ファンド(リスクコントロール付)

公開日: : みずほ証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回は、2/24〜3/20にみずほ証券から新規募集販売されている『新光シラー・ケープ米欧株式戦略ファンド(リスクコントロール付)為替ヘッジあり・なし』の情報です。

スクリーンショット 2014-02-11 16.18.44.png

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家であればここ最近の新規設定ファンドの動向として、「リスクコントロール型」や「バランス型」が増加しているのが分かると思います。各社、このようなファンド(このような流行りの下)を募集販売しています。

それでは特徴から確認してみます。

販売用資料では、厳かに書かれていますが余分な情報を排除して考えると、下記の一点に集約できます。

・米欧州株式への投資(セクター・カントリー・リスクコントロールの3つの戦略の組み合わせ)

もっと噛み砕くと「業種別ETFへの投資+株価指数先物取引」の組み合わせです。

まずこのファンドのシミュレーション結果から確認します。

スクリーンショット 2014-02-11 16.47.50.png

5年の運用シミュレーションで、年間平均リターンとしては、約22%程度となっています。(緑色チャート)

それでは具体的に特徴を確認します。

今回のファンドはロバート・シラー教授(2013年ノーベル経済学賞受賞/S&Pケース・シラー住宅価格指数の開発者の1人)の指標(=ケープ・レシオ)を用いた運用となっています。新規設定ファンドなので過去のトラックレコードがありませんので、単純に彼の理論に沿った運用を信じるかどうか、というのが投資判断になりそうですね。

大きく3つの戦略を組み合わせて運用するようです。

1.)セクター・アロケーション戦略

ケープ・レシオを基に、長期的な企業収益に対して株価が相対的に割安かつ上昇期待が高い4つのセクターを米国と欧州から選定して業種別ETFへ投資。

・公共事業

・生活必需品

・金融

・素材

・テクノロジー

・ヘルスケア

・エネルギー

・一般消費財

・資本財

・不動産(米国のみ)/通信(欧州のみ)

上記セクターから、モデルポートフォリオでは下記のセクターへ投資します。

スクリーンショット 2014-02-11 16.24.35.png

 

2.)カントリー・アロケーション戦略

米国:欧州=7:3→どちらも景気動向が弱い場合には実質的な株式組入比率を50%へ引き下げる。

OECD景気先行指数を基に判断。

地域配分がこちら。

スクリーンショット 2014-02-11 17.00.08.png

 

3.)リスク・コントロール戦略

米国と欧州の経済動向や米国市場の変動率に基いて株価指数先物取引で株式組入比率を、100%、50%、0%のいずれかに変更=価格変動リスクを低減する。その参考としているのが、VIX指数とVXV指数(3ヶ月VIX)

米国株式指数とVIX指数(VXV指数)の価格変動チャートがこちら。

スクリーンショット 2014-02-11 17.05.25.png

主な経済的な「恐怖」が蔓延した際の数値がこちら。

2002年7月頃:45.08(米国のエンロン不正会計事件)

2003年3月頃:34.69(米国のイラク侵攻)

2008年9月15日:31.7(リーマンブラザーズ破綻時)

2008年10月24日:89.53(リーマン・ショック後、市中での史上最高値)

2010年5月7日:40.95(前日のP&G誤発注から翌日ダウ998ドル安の暴落時)

2011年8月8日:48.0(S&Pが米国債を格下げしたことでダウ634ドル安時)

2011年10月4日:45.45(ギリシャ国債債務不履行危機時)

通常はVIX指数は20前後で推移するのですが、過去の歴史を振り返ると上記のようなショック時(=恐怖)は必ず起こります。オフショアファンドの中にはこのVIX指数に投資するファンドもあるので、リスクヘッジの為にはVIX資産へは投資しておきたいものですね。

このファンドは、これらの3つの戦略を組み合わせて投資することでトータルリターンを目指して運用されます。あくまで新規設定で過去のトラックレコードが無い以上は本来の値動きは不確かですので運用開始後、トラックレコードを確認してどのようなパフォーマンス推移をしていくのかを確認することが重要かと思います。

ランキング投票(クリック)

お願いしますm(__)m 

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

北欧ハイイールド債券オープン(愛称:ホイレンテ・オープン)為替ヘッジあり・なし・プレミアム

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

みずほジャパン・アクティブ・ストラテジー(通貨選択型)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investmen

記事を読む

メディカル・サイエンス・ファンド(愛称:医療の未来)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)〜純資産総額1兆円超の投資信託(ミューチャル・ファンド)〜

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は純資産総額が1兆円を超えているラサール・グロー

記事を読む

みずほブラジル新成長株株式ファンド

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 In

記事を読む

新光ピムコ・ストラテジック・インカム・ファンド 10月号

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

ザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インク/みずほ証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 債券(国債、社債)で金利を取

記事を読む

みずほAKトルコ株式ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

米国エネルギー革命関連ファンド (愛称:エネルギーレボリューション)毎月分配型 Aコース/Bコース(為替ヘッジあり/なし)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

新光ピムコ・ストラテジック・インカム・ファンド 8月号

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、みずほ証券から7

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑