K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

ジャパン・ソブリン・オープン(資産成長型)愛称:ジャパソブN

公開日: : 最終更新日:2016/05/12 三井住友銀行

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回は現在(10/16〜11/20)まで、三井住友銀行から新規募集販売されているジャパン・ソブリン・オープン(資産成長型)愛称:ジャパソブNの情報です。

スクリーンショット 2013-10-31 17.55.07.png

まず、ファンドの特徴に入る前に・・・「ジャパン・ソブリン」と書いてまずが、単純に「日本国債」のことです。つまりは、日本国債に投資するファンドです。

理由はともあれ、皮肉にもこのファンドを募集販売している三井住友銀行は自行の運用において、日本国債での運用比率を落としています。一方、このファンドはNISA専用ということもあり投資家へ販売されています。

更に、日本人の多くの投資家に改めてお伝えしたいのが、仮にこのファンドに投資をして「どれほど投資効率の悪い日本国債への資産比率を高めるのか?」ということです。下記の2点を確認しても分かる通り、多くの日本人は間接的に「日本国債」をお腹いっぱい持っている(投資している)というのが実情かと思います。

1.)大手銀行や郵貯で預貯金をしているマネーの20~30%程度は日本国債を書い支えている。

2.)保険会社(加入している保険)の運用先は、安全資産とされる日本国債の比率が高い。

今回のブログ記事を通して、果たして・・・投資信託(ファンド)で資産運用をするにも関わらず上記に加えて「日本国債」へ投資をする必要があるのかどうかを考えてはいかがでしょうか?

「1つの籠に全ての卵を盛るな」とは「分散投資しましょう」という、投資の世界においては基礎的な考え方です。日本国債(円資産)のみで、円安になった際に資産を守れるのか?急激な金利上昇リスク(インフレリスク)において円資産のみで大丈夫なのか否か?外貨資産(オフショアファンド、外貨預金、外貨建債券など)に分散させておく必要はあるのではないか?と、改めて考えるキッカケとなればと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、このファンドの特徴を確認します。

1.)日本国債への投資(ラダー型)

2.)年1回決算型(NISA用)

それぞれを確認していきます。

1.)日本国債への投資(ラダー型)

まずは、ジャパン・ソブリン・オープン(毎月分配型)のファンドパフォーマンスを確認します。

スクリーンショット 2013-10-31 18.17.51.png

ほとんど金利が付かない日本国債です。このファンドの年間平均リターンは約1.2%程度。「損をしなかったら良い」のでしょうか?投資している期間(時間)は2度と戻ってきません。

ラダー型という債券ポートフォリオを組んでの運用です。

スクリーンショット 2013-10-31 17.47.51.png

専門的な部分は割愛しますが「ラダー型運用」は各年限の債券を均等に投資し(長期債をメイン)仮に金利が上昇したとしても、金利上昇前の債券の償還部分のフローを金利が上昇した後に相対的に利回りが高い債券を組み入れることでポートフォリオ全体の利回りを改善して運用を目指します(パッシブ運用)。

こちらがこのファンドのポートフォリオの特性値です。

スクリーンショット 2013-10-31 17.49.40.png

2.)年1回決算型(NISA用)

三井住友銀行のみならず、他の金融機関もNISA用のファンドを新規設定して販売し始めています。また、11月〜12月にはよりいっそうそのようなファンドが新規設定される予定です。

「1つの籠に全ての卵を盛るな」というのは、結果としてのパフォーマンスの良し悪しは別としても、至極当然の考え方なので、投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家は改めて、自身が投資している資産クラスを確認してみてはいかがでしょうか?



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

コーポレート・ボンド・インカム(為替ヘッジ型/1年決算型)(愛称:泰平航路1年決算型)〜資金流入ランキング5位の投資信託〜

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は資金流入ランキング5位だった投資信託(ミューチ

記事を読む

アジア・プラス

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

GS ハイ・イールド・ボンド・ファンド

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 投資信託(ファンド)で資産運用をして

記事を読む

三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数オープン(為替ヘッジあり・なし)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investme

記事を読む

グローバル・ソブリン・オープン(資産成長型)愛称:グロソブN

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

アジアREIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

J-REITオープン(年4回決算型)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investm

記事を読む

三井住友・豪ドル債ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド

記事を読む

スマート・ストラテジー・ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑