K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

短期高利回り社債ファンド2013−09 円建 円安追随・日経平均上昇追随型

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回は昨日に、一昨日に引き続き、三菱UFGモルガン・スタンレー証券から新規募集販売されているシリーズもののファンドで短期高利回り社債ファンド2013−09 円建 円安追随・日経平均上昇追随型の情報です。

スクリーンショット 2013-08-30 18.35.15.png

昨日のこの投資信託(ファンド)で資産運用ブログで情報をお伝えしました『短期高利回り社債ファンド2013-09 日経平均上昇追随型』の円安と日経平均上昇バージョンです。つまりは『短期高利回り社債ファンド2013-09 円建 円高ヘッジ・円安追随型』と『短期高利回り社債ファンド2013−09 日経平均上昇追随型』を足しあわせたようなものが、今回の短期高利回り社債ファンド2013−09 円建 円安追随・日経平均上昇追随型の特徴のようです。

今回のファンドの特徴はこちらの4つ。

1.)新興国を含む高利回り社債(つまりハイ・イールド債券)を主要投資対象として高水準のインカムゲイン(金利収入)を得る。

2.)単位型なので約5年の信託期間(2013年9/18〜2018年9月28日)の終了前に満期を迎える短期の債券に投資して償還まで保有。

3.)円高時(米ドル安)の損失低減+円安時(米ドル高)の場合の収益の獲得を目指す。

4.)日経平均株価の下落には損失低減+日経平均株価の上昇の場合の収益の獲得を目指す。 

1.)と2.)については基本構造は同じなので、前々回(短期高利回り社債ファンド2013-09 円建 円高ヘッジ・円安追随型)と前回(短期高利回り社債ファンド2013−09 日経平均上昇追随型)のブログ記事をご参照下さい。

今回は(3.)と(4.)に絞ってお伝えします。この2つをまとめて見ていきます。

3.)円高時(米ドル安)の損失低減+円安時(米ドル高)の場合の収益の獲得を目指す。

4.)日経平均株価の下落には損失低減+日経平均株価の上昇の場合の収益の獲得を目指す。

<円安追随・日経平均上昇追随>

混乱する投資家も多いと思いますので、おおまかにまとめるとこのようになります。つまりこのファンドの運用に際し、この4パターンが必然的に組み合わさって運用されるという訳です。

・円高米ドル安→ファンドにマイナス
・円安米ドル高→ファンドにプラス
・日経平均株安→ファンドにマイナス
・日経平均株高→ファンドにプラス

それぞの組み合わせたイメージ図がこちら。

円安ドル高に20%+日経平均が40%上昇した場合

スクリーンショット 2013-08-30 18.23.42.png
円高ドル安に20%+日経平均が40%下落した場合

スクリーンショット 2013-08-30 18.23.51.png
円高ドル安に20%+日経平均が40%上昇した場合

スクリーンショット 2013-08-30 18.24.05.png
円安ドル高に20%+日経平均が40%下落した場合

スクリーンショット 2013-08-30 18.24.12.png
そして、このシリーズの肝が「オプション」を使った戦略で、今回のファンドに関しては「為替戦略コスト」と「株式戦略コスト」が発生します。具体的な試算値がこちら。

「為替戦略コスト」のみ

スクリーンショット 2013-08-30 19.07.32.png
「株式戦略コスト」のみ

スクリーンショット 2013-08-30 19.07.48.png
この「為替戦略コスト」+「株式戦略コスト」の2つを合わせるとこちら。

スクリーンショット 2013-08-30 19.08.06.png
この「コスト」に関しては、オプションを用いる際に発生する一種の保険料みないなものです(あくまで分かりやすい表現として)。この「コスト」を支払うことによって、損失を限定する(支払うコスト以上のマイナスが出ないようにする)というのが基本的な考え方です。

きっと初めて投資をする投資家にとっては「はて、何のこっちゃ?」となると思います。要は、それだけ複雑に作り上げられている投資信託(ファンド)であるとお分かり頂ければ十分かと思います。

このような「オプション」を絡めたファンドが今後も増えて新規設定販売されていくと思います。ただ、投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家にとって商品性よりも最も重要なのはリターンです。このように複雑なファンドでもリターンをしっかり上げて行けば良いファンドですし、そうでなければファンドで運用する甲斐がありません。

かつては新興国通貨を絡めた「通貨選択型」が流行ったように、このような「オプション型」が流行ろうとしています。投資家はそのような流行ものなどに流されるのではなく、オフショアファンドのように過去のFactsheet(運用報告書=トラックレコード)があるファンドを選択することで、マーケット環境の善し悪しの成果も認識できるので、そのような観点から投資先を考えるほうが良いでしょう。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

GS ビッグデータ・ストラテジー(日本株)

こんにちは、眞原です。 今回は2017年6/19から三菱UFJモルガン・スタンレー証券から新規

記事を読む

三菱UFJピムコ トータル・リターン・ファンド<米ドルヘッジ型>・<為替ヘッジなし>(毎月決算型/年1回決算型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、11月末時点で資金流入が急増している投資信託

記事を読む

東京海上Rogge世界ハイブリッド証券ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド

記事を読む

明治安田 米国中小型成長株式ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

三菱UFJ/AMP オーストラリアREITファンド<Wプレミアム・為替ヘッジなし>毎月決算型(愛称:コアランド)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事

記事を読む

三菱UFJ米国バンクローンファンド 通貨選択シリーズ (愛称:スマートスター)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーにマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は1/4から

記事を読む

マクロ・トータル・リターン・ファンド(ヘッジファンドのマクロ戦略?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は去る5/23から三

記事を読む

ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヶ月決算型)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をし

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑