ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

グローバル金融機関ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)2013-05

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから

↓↓↓

mailmag_banner.jpg

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

今回は、三菱UFJ銀行から新規募集されている「グローバル金融機関ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)2013-05」の情報をお伝えします。このブログの読者は、投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家が多いと思うので、過去のブログ記事も是非ご覧下さい。

では、内容を確認します。

「グローバル金融機関ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)2013-05」の特徴は大きく3つ。

1.) 約3年半の単位型投資信託

2.) 外貨建て資産を原則として対円で為替ヘッジ

3.) ハイブリッド証券(劣後債 and 優先証券等)を主要投資対象とする

上記の特徴を確認する限り、今まで様々な銀行や証券会社で販売されてきた投資信託と大きな変わり映えも特徴もありません。投資信託の名前が「ハイブリッド証券」なのかその他なのかという事です。

具体的に見て行きましょう。

2012年7月に大和証券から販売されている『グローバル優先証券ファンド(為替ヘッジあり)』

2012年6月にSMBC日興証券から販売されている『日興 DWS グローバル金融機関債券パッケージ 2012-06 愛称:G-SIFIs』

2012年11月に大和証券から販売されている『ダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジなし)』など

 

いかがですか?各社がこぞって販売しているのを確認できますね。

理由は簡単で、国際的な金融規制「バーゼルⅢ」に向けて、各銀行が資本の積み増しを図っているからです。

この「グローバル金融機関ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)2013-05」を確認します。

1.) 約3年半の単位型投資信託

ファンドの運用期間(信託期間)が2013年5月〜2016年12月8日まで

上記期間に満期や繰上償還を迎えるハイブリッド証券などに投資をして金利収入を得るということです。単位型なので今回の新規申込時しか投資できませんが、上で指摘した通り同じような投資信託は他社からも販売されます。

 

2.) 外貨建て資産を原則として対円で為替ヘッジ

為替のブレを抑えての運用になるので、この点は良いですね。

ただ、2015年あたりには米国が金利を上げてくるような見方もあったり、日本が2%のインフレを達成すれば金利を上げてコントロールをしてくると考えられます。各金利動向は注意が必要です。

3.) ハイブリッド証券(劣後債 and 優先証券等)を主要投資対象とする

このファンドの肝となるので、ハイブリッド証券などでの運用ということ。

「ハイブリッド証券とは、何か?」という疑問について・・・

ハイブリッド証券のイメージとしてはこちらの通り。

スクリーンショット 2013-04-17 18.04.40.png

つまり、ハイブリッド証券とは債券の1つなのですが、銀行が破綻した時に返済されるお金の順番が違う債券ということです。破綻した場合に投資家にお金が返ってくる順番としては下の通り。

1.  普通社債

2.  ハイブリッド証券(劣後債・優先証券)

3.  株式

普通社債よりもお金が返ってこない可能性が高いから、金利が高いという事になります。

ハイイールドの考え方と同様ですね。

スクリーンショット 2013-04-17 20.06.59.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このファンドのポートフォリオはこちら。

 

スクリーンショット 2013-04-17 20.06.34.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平均格付けがBBBとほぼハイイールドと考えても良いでしょう。欧州各国が目立ちます。だからこそ、最終利回りが7%近くになっています。

 

最後に、諸費用に関してです。

 

購入手数料       :3.15%

運用管理費用(信託報酬):1.722%/年間

換金時(信託財産留保額):基準価額×1%

仮に満期保有せずに3年目のどこかで途中売却した場合、最低でも投資して約9%以上(3%+1.7×3年+1%)のリターンが上がっていなければ投資した甲斐が無いので、満期まで保有して約8%以上の上昇があると考えられる投資家は投資されても良いのではないでしょうか・・・。

 

補足ですが、オーストラリアドル債券はAAA格付けの4年債で4%/年間です。

オフショアファンドの年間リターンはおおよそ7%〜10%程度の運用が多いです。

 

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家の皆さん、合理的な投資を心がけましょう。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

国際 アジア・リート・ファンド(通貨選択型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

三菱UFJ信託銀行株式会社 米ドル建・豪ドル建社債

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 債券(国債、社債)で金利を取る運用をしている

記事を読む

<特別号>新光US-REIT オープン(愛称:ゼウス)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をしてい

記事を読む

LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、11月末時点で資金流入が急増している投資信託

記事を読む

短期高利回り社債ファンド2013-09 円建 円高ヘッジ・円安追随型

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

東京海上・グローバルM&A フォーカスファンド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)

こんにちは、眞原です。 今回は10月に三菱UFJモルガン・スタンレー証券から販売され10/20

記事を読む

米国エネルギーMLPオープン(毎月決算型)為替ヘッジあり・為替ヘッジなし(愛称:エネルギー・ラッシュ)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

三菱UFJ/AMP オーストラリアREITファンド<Wプレミアム・為替ヘッジなし>毎月決算型(愛称:コアランド)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事

記事を読む

短期高利回り社債ファンド2013−09 円建 円安追随・日経平均上昇追随型

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

三菱UFJ 新興国高利回り社債ファンド 通貨選択型(愛称:グローイング・スター)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑