オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

フィデリティ・ストラテジック・インカム・ファンド(愛称:悠々債券)A為替ヘッジ付き/B為替ヘッジなし

公開日: : まとめ

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから

↓↓↓

mailmag_banner.jpg

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

今回は、モーニングスターのファンドオブザイヤー2011年にも選ばれた「フィデリティ・ストラテジック・インカム・ファンド(愛称:悠々債券)」の情報をお伝えします。投資信託(ファンド)で資産運用している投資家にとって役立つ情報を発信していきます。

では、具体的に見ていきます。

このフィデリティ・ストラテジック・インカム・ファンド(愛称:悠々債券)のポイントは大きく2つ

1.) 世界的な4つの債券セクターでの運用。

2.) 運用歴が長いファンドであるということ。

1.) 世界的な4つの債券セクターでの運用。

ファンドのセクター資産配分の中身としては、下記の通り。

スクリーンショット 2013-02-13 18.35.28.png

そして、格付けがこちら

スクリーンショット 2013-02-13 18.41.23.png

格付けはあくまで参考ですが、A格以上(信用が高い債券)が約52%程度。その他の信用が比較的低い債券(BBB以下)が48%程度と、信用度の高い債券低い債券が半々の割合だと考えて良いでしょう。

実際に上記の基本資産配分でもハイリスクハイリターンな同等のリスク債券資産である「ハイイールド債(40%)」と「エマージング債券(16%)」で半分以上を占めているので、この投信のウリである4つの債券セクターで分散や補完しあっているとは少し言い難いです。具体的には、ハイ・イールド債やエマージング債券は昨年の欧州危機などのようにマーケットに信用不安が広まれば、株式資産と同様に手放される資産として位置づけられます。

2.) 運用歴が長いファンド(1998年から運用開始)。

年間リターンを見ると下記の通り(Aコース(為替ヘッジあり)が2011年のファンドオブザイヤー受賞)。

スクリーンショット 2013-02-13 18.39.59.png

スクリーンショット 2013-02-13 18.37.41.png

スクリーンショット 2013-02-13 18.37.59.png

14年間の運用期間で設定来から1年間のリターンを換算すると、単純に1年間ごとに上げたリターンとしては年間3%程度になっています。確かに日本国債などを持って運用しているよりも良いパフォーマンスを上げているので、このファンドの狙いとしては正しいのですが、冷静に考えると年間2~3%程度のリターンを取るのであれば、豪ドル建ての債券や豪ドル外貨MMF(2%程度)と対して差はないな、という印象です。

また、今の世界的な株式上昇などから考えると証券マンや銀行員によって、このような債券系ローパフォーマンスの投資信託からの乗り換え勧誘(利益確定や損切りから)が多いです。そして投資家も足元の世界的な株高に遅れまいとして(株高の恩恵を受けようとして)投資信託の入れ替えに積極姿勢で動いているようです。

ただ、ここで注意すべきなのは上記の投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家にとっては「何パーセントの年間リターン目標で投資しているか」です。恐らくこの債券系の投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家は、株式型の投資信託で求める程のリスクリターンを目指して投資はしないからです。

こういうマーケット環境が上向いている時こそ、結局のところ投資家自身が自分自身のリスクリターンを再考して投資判断をする必要があります。中長期(5〜10年)での資産形成を考えるのであれば、オフショアファンド(ヘッジファンド)などの長く保有できる資産も必要ですし、インフレ・ヘッジを考えるのであればコモディティ(金資産など)が必要です。通貨に関しても分散という観点を忘れずに、例えば金利を取る場合には豪ドル建て債券や外貨MMFが基本となってきます。

このようなノリにノッているマーケット環境だからこそ、一歩冷静になってみて下記の項目にあるような自分自身にあった投資スタイル再度考えてみてはどうでしょうか。

・自分自身のご年齢

・今までの投資経験(年数、商品など)
・今後の投資可能年数
・今後の投資可能金額
・年率目標リターン(何%など)
・オフショアファンドも投資対象に入れるかどうか?
・その他、投資や人生でどのようなことを目標に運用していきたい、など

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

R&Iファンド大賞2016〜受賞ファンドは全個人投資家にとって良いファンド?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、格付け会社R&a

記事を読む

モーニングスター ファンド・オブ・ザ・イヤー2014(債券・高利回り債券型部門)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 投資信託(ファンド)で資

記事を読む

<特別号>新光US-REIT オープン(愛称:ゼウス)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をしてい

記事を読む

フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産

記事を読む

モーニングスター ファンド・オブ・ザ・イヤー2015(債券型・REIT型・バランス型部門)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回も前回に引き続き、毎

記事を読む

過去1年の新規販売投資信託(ミューチャル・ファンド)と投資家のリターンの状況

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、過去1年間に証券

記事を読む

米金融誌バロンズが選ぶ2017年版世界トップ100ヘッジファンド(「あのオフショアファンドもランクイン!」)

こんにちは、眞原です。 私は投資アドバイザーとして、慌ててこのヘッジファンドマネージャでありC

記事を読む

モーニングスター ファンド・オブ・ザ・イヤー2015(国内株式大型・国内株式中小型・国際株式型部門)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は毎年恒例のモーニン

記事を読む

モーニングスター ファンド・オブ・ザ・イヤー2014(国内REIT型・国際REIT型部門)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 投資信託(ファンド)で資

記事を読む

2013年世界投信市場(日本の投信は三流)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから↓↓↓ こんにちは、K2 Invest

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑