ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

グローバル・アロケーション・ファンド(愛称:世界街道)

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 みずほ証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

このブログでは、投資信託(ファンド)で資産運用をする投資家へ適宜情報をお伝えしていきます。

本日は今朝の日経新聞の折込広告に載っていたみずほ証券から本日23日から2月7日まで募集している新商品「グローバル・アロケーション・ファンド(愛称:世界街道)の情報をお伝えします。

では、具体的に見て行きましょう。

大きな特徴としては以下3つ。

1.) ブラックロック・グローバル・ファンズ・グローバル・アロケーション・ファンドの運用成果を反映する、指数連動債に投資(世界中の株式や債券への投資)

2.) 目標払出し型

3.) 限定為替ヘッジなどのコース

1つ目、ブラックロック・グローバル・ファンズ・グローバル・アロケーション・ファンドの運用成果を反映する指数連動債に投資(世界中の株式や債券への投資)について、投資地域を確認すると下の通り。

欧州債券 4.2%

欧州株式 10.2%

アジア・オセアニア債券(除日本)4.5%

アジア・オセアニア株式(除日本)4.5%

日本株式 5.3%

北米債券 13.7%

北米株式 36.8%

中南米債券 1.5%

中南米株式 1.7%

短期金融資産

その他

そして、株式組入比率と通貨別比率を見るとこちら。

スクリーンショット 2013-01-23 17.24.13.png

基本的には米国への投資(米国比率が50%を越える)と考えるのが妥当です。

また、指数連動債券についてはこちら。

スクリーンショット 2013-01-23 17.27.37.png
ここで注意しなければならないのが「投資収益が十分でない場合に分配を行うと、実質的に元本の払戻になることがあります」との文言。要は運用が上手くいかずに分配金を出す時があって、そん時にはタコ足分配金(元金払戻金=特別分配金)になるけども、カンニンなぁ〜!って事が、サラっ〜と書いてありますね。

では、2つ目の聞きなれない目標払出し型とは何ぞや?ということです。

スクリーンショット 2013-01-23 17.24.38.png
「毎月分配型」を言い換えたような方針にしか感じられません。そもそも毎月分配型投資信託自体は、分配金を自由に設定してファンド側が出せる仕組みになっています。上記図の説明では、新たにこうします!のような印象を持ちますが、毎月分配型とほぼ一緒だと考えて良いでしょう。

ただ、分配金に関しては1つ目の指数連動債の運用パフォーマンス(年間金利以上)が良ければタコ足にはならずに運用されますが、いずれにせよ現在多くの日本人が投資している毎月分配型とほぼ同様の仕組みですね。

最後に3つ目限定為替ヘッジなどのコースについて・・・

 

スクリーンショット 2013-01-23 17.23.46.png
為替ヘッジのコースの場合、米ドル売り/円買いの為替取引を行う事で米ドル建て資産(通貨別比率からは約68%の米ドル通貨資産)に対しては為替変動リスクが「軽減」されるとのことです。為替の影響がゼロになるわけではないですし、その他通貨建て資産(約30%)においては為替変動の要因は受けるので「限定」のようです。

まとめますと「目標払出し型」や「限定為替ヘッジ」などの言葉自体は新しくなりましたが、実際には「毎月分配型」や「為替ヘッジ有り無し」との大差はありません。そして、新規設定の毎月分配型の投資信託の場合はオフショアファンドとは違い過去のFactsheet(運用報告書)やTrackRecord(運用成果)が無いので、投資すべきかどうか判断する材料が乏しいです。

今までの自分自身の投資手法(毎月分配型で散々な目にあってきた経験)や新規設定での日本の投資信託で運用成果がどうだったか、など中長期の資産形成において投資家自身が「何を目標として(年間目標リスクリターンなど)、投資しているのか」をもう一度見直すことが必要です。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

明治安田・北米エネルギーファンド(繰越償還条項付)Aコース:為替ヘッジあり・Bコース:為替ヘッジなし

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

DIAM中国関連株オープン<愛称:チャイニーズ・エンジェル>

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investme

記事を読む

<特別号>新光US-REIT オープン(愛称:ゼウス)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をしてい

記事を読む

ドイチェ世界コーポレート・ハイブリッド証券ファンド(年4回決算型)Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)愛称:金のがちょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2016年7/20

記事を読む

メディカル・サイエンス・ファンド(愛称:医療の未来)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

みずほジャパン・アクティブ・ストラテジー(通貨選択型)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investmen

記事を読む

新光ピムコ・ストラテジック・インカム・ファンド 10月号

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

ソフトバンク株式会社第46回無担保社債(社債間限定同順位特約付)愛称:福岡ソフトバンクホークスボンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 債券(国債、社債)で金利を

記事を読む

三井住友・豪ドル債ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド

記事を読む

R&I ファンド大賞2013 フロンティア・ワールド・インカム・ファンド

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑